Create issue ticket

考えれる311県の原因 進行性小脳障害

  • 起立性低血圧

    初期症状として起立低血圧の症状がみられますが、進行すると自律神経症状だけでなく、小脳など広範囲にわたって運動神経が障害されてさまざまな症状を引き起こします。 失神やけいれん発作、食後低血圧、排尿障害や失禁、発汗異常、眼球運動異常、さらには筋肉の萎縮などの症状が現れます。[medicalnote.jp]

  • 伝染性単核球症

    脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。 血液系の合併症 は,通常自然治癒する。具体的には顆粒球減少,血小板減少,溶血性貧血などがある。[msdmanuals.com]

  • 心因性過換気

    わかりやすく言いますと、脳神経系が炎症や変性などにより物理的に障害された病気を診るわけです。たとえば、パーキンソン病、脳梗塞、多発硬化症、脊髄小脳変性症、進行性筋ジストロフィー、三叉神経痛などの病気です。 外来を受診される場合に 初診、再来すべて予約制になっています。[hospynkh.jp]

  • 眼内異物

    /重症筋無力症/進行筋ジストロフィ/慢性進行外眼筋麻痺/大脳障害による眼球運動異常/小脳性眼球運動障害 15 斜視・弱視,小児眼科 1 斜視・弱視 乳児内斜視/調節性内斜視/急性内斜視/続発性内斜視/周期内斜視/眼振阻止症候群/間欠性外斜視/廃用性外斜視/A-V型外斜視/交代性上斜位/眼性斜頸(眼性異常頭位)/先天性上斜筋麻痺/Brown[igaku-shoin.co.jp] 水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群/脳幹部障害[igaku-shoin.co.jp]

  • 脳血栓症

    急性型は髄膜炎症状 局所症状を示し、ステロイド反応良好である。慢性型は急性型の経過の後に神経障害、精神症状が進行する。脳幹、大脳、小脳の委縮を伴い、髄液IL-6 20pg/ml(SLEなどでも上昇する)などが特徴的な検査所見となる。ステロイド抵抗性でありMTX少量パルス療法が(7.5〜15mg/week)が有効とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    急性型は髄膜炎症状 局所症状を示し、ステロイド反応良好である。慢性型は急性型の経過の後に神経障害、精神症状が進行する。脳幹、大脳、小脳の委縮を伴い、髄液IL-6 20pg/ml(SLEなどでも上昇する)などが特徴的な検査所見となる。ステロイド抵抗性でありMTX少量パルス療法が(7.5〜15mg/week)が有効とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 動揺性高血圧

    わかりやすく言いますと、脳神経系が炎症や変性などにより物理的に障害された病気を診るわけです。たとえば、パーキンソン病、脳梗塞、多発硬化症、脊髄小脳変性症、進行性筋ジストロフィー、三叉神経痛などの病気です。 外来を受診される場合に 初診、再来すべて予約制になっています。[hospynkh.jp]

  • MERRF症候群

    多くは10歳前後で進行ミオクローヌスてんかんの臨床像をとる。その後、歩行障害、振戦、構音障害などの小脳症状が出現してくる。 筋症状は、初期は易疲労性や動作の持続力の低下として自覚され、徐々に近位 筋優位の筋萎縮や筋力低下が明らかになる。[ncnp.go.jp]

  • 血管運動の不安定性

    乳児発症型の非進行性運動失調症の53A大同系ノルウェー人家族(20q11 q13にリンク). 54 A大同系サウジアラビア家族は時折ルンダタキシンをコードするK1AA0226のフレームシフト突然変異を伴うてんかんおよび認知障害と関連する小児期発症運動失調を有する. 55進行小脳性運動失調症および小脳性低形成症および軽度の脳脊髄単純化を[laurarodriguezsa.over-blog.com] 伴う知的障害を有するHutterite家系における超低密度リポタンパク質受容体をコードするVLDLRの変異. 56ケベック州のBeauce地域に住むフランス人のカナダ人家族のいくつかに、SYNE1の突然変異に関連した遅発性小脳性運動失調症が見られた.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    乳児発症型の非進行性運動失調症の53A大同系ノルウェー人家族(20q11 q13にリンク). 54 A大同系サウジアラビア家族は時折ルンダタキシンをコードするK1AA0226のフレームシフト突然変異を伴うてんかんおよび認知障害と関連する小児期発症運動失調を有する. 55進行小脳性運動失調症および小脳性低形成症および軽度の脳脊髄単純化を[laurarodriguezsa.over-blog.com] 二次性進行期では進行性の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく痙対麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org] 伴う知的障害を有するHutterite家系における超低密度リポタンパク質受容体をコードするVLDLRの変異. 56ケベック州のBeauce地域に住むフランス人のカナダ人家族のいくつかに、SYNE1の突然変異に関連した遅発性小脳性運動失調症が見られた.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

さらなる症状