Create issue ticket

考えれる247県の原因 進行性嚥下障害

  • 逆流性食道炎

    逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん、英:reflux esophagitis)とは、胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症を引きおこす疾患名。胃食道逆流症(Gastroesophageal Reflux Disease:GERD)の一つ。現在では、未治療の逆流性食道炎は狭心症よりもQOLを損なう疾患とされており、胃酸関連疾患の中で非常に重要な疾患として位置づけられる。危険な合併症として、食道出血、狭窄、食道癌が挙げられている。 1997年の報告では、1323例を対象とした内視鏡検査で、38例(男28、女10)の報告され 2.9%[…][ja.wikipedia.org]

  • 食道狭窄症

    発生・分類 先天性食道狭窄症は食道の一部が生まれつき狭くなっている状態(狭窄、きょうさく)です。頻度は、25,000-50,000人に1人で、先天性食道閉鎖症に1-2%の頻度で合併することが知られています。複数の狭窄があることもあります。先天性食道狭窄症は 膜様狭窄 、 筋線維性肥厚性狭窄 、 気管原基迷入型狭窄[…][dokkyomed.ac.jp]

  • 食道腫瘍

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 食道腫瘍 しょくどうしゅよう tumor of the esophagus 食道に生じる腫瘍には,癌,肉腫, 良性腫瘍 がある。 (1) 食道癌 日本の死亡統計では, 胃癌 の約 10%,全癌の5%を占める。高齢の男性に多い。熱い飲食物,強いアルコール飲料,喫煙などが起因に関係するといわれる。特徴的な症状は, 嚥下困難 と狭窄感である。早期発見と 根治手術 が必要。 (2) 食道肉腫 きわめてまれで, 食道狭窄 を示すものは癌より少い。 (3) 良性腫瘍 まれであるが, 平滑筋腫 , 嚢腫 , 線維腫 , 血管腫 ,上皮性ポリープ, 乳頭腫[…][kotobank.jp]

  • 橋中心髄鞘崩壊症

    病変は,アルコール依存症,低栄養,またはその他の慢性消耗疾患の患者でより一般的にみられる。弛緩麻痺,構音障害嚥下困難が数日または数週間かけて進行する可能がある。[msdmanuals.com]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    病因、病態、病理 常染色体優性遺伝をとります。遺伝子座は第14染色体長腕(14q11.2-q13)にあります。責任遺伝子はポリ(A)結合蛋白( poly(A)binding protein nuclear 1 :PABPN1)で、患者さんではその遺伝子にGCGという繰り返し配列が8-13回に増加しています(正常では7回以下)。まだこの遺伝子の異常がなぜ、目や喉の筋を侵すかはよくわかっていません。 筋ジストロフィーの名前がついていますが、病理学的には筋ジストロフィーのような筋線維の壊死・再生の所見はありません。筋生検では筋線維の大小不同があり、縁取り空胞( rimmed vacuole[…][jmda.or.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    しかし病期が進行すると咽頭の挙上障害や咽頭の蠕動運動も起こり得ます。嚥下障害進行で、予後は不良です。 2) パーキンソン病 筋萎縮、振戦、動作緩慢を3主徴とする進行の変性疾患で、嚥下障害は本性の約50%に見られると考えられています。 無症状の症例でも、検査すると嚥下障害が検出される場合があります。[net-dental.co.jp] 嚥下障害は比較的早期の症状で、夕方や食事の終わりに嚥下機能が悪化する筋疲労が特徴的です。 食事の始まりには問題がないが、食事中に進行嚥下障害が悪化するようになります。舌、咬筋、咽頭の筋肉、難口蓋、食道などあらゆる筋肉の運動が障害されます。[net-dental.co.jp] D:進行全身性硬化症(強皮症) 皮膚、消化管、肺など全身の臓器の慢性リウマチ疾患で、自己免疫疾患であると考えられます。 嚥下障害は本症の42 75%にみられますが、一般には進行した例に合併します。主に平滑筋が侵襲を受けるので、多くの場合、食道下部の機能障害がその原因となります。[net-dental.co.jp]

  • 口内炎

    治療は、手術、抗がん剤、放射線などにより行いますが、進行がんでは、 嚥下 や 構音 などの機能に障害を残す危険が高くなりますので、早期発見、早期治療が大切になります。なかなか治らない舌の異常があるときには、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の専門医を受診することをおすすめします。 口腔がん 口腔がんとは、口の中にできるがんの総称です。[jibika.or.jp]

  • 咽頭炎

    治療は、手術、抗がん剤、放射線などにより行いますが、進行がんでは、 嚥下 や 構音 などの機能に障害を残す危険が高くなりますので、早期発見、早期治療が大切になります。なかなか治らない舌の異常があるときには、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の専門医を受診することをおすすめします。 口腔がん 口腔がんとは、口の中にできるがんの総称です。[jibika.or.jp]

  • 脳血栓症

    そのため、心身のリハビリテーションを継続して取り組みつつ、脳血管障害の再発防止を中心課題として、運動麻痺、知覚麻痺から起きる転倒による心身の悪化防止、嚥下障害による誤嚥肺炎防止などが、進行を食い止めるカギとなります。[kaigo.homes.co.jp] 症状 TIAに特徴的でない症状 椎骨脳底動脈系の他の症状を伴わない意識障害 強直発作、強直間代発作、間代発作 身体のいくつかの領域にわたって遷延進行する症状 閃輝暗点 TIAとは考え難い症状 感覚障害進行 回転めまいのみ 動揺性(浮動性)めまいのみ 嚥下障害のみ 構音障害のみ 複視のみ 便あるいは尿失禁 意識レベルの変動に伴う視力障害[ja.wikipedia.org]

  • 慢性喉頭炎

    進行舌がんの場合、嚥下障害、構音機能障害を残す可能性が高くなります。そのため、早期発見、早期治療が大切になります。 要注意!口内炎と間違えやすい 口内炎と思い、放置されることが少くないとされます。そのため、舌のしこりや、へこんで見えるような潰瘍が見られる時は、早めに受診することが勧められます。[office-purej.com]

さらなる症状