Create issue ticket

考えれる4県の原因 進行性睡眠障害

  • 致死性家族性不眠症

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) プリオン病(3)致死性家族性不眠症(FFI)(指定難病23) ぷりおんびょう3 ちしせいかぞくせいふみんしょう(FFI) (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.致死性家族性不眠症とはどのような病気ですか 致死性 家族性 不眠症(fatal familial insomnia: FFI)は、 クロイツフェルト・ヤコブ病 や ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 と 同様に、脳に異常な蛋白質(プリオン蛋白)が蓄積し脳神経細胞の機能が障害され脳に 海綿状[…][nanbyou.or.jp]

  • ムコ多糖症

    4 5歳頃から睡眠障害や精神運動発達の遅滞が現れ、多くの場合、多動かつ攻撃的である。症状が進行するにつれ興奮が強くなり、けいれん発作を合併することも多い。運動機能は末期まで保たれることが多いが次第に歩行困難をきたし、最終的には歩行不能、要重介護状態となる。寿命は概ね20歳代である。[ja.wikipedia.org]

  • アレキサンダー病

    発症年齢による臨床所見 2 歳未満の小児 は,進行性の精神運動発達遅滞,前頭部突出を伴う大頭症,痙攣,錐体路症状,失調,時に中脳水道狭窄に伴う二次性水頭症を認める. 4 歳から10 代半ばの小児 は,鼻声を伴う球/仮性球麻痺,下肢痙,失調,徐々に進行する知能障害,痙攣,大頭症,呼吸症状を示しうる.[grj.umin.jp] 成人 は,球/仮性球麻痺,錘体路徴候,小脳症状,自律神経障害,睡眠障害,歩行障害,片麻痺あるいは四肢麻痺,痙攣,複視を示しうる.[grj.umin.jp]

  • ジストニア

    ジストニア姿位やコレオアテトーシス、眼球運動異常(眼振、非対称眼転位、斜視など)、自律神経症状(発汗、皮膚紅潮又は蒼白、呼吸不全など)を認める。発達障害進行の認知症状を随伴することが多い。睡眠で症状は消失する。てんかん発作を伴う症例も報告されている。家系内に軽症のAHCを認める事もある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状