Create issue ticket

考えれる10県の原因 進行性痙性両麻痺

  • 脊髄小脳失調症 20型

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • 小脳失調早期発症

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • フリートライヒ運動失調症

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • 後部ぶどう膜炎

    ページのトップへ 症状 臨床症状の中核は、緩徐進行下肢性不全麻痺で、両下肢の筋力低下と痙性による歩行障害を示す。まず両下肢のつっぱり感のために足がもつれて歩きにくく、歩幅が狭くなり内股で歩くようになる。走ると転びやすく、階段の上り下りは、初めは下りにくさを感じる。[htlv1joho.org]

  • 錐体路障害

    ページのトップへ 症状 臨床症状の中核は、緩徐進行下肢性不全麻痺で、両下肢の筋力低下と痙性による歩行障害を示す。まず両下肢のつっぱり感のために足がもつれて歩きにくく、歩幅が狭くなり内股で歩くようになる。走ると転びやすく、階段の上り下りは、初めは下りにくさを感じる。[htlv1joho.org]

  • 末梢神経障害 2型がある小脳失調

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • 症候性小眼球症 10型

    ページのトップへ 症状 臨床症状の中核は、緩徐進行下肢性不全麻痺で、両下肢の筋力低下と痙性による歩行障害を示す。まず両下肢のつっぱり感のために足がもつれて歩きにくく、歩幅が狭くなり内股で歩くようになる。走ると転びやすく、階段の上り下りは、初めは下りにくさを感じる。[htlv1joho.org]

  • 常染色体優性感覚性運動失調

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • 小脳低形成と萎縮症

    遺伝麻痺は伝統的にSCDの一群に含めて取り扱われてきました。麻痺(SPG)とは、進行性対麻痺下肢のつっぱりを伴う運動麻痺)を主徴とする一群の疾患の総称です。痙性対麻痺をきたす当該遺伝子とその遺伝子変異は既に70種類以上も見つかっています。[neurology-jp.org]

  • T 細胞リンパ腫1A型

    ページのトップへ 症状 臨床症状の中核は、緩徐進行下肢性不全麻痺で、両下肢の筋力低下と痙性による歩行障害を示す。まず両下肢のつっぱり感のために足がもつれて歩きにくく、歩幅が狭くなり内股で歩くようになる。走ると転びやすく、階段の上り下りは、初めは下りにくさを感じる。[htlv1joho.org]

さらなる症状