Create issue ticket

考えれる3,089県の原因 進行性外部眼麻痺

つまり: 進行性外部, 麻痺

  • イレウス

    腹痛の種類、嘔吐の有無、排便・排ガスの消失、X線検査により単純性か、複雑性か、麻痺性かを診断する。腹部手術歴がある場合は癒着による絞扼性イレウスの可能性が高く、腹部手術歴のある患者が急性腹症を起こした場合はそれを第一に考える。 基本的にイレウスと診断された場合は、絶食・腸管安静・輸液治療での保存的治療がまず第一選択となる。[ja.wikipedia.org] 麻痺性イレウス;adynamic Ileus;不全麻痺) 執筆者: Parswa Ansari, MD, Assistant Professor and Program Director in Surgery, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York イレウスとは,腸蠕動が一時的に停止[msdmanuals.com] にて治療するも寛解導入できず,当院を紹介され入院となった.Rachmilewits Clinical Activety Indexは9点であり,重症度は中等症であった.タクロリムス(Tac)を導入するも,数日後に心窩部痛が出現.腹部造影CTを施行し,上行結腸,横行結腸,S状結腸の壁肥厚と周囲脂肪織の濃度上昇および小腸の拡張,腸液貯留を認め麻痺[doi.org]

  • 頸動脈狭窄症

    SAPPHIRE traialで規定されたCEAの危険因子は心疾患(うっ血性心不全、冠動脈疾患、開胸手術が必要など)、重篤な呼吸器疾患、対側頸動脈閉塞、対側咽頭神経麻痺、対側頸動脈閉塞、対側咽頭神経麻痺、頸部直達手術または頸部放射線治療の既往、CEA再狭窄例、80歳以上の少なくとも1つが該当することである。[ja.wikipedia.org] CEAのリスクを増加させる状態としては第2頚椎より高位の狭窄、胸腔内に至る低位の狭窄、過去の同側のCEAの既往、対側の声帯麻痺、気管切開、頸部大手術後、放射線治療後などが上げられている。[ja.wikipedia.org] 動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。 頸動脈狭窄性病変に特徴的な症候limb shakingとtransient hemichoreaは比較的頸動脈狭窄症に特異的な症状である。limb shakingは狭窄の対側上下肢の繰り返す、不随意的で、不規則な震える動きである。[ja.wikipedia.org]

  • トロサ・ハント症候群

    トロサ・ハント症候群(とろさ・はんとしょうこうぐん、英語: Tolosa–Hunt syndrome; THS)は稀な疾患であり、第III, IV, V, VI脳神経のいずれかに関係する、外眼性の麻痺を伴った片側性で重い頭痛と、特定の眼筋の脱力と麻痺(眼筋麻痺)を伴う眼の側方と後方の痛みを特徴に持つ。[ja.wikipedia.org] 症状は通常、頭部の片側に限定され、ほとんどの場合で眼周囲の筋に強烈で鋭い痛みと麻痺を生じる。加療なしに症状が治まることがあるが、突然再発することがある。 また、顔面神経の麻痺や眼瞼下垂を示すこともある。他の徴候には複視、発熱、慢性疲労、めまい、関節痛がある。時折、患者は片側または両側の眼球突出の感覚を覚えることがある。[ja.wikipedia.org] 脳神経の麻痺を認めない場合、眼窩断面像で認められる炎症性変化は、より一般的かつ良性の所見として眼窩偽腫瘍と称される。 確定診断のため、特に腫瘍の可能性を除外するため、生検が必要になることがある。 THSを診断する時、頭蓋咽頭腫、片頭痛、髄膜腫との鑑別を考慮すべきである。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    アルコールは脳を麻痺させる性質を持っている。アルコールを摂取すると麻痺は大脳辺縁部から呼吸や心臓の働きを制御する脳幹部にまで進み、最終的には生命維持にかかわる脳の中枢神経までもを麻痺させてしまい、呼吸機能や心拍機能を停止させて死に至る。 血中アルコール濃度が0.4%を超えた場合、1〜2時間で約半数が死亡する。[ja.wikipedia.org] アルコールには脳を麻痺させる性質があり、生命維持に関わる脳の中枢部分の麻痺により、呼吸機能や心拍機能が停止して死に至る恐れがあります。一方で、脳への影響から 精神障害 が生じる場合もあります。 通常の場合、症状は血中アルコール濃度に比例します 酔っぱらうことを医学用語では 酩酊 と呼びます。[sankyobo.co.jp] アルコールには 「脳を麻痺させる」 効果があり、脳の外側から麻痺が進んでいきます。 最も外側の大脳新皮質は理性を司る部分なので、陽気になったり泣いてしまったりします。麻痺が進んでいくと、脳の中心、運動や呼吸を司る部分も機能しなくなり、意識障害が現れ、呼吸不全などで死亡してしまいます。 2. どういった症状が出るのか?[jp.sake-times.com]

  • 脳卒中

    症状は片麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] 脳卒中を疑う症状 片方の手足・顔半分の麻痺、しびれ 呂律が回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解出来ない 体のバランスがとれず立てない、めまいがして気分が悪い 片方の目が見えない、物が二重に見える、視野の半分が欠ける 経験したことのない激しい頭痛[hoshigaoka.jcho.go.jp] 両者は現象としては異なるが、結果として脳細胞が損傷される点では共通し、半身麻痺、言語障害、意識障害などが生じることがある。重度の場合は発作により突然倒れるが、それ以前にろれつがまわらなくなるなどの初期症状が見られる場合がある。脳動脈瘤が破れるクモ膜下出血も脳卒中に含まれる。 「卒中」の語源は「卒然として中(あた)る」から。[ja.wikipedia.org]

  • ホルネル症候群

    縮瞳(交感神経の障害が瞳孔散大筋の麻痺を結果し、瞳孔が縮小する。) 眼瞼下垂、瞼裂狭小(上眼瞼筋の麻痺により眼瞼裂が狭小する。また、眼球陥凹は瞼裂狭小による見せかけのもので、ヒトでは出現しない) 発汗低下(同側顔面の無汗症等) 虹彩異色症(必発ではなく、まれ) 相川直樹 他『南山堂 医学大辞典』南山堂、1993(1954) 神経学[ja.wikipedia.org] 頚部交感神経麻痺、ホルネル徴候ともいう。1869年にスイスの眼科医ヨハン・フリードリヒ・ホルネルによって記載されたが、1727年にフランスの軍医フランソワ・プルフール・デュ・プチによってイヌの頚部交感神経を切断して縮瞳が起きることを観察し初めて発見されたが不明だったため、記載されず逆ホルネル症候群として呼ばれている。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    高カリウム性周期性四肢麻痺(こうかりうむせいしゅうきせいししまひ、英: Hyperkalemic periodic paralysis, HYPP, HyperKPP)とは、血中カリウムの値が高くなって麻痺が起こるタイプの周期性四肢麻痺。常染色体優性遺伝する遺伝病で、希少疾患である。 難病法により、指定難病となった。[ja.wikipedia.org] 先天性パラミオトニー チャネロパチー 筋強直症候群 筋電図 希少疾患 難病法 希少難治性筋疾患に関する調査研究班. “115 遺伝性周期性四肢麻痺 (pdf)”. 厚生労働省. 2015年7月1日閲覧。[ja.wikipedia.org] その他は周期性四肢麻痺を参照のこと。 ①②③に加え⑥あるいは⑦を認めて、除外診断を除外でき、①の項目を一部しか満たさない場合⑤を認めれば、診断として確実とされている。 ①②③④を認めて、除外診断を除外でき、①の項目を一部しか満たさない場合⑤を認めれば、診断としてほぼ確実とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    広義には運動失調症と同時に起こるものとして大脳性障害における痙性歩行もしくは麻痺性歩行や、脊髄性障害において深部感覚障害により現れる麻痺性に近い歩行をも含むが、痙性歩行、麻痺性歩行は筋トーヌス異常により副次的に発生する失調として明確に区別される。[ja.wikipedia.org] 起立、歩行困難の原因としては運動麻痺、平衡障害、運動失調、歩行障害、骨折、心因性の場合がある。めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。 正常な随意運動は大脳皮質運動領から遠心性運動路、錐体路、末梢神経、さらに筋肉、運動器までのいずれかが損なわれた状態では遂行されない。[ja.wikipedia.org] 麻痺があれば、運動障害がおこるのは当たり前だからである。協調運動に最も関与しているのは小脳と考えられている。同じ錐体外路である大脳基底核の障害では運動失調も起こりえるが、不随意運動の方が目立つことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • ベル麻痺

    ベル麻痺は最も一般的な急性単神経炎であり、急性顔面神経麻痺の最も一般的な原因である。東洋医学ではメンタン、口眼歪斜、口僻と呼ばれている。 ベル麻痺は、特発性片側性末梢性顔面神経麻痺と定義され、通常人への感染は起きない。不全麻痺または完全麻痺が急速に、通常は一日以内に完成するのが特徴である。[ja.wikipedia.org] 前の話題: 【顔面神経麻痺の種類】 陳旧性顔面神経麻痺 次の話題: ラムゼイハント症候群(Hunt’s syndrome) このページの最初に戻る 顔面神経麻痺特集ショートカット 【顔面神経麻痺の基礎知識】 【顔面神経麻痺の種類】 【末梢性顔面神経麻痺の原因】 【顔面神経麻痺の治療】 【顔面神経麻痺のケア】[kyorin-prs.com] 顔面神経麻痺の種類と原因 顔面神経麻痺の発症頻度は、ベル麻痺で10万人あたり30人、ハント症候群では5人といわれています。末梢性の顔面神経麻痺のうち約60%がベル麻痺で、15%がハント症候群です。症候性といって顔面麻痺の原因が明らかなものについては、腫瘍や交通事故・転落などの外傷、中耳炎、それらが約10%あります。[medicalnote.jp]

  • 麻痺

    麻痺(hemiplegia)は身体の一側に限局する運動麻痺であり、運動麻痺の頻度としては最も多い。神経診断学として重要な片麻痺に交代性麻痺と交叉性麻痺というものがある。交代性麻痺(alternating hemiplegia)とは対側の脳神経麻痺を伴う片側の上下肢麻痺である。これは脳幹病変の存在を示唆する。[ja.wikipedia.org] 麻痺はその程度によって完全麻痺と不全麻痺とに分類されるほか、その部位によって、たとえば一側の上下肢におこれば片 (へん) 麻痺、両側の上肢または下肢に対称的におこれば対 (つい) 麻痺などとよばれる。[kotobank.jp] 麻痺、四肢麻痺、単麻痺の場合には必要に応じて筋電図検査や神経伝導検査、血液検査やMRI検査などを行い、診断を行います。 麻痺の治療 麻痺の治療は、原因となる疾患によって大きく異なります。[tyojyu.or.jp]

さらなる症状

類似した症状