Create issue ticket

考えれる77県の原因 進行性睡眠障害

  • 致死性家族性不眠症

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) プリオン病(3)致死性家族性不眠症(FFI)(指定難病23) ぷりおんびょう3 ちしせいかぞくせいふみんしょう(FFI) (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.致死性家族性不眠症とはどのような病気ですか 致死性 家族性 不眠症(fatal familial insomnia: FFI)は、 クロイツフェルト・ヤコブ病 や ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 と 同様に、脳に異常な蛋白質(プリオン蛋白)が蓄積し脳神経細胞の機能が障害され脳に 海綿状[…][nanbyou.or.jp]

  • 脊椎すべり症

    症状が進行すると、内臓の働きが悪くなったり、睡眠障害、活動の低下を起こし、さらに骨粗鬆症が進むといった悪循環に陥ってしまいます。 脊椎圧迫骨折の治療法 ①保存的治療法 コルセットやギプスをつけて、ベッドの上で安静にする方法が一般的です。骨粗鬆症に対する薬物療法も同時に行います。[takaoka-seishikai.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    原因 脳血栓:アテローム性(粥状)動脈硬化(脳梗塞の約25%を占める) 脳塞栓:心房細動や弁膜症などの心疾患により心腔内で生じた凝血塊の脳血管への流入(脳梗塞の約15%を占める) 症状 脳血栓:半数近くに前駆症状〔一過脳虚血(TIA)症状〕が認められる。 特徴として、症状は段階的に進行する。安静時、特に睡眠中に発症することが 多い。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 意識障害、身体片側の麻痺(片麻痺)などが起こる。 脳塞栓:前駆症状はほとんどない。日中活動期に発症することが多い。 特徴として、症状は急速に進行し、数分以内に出揃う。 診断 CT写真で低吸収域(LDA、黒っぽく見える部分)を認める。[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    原因 脳血栓:アテローム性(粥状)動脈硬化(脳梗塞の約25%を占める) 脳塞栓:心房細動や弁膜症などの心疾患により心腔内で生じた凝血塊の脳血管への流入(脳梗塞の約15%を占める) 症状 脳血栓:半数近くに前駆症状〔一過脳虚血(TIA)症状〕が認められる。 特徴として、症状は段階的に進行する。安静時、特に睡眠中に発症することが 多い。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 意識障害、身体片側の麻痺(片麻痺)などが起こる。 脳塞栓:前駆症状はほとんどない。日中活動期に発症することが多い。 特徴として、症状は急速に進行し、数分以内に出揃う。 診断 CT写真で低吸収域(LDA、黒っぽく見える部分)を認める。[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 脊椎圧迫骨折

    症状が進行すると、内臓の働きが悪くなったり、睡眠障害、活動の低下を起こし、さらに骨粗鬆症が進むといった悪循環に陥ってしまいます。 脊椎圧迫骨折の治療法 ①保存的治療法 コルセットやギプスをつけて、ベッドの上で安静にする方法が一般的です。骨粗鬆症に対する薬物療法も同時に行います。[takaoka-seishikai.jp]

  • 棘突起骨折

    症状が進行すると、内臓の働きが悪くなったり、睡眠障害、活動の低下を起こし、さらに骨粗鬆症が進むといった悪循環に陥ってしまいます。 脊椎圧迫骨折の治療法 ①保存的治療法 コルセットやギプスをつけて、ベッドの上で安静にする方法が一般的です。骨粗鬆症に対する薬物療法も同時に行います。[takaoka-seishikai.jp]

  • 精神疾患

    /高齢期の不安症/不安障害/高齢期の睡眠障害/高齢者のパーソナリティ障害/高齢期の統合失調症 13 器質精神障害 パーキンソン病/ハンチントン病/進行性核上性麻痺/大脳皮質基底核変性症/多系統萎縮症/進行性皮質下膠症/脳卒中後のアパシー/三山病/HIV感染症/細菌性・真菌性感染症/神経梅毒/橋本脳症/傍腫瘍性・自己免疫性辺縁系脳炎/自己抗体介在性急性可逆性辺縁系脳炎[igaku-shoin.co.jp] 精神疾患 認知症/軽度認知障害/アルツハイマー病/血管性認知症/レビー小体型認知症/前頭側頭型認知症/正常圧水頭症/神経原線維変化型老年期認知症(tangle only dementia)/ビンスワンガー病/クロイツフェルト-ヤコブ病/アルコール性認知症/BPSDと漢方/認知症の家族ケア/認知症の非薬物療法/高齢期の気分障害/高齢期の身体表現性障害[igaku-shoin.co.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    原因 脳血栓:アテローム性(粥状)動脈硬化(脳梗塞の約25%を占める) 脳塞栓:心房細動や弁膜症などの心疾患により心腔内で生じた凝血塊の脳血管への流入(脳梗塞の約15%を占める) 症状 脳血栓:半数近くに前駆症状〔一過脳虚血(TIA)症状〕が認められる。 特徴として、症状は段階的に進行する。安静時、特に睡眠中に発症することが 多い。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 意識障害、身体片側の麻痺(片麻痺)などが起こる。 脳塞栓:前駆症状はほとんどない。日中活動期に発症することが多い。 特徴として、症状は急速に進行し、数分以内に出揃う。 診断 CT写真で低吸収域(LDA、黒っぽく見える部分)を認める。[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 神経循環無力症

    症状としては、記憶障害や失語、幻覚・妄想(被害妄想)、性格変化(無気力、頑固、怒りっぽい)、感情失禁、夜間せん妄、睡眠障害などが挙げられ、症状は徐々に進行する。[job.nikken-mc.jp] 認知症の原因にはアルツハイマー病や脳血管認知症などが挙げられ、検査方法としては、頭部CT(Computed Tomography)によるびまん性大脳萎縮の有無や脳血管障害の有無がある。 熱傷 一般的には火傷と呼ばれる、お湯や油などの熱・化学薬品・放射線などによって引き起される皮膚を主とした体表組織の損傷のことを言う。[job.nikken-mc.jp]

  • パーキンソン病

    【レビー小体型認知症(DLB:dementia with Lewy bodies)について】 レビー小体型認知症は、進行の認知機能障害を中心的特徴(必須症状)とし、①認知機能の動揺、②繰り返し現れる幻視、③REM睡眠行動障害、④パーキンソニズムの4つが中核症状として現れる認知症の一つです。[ds-pharma.co.jp] 非運動症状-パーキンソン病の進行に関わらず起こり、患者さんのQOLに大きな影響を及ぼします。例えば、起立低血圧、気分障害睡眠障害、感覚障害、嗅覚障害、便秘、認知障害(記憶障害、思考力の減退)、混乱および認知症などがあげられます 4,5 。 運動合併症-数年間の治療後に運動合併症が現れ始めることがあります 6 。[lundbeck.com]

さらなる症状