Create issue ticket

考えれる88県の原因 進行性疾患

  • アルコール離脱

    進行疾患 自分が依存的に飲酒していると気付かずにそれを続けるとさらに飲酒量が増えて症状が悪化し、悪循環に陥る。 慢性疾患 一度依存に陥ると回復が極めて困難である。いわゆる「上手に酒を飲む」ということができなくなる。 人格変化を引き起こす疾患 依存に陥ったことを否認するため、周囲のせいにしたりして攻撃的・他罰的・自己中心的な性格になる。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性失語症

    原発進行失語 (primary progressive aphasia、PPA)は 失語症 が緩徐に進行する 神経変性疾患 の一群である。 歴史 [ 編集 ] 神経変性疾患における進行失語は1892年Pickの報告にはじまるが、近年にいたるまでこの分野はあまり関心がもたれなかった。[ja.wikipedia.org] 古典分類では超皮質運動失語や混合超皮質失語に分類されることが多い。 原発進行失語など神経変性疾患の一部では進行失語の経過をとる。 進行性非流暢性失語 前頭側頭葉変性症の1つである。タウオパチー(FTLD-tau)との関連が示唆されている。症状は発話障害(発語失行)、文法障害、復唱障害、語想起障害、錯語などである。[ja.wikipedia.org] 非流暢失語様の病態(進行性非流暢性失語)、語義失語様の病態(意味認知症)、伝導失語に似たロゴペニックタイプ(logopenic型原発進行失語)である。原発進行失語の各タイプは病理学的疾患概念と1対1の対応が明確ではない。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    進行性多巣性白質脳症 進行多巣白質脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行疾患である。脱髄に加えて星状細胞とオリゴデンドロサイトの両者に特徴的な細胞学的変化がみられる。 亜急性硬化全脳炎 亜急性硬化全脳炎(SSPE)は中枢神経のまれな進行脱髄疾患である。[ja.wikipedia.org] 進行風疹全脳炎 進行風疹全脳炎は極めてまれな疾患である。主として先天性風疹症候群を有する男性にみられる。 脳膿瘍は脳実質内の巣状の化膿性炎症であり、典型的には血管に富む被膜に囲まれている。脳実質炎という言葉は被膜をもたない脳膿瘍を意味することが多い。細菌性脳膿瘍は比較的まれな頭蓋内感染症であり、発生率は年間10万人あたり約1人である。[ja.wikipedia.org] 慢性髄膜炎をおこす原因疾患の多くは治療法があり、かつ未治療なまま経過すると中枢神経系や脳神経およびその神経根に進行の障害を生じうる。広く施行されている経験的治療としては抗結核薬、抗真菌薬、特にリポソームアムホテリシンB、非感染性の炎症性疾患に対するステロイド系抗炎症薬、特にステロイドパルス療法である。[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    ごくありふれた病原菌・常在菌の一種であるものの、場合によっては劇症型レンサ球菌感染症(壊死筋膜炎など)と呼ばれる、進行の早い致死疾患の原因となることがあり、俗に人食いバクテリアと称されることがある細菌の一種である(人食いバクテリアと呼ばれるものには、他にグラム陰性桿菌のビブリオ・バルニフィカス Vibrio vulnificusがある)[ja.wikipedia.org]

  • 急速進行性糸球体腎炎

    急速進行糸球体腎炎(きゅうそくしんこうせいしきゅうたいじんえん、英: rapidly progressive glomerulonephritis、RPGN)とは、急速に進行し急性腎不全に至る極めて予後不良な疾患の一群を指す。[ja.wikipedia.org] 急速進行糸球体腎炎(RPGN)は、数週から数か月の間に急速に腎機能障害が進行し、血尿(肉眼的または顕微鏡的)や蛋白尿、各種円柱などの腎炎性尿所見を認める腎不全症候群である。[ja.wikipedia.org]

  • グッドパスチャー症候群

    グッドパスチャー症候群(グッドパスチャーしょうこうぐん、Goodpasture's syndrome,GPS)は、肺・腎をおかす致死的疾患である。抗基底膜抗体を原因とする自己免疫疾患で、急速進行糸球体腎炎と肺胞出血をきたし、血痰・喀血・呼吸不全や浮腫・乏尿が症状である。[ja.wikipedia.org] 1919年、世界的な流行をみていたスペイン風邪について研究中の米国の医学者グッドパスチャー (w:Ernest William Goodpasture) が、血痰を伴う進行の糸球体腎炎について報告している。これが現在グッドパスチャー症候群として知られる疾患の最初の報告である。[ja.wikipedia.org]

  • 単純ヘルペス脳炎

    進行性多巣性白質脳症 進行多巣白質脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行疾患である。脱髄に加えて星状細胞とオリゴデンドロサイトの両者に特徴的な細胞学的変化がみられる。亜急性硬化全脳炎 亜急性硬化全脳炎(SSPE)は中枢神経のまれな進行脱髄疾患である。[ja.wikipedia.org] 進行風疹全脳炎 進行風疹全脳炎は極めてまれな疾患である。主として先天性風疹症候群を有する男性にみられる。 細菌性髄膜炎、亜急性髄膜炎、慢性髄膜炎、脳膿瘍などに関しては髄膜炎で述べている。 急性壊死性脳症(ANE) 急性壊死性脳症(ANE)はインフルエンザなど発熱を伴う感染症の経過中に発症する急性脳症である。[ja.wikipedia.org]

  • むずむず脚症候群

    (原因のわからない進行の神経障害を示す病気)です。[otsuka.co.jp] *1: ドパミン・アゴニスト: ドパミン受容体に結合し刺激することにより作用を示す *2: 中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群 *3: 一般名 *4: 成人における中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群の対症療法 パーキンソン病について パーキンソン病は安静時振戦、固縮、無動、姿勢反射障害を主症状とする進行の神経変性疾患[otsuka.co.jp]

  • 末梢神経障害

    パターン6、対称性の感覚障害と遠位部の反射消失があり、上位運動ニューロン徴候を伴う ビタミンB12やビタミンE、銅欠乏による末梢ニューロパチーを伴う広範な変性症、進行白質ジストロフィー(副腎脊髄ニューロパチー)を考える。 ミエロパチー の合併疾患を検討する。[ja.wikipedia.org] 多くの場合、ニューロパチーは緩徐進行である。急性や亜急性を示す疾患としてはギラン・バレー症候群、血管炎、糖尿病やライム病が関係した神経根症が含まれる。慢性炎症性脱髄性多発神経炎やポルフィリン症では再発性の経過をとる。[ja.wikipedia.org] ビタミンB12欠乏の亜急性連合変性症は最も有名であるが、銅欠乏、HIV感染、重篤な肝疾患、副腎脊髄ニューロパチー( 副腎白質ジストロフィー の異型)などの疾患も考慮する。 時間的経過 急性(数日から4週)、亜急性(4週から8週)または慢性(8週)をこえる経過か、単相性か進行火または再発かという情報が重要である。[ja.wikipedia.org]

  • スポーツ心臓症候群

    進行のものや心筋梗塞、先天性心疾患、心筋症などの不可逆的な原因によるもので心不全や脳虚血を伴う場合には心臓ペースメーカーの使用が必須となる。 心拍数 心拍計 動悸 不整脈 心臓病 WPW症候群[ja.wikipedia.org]

さらなる症状