Create issue ticket

考えれる18県の原因 進行性リンパ球減少症

  • 黒色表皮腫

    の発症・悪化 注2) 、浮腫、めまい、気分不良、トリグリセリド上昇、リンパ減少 注1)徐々に進行する低血糖では精神障害、意識障害等が主である場合があるので注意すること。[kegg.jp] 高度の空腹感、発汗、心悸亢進、振戦、頭痛、知覚異常、不安、興奮、眠気、神経過敏、集中力低下、精神障害、意識障害、痙攣等) 過敏症 嘔気、蒼白、蕁麻疹 臓器腫大 下垂体腫大、扁桃腫大、顎下腺腫大、脾臓腫大、腎腫大、卵巣腫大等 循環器 肥大型心筋症の増悪 生殖器 多嚢胞性卵巣 適用部位障害 注射部位の発赤、腫脹、疼痛、硬結、熱感 その他 糖尿病網膜[kegg.jp]

  • 小球性貧血

    ここでは、(1)高齢者の貧血、(2)著明な大貧血、(3)網赤血球増加を伴う貧血、(4)赤血球増加、(5)進行の白血球増加、(6)白赤芽症、(7)異型リンパ球を伴う白血球減少症、(8)高度の出血傾向を伴う血小板減少症、(9)慢性の高度血小板増加症、(10)高度の汎血球減少症の10症例を取り上げます。[hhk.jp]

  • 悪性貧血

    ここでは、(1)高齢者の貧血、(2)著明な大貧血、(3)網赤血球増加を伴う貧血、(4)赤血球増加、(5)進行の白血球増加、(6)白赤芽症、(7)異型リンパ球を伴う白血球減少症、(8)高度の出血傾向を伴う血小板減少症、(9)慢性の高度血小板増加症、(10)高度の汎血球減少症の10症例を取り上げます。[hhk.jp]

  • 白血赤芽球性貧血

    ここでは、(1)高齢者の貧血、(2)著明な大貧血、(3)網赤血球増加を伴う貧血、(4)赤血球増加、(5)進行の白血球増加、(6)白赤芽症、(7)異型リンパ球を伴う白血球減少症、(8)高度の出血傾向を伴う血小板減少症、(9)慢性の高度血小板増加症、(10)高度の汎血球減少症の10症例を取り上げます。[hhk.jp]

  • ラロン症候群

    の発症・悪化 注2) 、浮腫、めまい、気分不良、トリグリセリド上昇、リンパ減少 その他の副作用の注意 注1)徐々に進行する低血糖では精神障害、意識障害等が主である場合があるので注意すること。[info.pmda.go.jp] 眠気、神経過敏、集中力低下、精神障害、意識障害、痙攣等) 過敏症 頻度不明 嘔気、蒼白、蕁麻疹 臓器腫大 頻度不明 下垂体腫大、扁桃腫大、顎下腺腫大、脾臓腫大、腎腫大、卵巣腫大等 循環器 頻度不明 肥大型心筋症の増悪 生殖器 頻度不明 多嚢胞性卵巣 適用部位障害 頻度不明 注射部位の発赤、腫脹、疼痛、硬結、 熱感 その他 頻度不明 糖尿病網膜[info.pmda.go.jp]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    数の減少, 水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再燃などがある.[neurology-bri.jp] フィンゴリモドやナタリズマブでは未だ根治的治療のない進行多巣性白質脳症が報告されており, より一層の注意を要する. なお, 現時点で進行型多発性硬化症を改善する疾患修飾薬は日本にはなく, 世界中でアンメット・メディカル・ニーズの高い分野として薬剤開発が盛んに試みられつつある.[neurology-bri.jp] 行い,その後にインターフェロンβ,グラチラマー酢酸塩,フィンゴリモド, ナタリズマブなどの疾患修飾薬によって再発抑制を行う(2016年10月現在).副作用としては, インターフェロンβでは投与開始初期のインフルエンザ症状, 間質性肺炎やうつ, グラチラマー酢酸塩では注射部位反応, フィンゴリモドでは投与直後の徐脈, 肝障害, 黄斑変性, リンパ[neurology-bri.jp]

  • RAS随伴自己免疫白質増殖症候群

    数の減少, 水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再燃などがある.[neurology-bri.jp] フィンゴリモドやナタリズマブでは未だ根治的治療のない進行多巣性白質脳症が報告されており, より一層の注意を要する. なお, 現時点で進行型多発性硬化症を改善する疾患修飾薬は日本にはなく, 世界中でアンメット・メディカル・ニーズの高い分野として薬剤開発が盛んに試みられつつある.[neurology-bri.jp] 行い,その後にインターフェロンβ,グラチラマー酢酸塩,フィンゴリモド, ナタリズマブなどの疾患修飾薬によって再発抑制を行う(2016年10月現在).副作用としては, インターフェロンβでは投与開始初期のインフルエンザ症状, 間質性肺炎やうつ, グラチラマー酢酸塩では注射部位反応, フィンゴリモドでは投与直後の徐脈, 肝障害, 黄斑変性, リンパ[neurology-bri.jp]

  • 肥満細胞症

    グレード3/4で最も多かった副作用(発生率5%以上)は、発熱好中減少リンパ減少、医療機器関連感染、剥脱皮膚炎、高血糖、および悪心でした 1 。[novartis.co.jp] 進行性SMに対する承認は、この希少疾患を対象に実施された過去最大の前向き試験で、同じく結果がNEJMに発表された第II相試験(CPKC412D2201)を含む2つの単群非盲検多施設試験に基づいています 5 。[novartis.co.jp]

  • 二次赤血球増加症

    ここでは、(1)高齢者の貧血、(2)著明な大貧血、(3)網赤血球増加を伴う貧血、(4)赤血球増加、(5)進行の白血球増加、(6)白赤芽症、(7)異型リンパ球を伴う白血球減少症、(8)高度の出血傾向を伴う血小板減少症、(9)慢性の高度血小板増加症、(10)高度の汎血球減少症の10症例を取り上げます。[hhk.jp]

  • 傍腫瘍性神経症候群

    数の減少, 水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再燃などがある.[neurology-bri.jp] フィンゴリモドやナタリズマブでは未だ根治的治療のない進行多巣性白質脳症が報告されており, より一層の注意を要する. なお, 現時点で進行型多発性硬化症を改善する疾患修飾薬は日本にはなく, 世界中でアンメット・メディカル・ニーズの高い分野として薬剤開発が盛んに試みられつつある.[neurology-bri.jp] 行い,その後にインターフェロンβ,グラチラマー酢酸塩,フィンゴリモド, ナタリズマブなどの疾患修飾薬によって再発抑制を行う(2016年10月現在).副作用としては, インターフェロンβでは投与開始初期のインフルエンザ症状, 間質性肺炎やうつ, グラチラマー酢酸塩では注射部位反応, フィンゴリモドでは投与直後の徐脈, 肝障害, 黄斑変性, リンパ[neurology-bri.jp]

さらなる症状