Create issue ticket

考えれる284県の原因 進行性神経筋障害

  • ニューロパチー

    抄録 糖尿病性ポリニューロパチーは(1)上肢より下肢優位の, (2)左右対称性の感覚障害を特徴とし,診察では(1)アキレス腱反射の低下・消失と(2)振動覚低下の確認が重要である.臨床的に明らかな筋力低下・萎縮,自律神経症状は,進行期の徴候と理解すべきである.糖尿病神経障害は緩徐に進行する末梢神経変性疾患であり,無症候期から顕性化の予防に[jstage.jst.go.jp] 絞扼ニューロパチーでは障害された末梢神経に限局した症状が出現する。しびれ感や痛みに先行し、病変の進行とともに支配の萎縮や筋力低下が明らかになってくる。絞扼部は被刺激性が亢進し叩打で支配領域に放散するしびれ感や痛みが出現する。これをチネル徴候という。NCSやEMGで検査可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    絞扼ニューロパチーでは障害された末梢神経に限局した症状が出現する。しびれ感や痛みに先行し、病変の進行とともに支配の萎縮や筋力低下が明らかになってくる。絞扼部は被刺激性が亢進し叩打で支配領域に放散するしびれ感や痛みが出現する。これをチネル徴候という。NCSやEMGで検査可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 凹足

    シャルコー・マリー・トゥース病 (Charcot-Marie-Tooth disease: CMT)は、下腿と足の 萎縮 と 感覚障害 を特徴とし、進行すると上肢や手にも障害を生じる神経萎縮である [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 絞扼性神経障害

    シャルコー・マリー・トゥース病: 下腿と足の萎縮と感覚障害を特徴とし、進行すると上肢や手にも障害を生じる、神経萎縮である 。 遺伝性運動性感覚性ニューロパチー、 腓骨筋萎縮症 とも呼ばれる。遺伝性ニューロパチーの代表疾患である 。[itamikenkiyu.jimdo.com]

  • 眼内異物

    /外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群/脳幹部障害/重症無力症/進行筋ジストロフィ/慢性進行性外眼筋麻痺/大脳障害による眼球運動異常/小脳性眼球運動障害 15 斜視・弱視,小児眼科 1 斜視・弱視 乳児内斜視/調節性内斜視/急性内斜視/続発性内斜視/周期内斜視/眼振阻止症候群/間欠性外斜視[igaku-shoin.co.jp] 脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,眼振 眼球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜ミオキミア[igaku-shoin.co.jp]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    例6)「神経疾患」: 脊髄萎縮症、萎縮側索硬化症、進行筋ジストロフィー、重症無力症。 例7)「中枢神経障害」:肺性脳症、CO2ナルコ―シス、先天性中枢性肺胞低換気症候群。 例8)「肝機能障害」:肺性心 薬物性肝障害、ウイルス性肝炎、肝不全、肝硬変。 例9)「腎機能障害」:呼吸不全 乏尿、高尿素窒素血症。[xn--ccty7dc67ef9d.tokyo]

  • 自律神経性ニューロパチー

    近位筋優位であったり、近位・遠位が同様に障害される場合は、診断が困難で、疾患や中枢神経障害との鑑別を要します。下肢優位、上肢優位いずれの場合もありますが、筋力低下は進行であり、重度の場合は完全四肢麻痺となります。さらに呼吸筋麻痺に至ると人工呼吸管理が必要となります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    また、原発性側索硬化症では萎縮側索硬化症と比較して進行は緩徐であることが多いと言われています。 治療法 グルタミン酸による神経細胞障害を緩和させる目的で、リルゾールの内服を行います。また、十分な栄養管理を行い、場合によっては嚥下障害に対する食事の工夫や経管栄養、呼吸機能が低下した場合の非侵襲的な呼吸補助などを行います。[itb-dsc.info] 、発作緊張痙攣 完全外眼麻痺、垂直注視麻痺、血管領域症候群、動眼神経麻痺、進行性三叉神経感覚障害、限局性ジストニア、斜頚 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称性進行性痙性対麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節性温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害[ja.wikipedia.org] (軽度、後部) 進行性視神経症、重度の持続性眼窩部痛、持続性の完全失明、神経網膜炎(macular starを伴う視神経乳頭浮腫)、ぶどう膜炎(重度、前部) 脳幹/小脳 両側核間性眼筋麻痺、小脳失調および複数の眼位でみられる眼振、外転神経麻痺、顔面の感覚低下 一側性核間性麻痺、顔面麻痺、顔面ミオキミア、難聴、一眼半水平注視麻痺症候群、三叉神経[ja.wikipedia.org]

  • 頸性脊椎炎

    神経疾患の検査法/進行筋ジストロフィー/多発性筋炎/多発ニューロパチー/Charcot-Marie-Tooth病/先天性無痛無汗症/神経痛性萎縮[症]/糖尿病神経障害(糖尿病性ニューロパチー)/帯状疱疹後神経痛/周期性四肢麻痺/脳性麻痺の療育/脳性麻痺の手術療法/重複障害児の療育管理指導/異所[性]骨化 9 末梢循環障害,壊死性疾患 主幹動脈損傷[igaku-shoin.co.jp] 神経原性疾患に伴う脊柱変形 19 頚椎部の疾患 頚椎の解剖/頚部痛,上肢痛のとらえ方/診断手順/頚部脊髄障害のとらえ方/診断手順/頭蓋底陥入症/環椎後頭骨癒合/歯突起の形成異常/Chiari奇形/Klippel-Feil症候群/環軸椎回旋位固定/筋性斜頚/痙性斜頚/急性頚部椎間板石灰化症/頚椎椎間板ヘルニア/頚椎症性神経根症/頚椎症性脊髄症[igaku-shoin.co.jp] 打ち損傷(外傷性頚部症候群)/低髄液圧症候群 18 脊柱変形 思春期特発性側弯症に対する保存療法/特発性側弯症の手術療法/先天性脊柱側弯症/Marfan症候群による脊柱変形/多発性神経線維腫症に合併した脊柱変形の治療/腰椎変性後側弯症/変性腰椎後弯/Scheuermann病/Calvé扁平椎/老人性円背/椎弓切除後の脊柱変形/脊椎外傷後の進行脊柱変形[igaku-shoin.co.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    中核症候: 緩徐進行性の小脳失調(体幹失調、四肢失調、失調性構音障害)、 錐体路徴候(痙性、腱反射亢進、病的反射陽性)、 錐体外路徴候(主にジストニアで、アテトーゼ様運動やパーキンソン症状を呈することがある)、 末梢神経障害(遠位の筋委縮、感覚障害、腱反射減弱・消失)。[ameblo.jp] 副症状: 進行の外眼筋麻痺(外転、上転障害)、 注視方向性眼振(水平性が多い)。 衝動性眼球運動障害 ビックリ眼(眼瞼後退) 動作誘発性の顔面・舌の筋線維束攣縮様運動 声帯麻痺(嗄声)、前庭機能障害、自律神経障害、レム睡眠行動障害*、情動障害、腰仙骨領域の慢性疼痛を呈することがある。認知機能は保たれる(障害は軽度に留まる)。[ameblo.jp]

さらなる症状