Create issue ticket

考えれる158県の原因 進行性多発性神経障害

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    急速進行糸球体腎炎との関係 17 間質性肺炎から,顕微鏡的多発血管炎に進展することがあるの? 18 末梢神経障害は顕微鏡的多発血管炎のこともあるの? 19 顕微鏡的多発血管炎の皮膚症状は? 第4章 顕微鏡的多発血管炎の治療 20 血管炎,特に顕微鏡的多発血管炎はどう治療したらよいの? コラム1 ANCA関連血管炎ってどれとどれ?[jmedj.co.jp]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] 2-1.糖尿病神経障害  神経障害の分類と診断  びまん性神経障害 高血糖によって生じる神経障害は一般に、手足先に対称・びまんに起こります。 罹病期間が長くなるにつれ、神経の変性・脱落も進行していきます。[uemura-clinic.com] 大血管や小血管の内皮細胞の障害で虚血や再灌流障害が起こる。 神経症候学 [ 編集 ] 糖尿病多発神経障害の症状は感覚障害であることが多い。進行すると 自律神経機能障害 が現れはじめ、筋力低下を訴える患者はごく少数の進行期の患者に限られる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    トップ 疾患一覧 神経・筋疾患 慢性炎症脱髄多発神経炎(CIDP) 疾患メモ 慢性炎症脱髄多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy:CIDP)は2カ月以上進行する四肢の筋力低下,感覚障害をきたす自己免疫脱髄性末梢神経障害である。[jmedj.co.jp] 抄録 【目的】 慢性炎症脱髄多発神経炎(以下 CIDP)は、慢性進行あるいは再発性に末梢神経の散在性脱髄が生じ、筋力低下あるいは感覚障害を示す免疫性神経疾患である。[jstage.jst.go.jp] 当科の専門医 小児神経専門医(熊田聡子、栗原栄二、白井育子、宮田世羽) 疾患概要・病態 慢性炎症脱髄多発神経炎(以下CIDP)とは、再発または慢性進行性に末梢神経の脱髄を生じ、筋力低下または感覚障害を示す自己免疫性炎症性疾患です。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 潜在性悪性腫瘍

    脳神経外科のご紹介 脳神経外科とは 脳神経外科の特色と新しい取り組み 脳神経外科へご受診・ご紹介いただくには 脳神経外科の診療実績 脳神経外科のスタッフ紹介 お知らせ 外来診療日程 脳神経外科とは 脳神経外科では脳・頭蓋骨・脊髄の外科的治療が必要な病気を診療しています。 次のような症状の方を対象としています 頭部を強く打撲した 意識がない 頻回の頭痛、嘔吐がある 頭の形が悪い 手足の動きが悪い、力が入らない 手足がしびれる、感覚が鈍い 腰背部正中に皮膚陥凹、こぶ、血管腫がある[…][pref.saitama.lg.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] するが自然治癒する炎症多発神経障害であり,筋力低下および軽度の遠位部感覚消失を特徴とする。[msdmanuals.com] 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp]

さらなる症状