Create issue ticket

考えれる16県の原因 進行性白質脳症

  • 脱髄疾患

    中枢神経系 多発性硬化症 視神経脊髄炎 (Devic症候群) 同心円硬化症 (Balo病) 急性散在脳脊髄炎 (ADEM) 炎症広汎硬化症 (Schilder病) 感染 亜急性硬化症全脳炎 (SSPE) 進行多巣性脳症 (PML) 中毒・代謝性 低酸素脳症 橋中心髄鞘破壊症 ビタミンB12 欠乏症 血管性 Binswanger[ja.wikipedia.org] 結核髄膜炎 癌髄膜炎 髄膜症 亜急性硬化全脳炎 (SSPE) 進行多巣性脳症 (PML) クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD。[ja.wikipedia.org] 現在では進行多巣性脳症の発症リスクとなる因子がわかってきており、リスクの高い患者には投与しないなど安全に使える方策ができています。 内服薬ではなく点滴で投与する薬ですが、投与頻度は4週間に1回でよく、薬の投与に関わる負担は大きくないとされています。[medley.life]

  • 髄膜炎

    慢性脳炎には進行多巣脳症、亜急性硬化全脳炎、進行風疹全脳炎が知られている。 進行多巣脳症 進行多巣脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行疾患である。脱髄に加えて星状細胞とオリゴデンドロサイトの両者に特徴的な細胞学的変化がみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 球後視神経炎

    脱髄疾患には多発硬化症や副腎ジストロフィー、感染症では各種髄膜炎、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行多巣性脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org] 進行型MSやNMO、3椎体以上の脊髄病変のある例に対する有効は確立していない。 また、有害事象として免疫抑制でのJCウイルス活性による進行多巣性脳症(progressive multifocal leukoencephalopathy:PML)の出現があることが知られている。[ja.wikipedia.org] ただ有害事象として免疫抑制でのJCウイルス活性による進行多巣性脳症(progressive multifocal leukoencephalopathy:PML)の出現があることが知られている。JCウイルスに対する抗体が陽性の場合、投与から1年を超えると出現リスクが上昇するため、慎重に投与検討される。[ja.wikipedia.org]

  • 視神経炎

    脱髄疾患には多発硬化症や副腎ジストロフィー、感染症では各種髄膜炎、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行多巣性脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org] 進行型MSやNMO、3椎体以上の脊髄病変のある例に対する有効は確立していない。 また、有害事象として免疫抑制でのJCウイルス活性による進行多巣性脳症(progressive multifocal leukoencephalopathy:PML)の出現があることが知られている。[ja.wikipedia.org] ただ有害事象として免疫抑制でのJCウイルス活性による進行多巣性脳症(progressive multifocal leukoencephalopathy:PML)の出現があることが知られている。JCウイルスに対する抗体が陽性の場合、投与から1年を超えると出現リスクが上昇するため、慎重に投与検討される。[ja.wikipedia.org]

  • マントル細胞リンパ腫

    (Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、 発熱(29.5%)、 可逆脳症症候群(0.1%)、進行多巣性脳症である(頻度の記載のないものは頻度不明)。[ja.wikipedia.org] GOT)の増加(10.3%)、ALT(GPT)の増加(11.0%)、γ-GTPの増加(0.8%)、Al-Pの増加(12.1%)、血中ビリルビンの増加(1.8%)等 B型肝炎ウイルスの再活性化例あり)、 低血圧(3.7%)、起立性低血圧(2.4%)、 腫瘍崩壊症候群(5.4%)、 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒表皮壊死症[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    脱髄疾患には多発硬化症や副腎ジストロフィー、感染症では各種髄膜炎、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行多巣性脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org] 欧米では活動性の高いMSに使用されているが、2年以上使用すると脳内の T細胞 の免疫監視が十分でなくなるため、 JCウイルス による進行多巣性脳症が副作用として出現することがあり、長期使用にはJCウイルス抗体陰性例に限るなどの注意が必要である [6] 。[bsd.neuroinf.jp] 進行型MSやNMO、3椎体以上の脊髄病変のある例に対する有効は確立していない。 また、有害事象として免疫抑制でのJCウイルス活性による進行多巣性脳症(progressive multifocal leukoencephalopathy:PML)の出現があることが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 脳症

    インフルエンザ脳症脳症 牛海綿状脳症 伝達海綿状脳症 ウェルニッケ脳症 ウイルス急性脳症 進行多巣性脳症 伝達性ミンク脳症 脳炎 髄膜炎 アシュリー・トリートメント 小児科臨床ピクシス 急性脳炎・脳症 ISBN 9784521733159[ja.wikipedia.org] その他可逆性後頭葉白質脳症(PRES、RPLS)、溶血性尿毒症症候群脳症、サルモネラ脳症、セレウス嘔吐毒脳症、Reye症候群、急性肝不全、糖尿病性ケトアシドーシス、副腎不全、甲状腺機能異常症、ウェルニッケ脳症、先天性代謝異常症(MELASやLeigh脳症含む)、熱中症、低酸素脳症、敗血症に伴う脳症[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    日本住血吸虫症、フィラリア症、回虫症、広節裂頭条虫症などウイルス感染症 インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、ウイルス性胃腸炎、ウイルス性結膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行多巣性脳症[ja.wikipedia.org]

  • 単純ヘルペス脳炎

    慢性脳炎には進行多巣脳症、亜急性硬化全脳炎、進行風疹全脳炎が知られている。 進行多巣脳症 進行多巣脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行疾患である。脱髄に加えて星状細胞とオリゴデンドロサイトの両者に特徴的な細胞学的変化がみられる。[ja.wikipedia.org] 単純ヘルペス脳炎、日本脳炎(視床や基底核に病変がある)、狂犬病、水痘帯状疱疹脳炎(小脳炎や脳血管炎)、EV71による菱脳炎(間脳、橋、延髄、脊髄、小脳)、ムンプス脳炎、エンテロウイルス脳炎、EBウイルス脳炎(両側基底核)、ニパウイルス脳炎、HHV-6脳炎(骨髄移植後の辺縁系脳炎)、CMV脳炎(AIDSに合併)、進行多巣性脳症(JCウイルス[ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    慢性脳炎には進行多巣脳症、亜急性硬化全脳炎、進行風疹全脳炎が知られている。 進行多巣脳症 進行多巣脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行疾患である。脱髄に加えて星状細胞とオリゴデンドロサイトの両者に特徴的な細胞学的変化がみられる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状