Create issue ticket

考えれる364県の原因 進行性皮質萎縮

  • ビタミンB12欠乏

    進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症[ja.wikipedia.org]

  • 性腺機能低下症

    脊髄萎縮症 原発側索硬化症 進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症 ハンチントン病 神経有棘赤血球症 シャルコー・マリー・トゥース病 先天性筋無力症候群 封入体筋炎 クロウ・深瀬症候群 多系統萎縮症 脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く) ライソゾーム病 副腎白質ジストロフィー ミトコンドリア病 プリオン病 亜急性硬化性全脳炎 進行性多巣性白質脳症[sick.blogmura.com] 現在進行形) 病気 闘病記(完治) 病気 闘病記(永眠) 植物人間 ドナー・移植医療 理学療法士・作業療法士 言語聴覚士 食事制限・食事療法(病気) 脱ステロイド・脱保湿 リハビリテーション 経管栄養 在宅酸素 入院・入院生活 家族の病気・看病 患者会 余命宣告 終末期医療 プライマリヘルスケア 病気と気持ち 病気の豆知識 病気情報 球脊髄萎縮[sick.blogmura.com]

  • ニューロパチー

    軽症例は夜間の副木で手首の可動を制限させたり、副腎皮質ステロイド局注が有効である。進行れに対しては手根管開放術を行う。筋萎縮が明らかになる前に行うのがよいとされる。母指球筋が萎縮した場合を猿手という。 円回内筋症候群正中神経は肘部で円回内筋の双頭間を通過する。この双頭間で絞扼がおこるのが円回内筋症候群である。[ja.wikipedia.org]

  • むずむず脚症候群

    進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    軽症例は夜間の副木で手首の可動を制限させたり、副腎皮質ステロイド局注が有効である。進行れに対しては手根管開放術を行う。筋萎縮が明らかになる前に行うのがよいとされる。母指球筋が萎縮した場合を猿手という。 円回内筋症候群 正中神経は肘部で円回内筋の双頭間を通過する。この双頭間で絞扼がおこるのが円回内筋症候群である。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    非典型例ではlogopenic型原発進行失語など原発進行失語や後部皮質萎縮の臨床経過で病理診断がアルツハイマー病になるものもある。 後部皮質萎縮症(posterior cortical atrophy)を呈する症候群1988年Bensonらが視覚機能の障害が緩徐に進行する症候群として報告した。[ja.wikipedia.org] 進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 視覚失認、構成障害、環境失認、ゲルストマン症候群、バリント症候群、超皮質性感覚失語を認める。病識は比較的保たれ、記憶障害は前景にたたず、大脳後方の萎縮を伴う。7割程度は病理学的にアルツハイマー病であるが、レビー小体型認知症、大脳皮質基底核変性症、家族性致死性不眠症など多彩である。[ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症[ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症

    進行核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann[ja.wikipedia.org] 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    コレステロール血症(ホモ接合体) 19 悪性関節リウマチ 47 脊髄萎縮症 20 パーキンソン病関連疾患(進行核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病) 48 球脊髄性筋萎縮症 21 アミロイドーシス 49 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 ※7 22 後縦靭帯骨化症 50 肥大型心筋症 23 ハンチントン病 51 拘束型心筋症[dai-ichi-life.co.jp] 神経・筋疾患 神経・筋疾患 亜急性硬化性全脳炎 HTLV-1関連脊髄症 球脊髄性筋萎縮症 ギラン・バレ症候群 筋萎縮性側索硬化症 クロウ・深瀬症候群 原発性側索硬化症 重症筋無力症 進行核上麻痺 進行多巣性白質脳症 正常圧水頭症 脊髄空洞症 脊髄小脳変性症 脊髄性筋萎縮症 大脳皮質基底核変性症 多系統萎縮症 多巣性運動ニューロパチー[resja.or.jp] 変性疾患: パーキンソン病(孤発及び家族)、進行核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症(孤発性及び家族性)、筋萎縮性側索硬化症 認知症疾患: アルツハイマー病、レビー小体型認知症、正常圧水頭症、脳血管性認知症 機能性疾患: 良性発作性頭位眩暈症、てんかん(特発性、症候性) 脊椎・脊髄疾患: 頚椎症性脊髄症 腫瘍性疾患[asahikawa.hosp.go.jp]

さらなる症状