Create issue ticket

考えれる9県の原因 進行性聴力損失

  • 老人性難聴

    とは老化に伴う進行的不可逆的な感音難聴であり,聴力損失は著しくquality of lifeを低下させるが治療法はいまだない.本研究では生体が持つ根幹的なストレス応答である熱ショック応答と誘導される熱ショック蛋白質(Hsp)に着目した.Hspは変性した蛋白質の品質管理や細胞死を抑制することで生存を促進する.この応答は年齢とともに低下し,進行性神経変性疾患[petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp] しかし幼児からの右耳化膿性中耳炎、左耳 滲出性中耳炎 の繰り返しで小学校時代から徐々に難聴が進行し、20代で既に中度難聴に近くなっており、神経難聴が徐々に進行し、30代後半で補聴器を使用し始め、40代後半には聴力損失度が両耳とも70dbを超え高度難聴の初期段階となり、50代初めに聴覚障害による身体障害手帳第6級を取得しました。[trkm.co.jp] […] a model of age-related hearing loss by a heat shock protein inducer, geranylgeranylacetone 作成者御厨, 剛史 作成者ヨミミクリヤ, タケフミ 作成者別表記Mikuriya, Takefumi 作成者所属山口大学医学部 内容記述(抄録等)【背景】老人難聴[petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 先天性難聴

    言語習得後に発見されることが多く、多くは進行である。高音域の損失を示すことが多いが、皿型ないし低音障害型の聴力像を示すこともある。ほとんど全てが感音難聴だが、稀に耳小骨奇形による伝音難聴のことがある。 常染色体劣性遺伝の座位は90近くが知られている。全て感音難聴であり、ほとんど高度ないし重度の先天難聴である。[ja.wikipedia.org]

  • 耳硬化症

    それ以降のフェーズ, 混合型難聴のフレームワークを与えると重複する導電性難聴、内耳の機能が完全には明らかに退化的なプロセスに気づく削減 L ’ 通常の耳鏡検査は通常, 聴覚テストが耳硬化症の強い疑いを与えるように: 伝導聴力損失または通常の tympanogram と混合され、緩徐進行の削減やアブミ骨反射の不在は強く示唆がない耳硬化症[francescopilolli.it]

  • 常染色体優性進行性外眼筋麻痺 3型

    デュシェンヌ型筋ジストロフィー Duchenne muscular dystrophy:DMD[…][shiga-med.ac.jp]

  • 母性遺伝糖尿病と難聴

    言語習得後に発見されることが多く、多くは進行である。高音域の損失を示すことが多いが、皿型ないし低音障害型の聴力像を示すこともある。ほとんど全てが感音難聴だが、稀に耳小骨奇形による伝音難聴のことがある。 常染色体劣性遺伝の座位は90近くが知られている。全て感音難聴であり、ほとんど高度ないし重度の先天難聴である。[ja.wikipedia.org]

  • ペンドレッド症候群

    言語習得後に発見されることが多く、多くは進行である。高音域の損失を示すことが多いが、皿型ないし低音障害型の聴力像を示すこともある。ほとんど全てが感音難聴だが、稀に耳小骨奇形による伝音難聴のことがある。 常染色体劣性遺伝の座位は90近くが知られている。全て感音難聴であり、ほとんど高度ないし重度の先天難聴である。[ja.wikipedia.org]

  • 耳硬化症 3型

    それ以降のフェーズ, 混合型難聴のフレームワークを与えると重複する導電性難聴、内耳の機能が完全には明らかに退化的なプロセスに気づく削減 L ’ 通常の耳鏡検査は通常, 聴覚テストが耳硬化症の強い疑いを与えるように: 伝導聴力損失または通常の tympanogram と混合され、緩徐進行の削減やアブミ骨反射の不在は強く示唆がない耳硬化症[francescopilolli.it]

  • Y連鎖難聴 1

    言語習得後に発見されることが多く、多くは進行である。高音域の損失を示すことが多いが、皿型ないし低音障害型の聴力像を示すこともある。ほとんど全てが感音難聴だが、稀に耳小骨奇形による伝音難聴のことがある。 常染色体劣性遺伝の座位は90近くが知られている。全て感音難聴であり、ほとんど高度ないし重度の先天難聴である。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性グリコシル化障害 1D型

    :青年期末期心室機能不全:4年後の進行うっ血性心不全拡張型心筋症1K(CMD 1K)染色体6q12-q16;ドミナント疫学:フランス語の家族純粋なDCM拡張型心筋症1L(CMD 1L) - サルコグリカン;染色体5q33. 3;リステーシブ突然変異:Ser151Ala対立遺伝子:LGMD 2F拡張型心筋症1M(CMD 1M)システインおよび[qcollinsdonnaz.weebly.com] 接合型欠損筋肉:サルコメアM線タンパク質複合体の破壊拡張型心筋症1H(CMD 1H)染色体2q14-q22;ドミナント疫学:ドイツ人家族その他の特徴:伝導性疾患拡張型心筋症1I(CMD 1I; CMD 1F; CDCD3)デスミン;染色体2q35;感覚神経難聴を伴う拡張性拡張型心筋症1J(CMD 1J)眼なし4(EYA4);染色体6q23. 2;優性聴力損失[qcollinsdonnaz.weebly.com]

さらなる症状

類似した症状