Create issue ticket

考えれる77県の原因 通常視力は正常

つまり: 通常視力は正

  • 斜視

    屈折性弱視 両眼に強い遠視があり、発見されないまま幼児期を過ごしてしまうと視力正常に発達しません。屈折性弱視といいます。 治療法は? 遠視を矯正する眼鏡を作成し細かい物を見るようにします。[asano-eye.com] 弱視とは 6歳ぐらいまでの視力発達の大切な時期に、斜視や強い遠視で視覚が遮られることなどで視力正常に育たない状態を弱視と言います。 主な弱視の検査 視力検査 屈折検査 眼位検査 眼底検査 目の奥に病気がないかを調べます 弱視の治療と訓練 検査を行い弱視疑われる場合は、きちんと合った眼鏡作成し装用することです。[nankatsu-kanamachi.com] しかし、視力の発達段階にある乳幼児期に、何らかの原因でものがはっきり見えない状態が続いた場合には、視力正常な発達が損なわれます。 弱視は斜視、強い遠視、近視、強い乱視、左右の屈折度の差が大きい場合(不同視)等が原因となります。中でも斜視は弱視の大きな原因です。[miyata-med.ne.jp]

  • 黄斑変性症

    いずれも新生血管の拡大を抑え視力を維持、改善することを目的としますが視力正常化 させることは困難です。治療法は以下の通りです。 レーザー光凝固 活動性の高い新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合は、レーザー光線で焼き 潰します。これをレーザー光凝固と言います。 新生血管が消失すれば、出血や血液中の水分の染み出しも解消します。[morita-iin.com] 視力が良くなることもありますが、視力正常になることはほとんどありません。 光線力学的療法は光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力の専用のレーザーを病変に照射する治療法です。治療を行う前に造影検査を行い、脈絡膜新生血管をはじめとする病変を確認して、病変の大きさに合わせてレーザーの照射範囲を決定します。[nishikani-ganka.com] しかし、視力正常化することはあまりありません。 滲出型の加齢黄斑変性の代表的な治療方法 薬剤の硝子体注射 脈絡膜新生血管が発生する原因物質として、血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)が見つかっています。[eye-tamura.com]

  • 緑内障

    眼圧検査・視力検査 正常な眼圧は10 21mmHgです。緑内障の場合は眼圧や視野検査などのデータを取っていき、必要に応じ治療法を変更していきます。当グループでは電子カルテとで連動するファイリングシステムでデータ管理をおこなっており、下図のように一目で眼圧や最大矯正視力の推移を把握することができます。[ocular.net] 視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 (英: segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 偽落屑症候群

    視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 ( 英 : segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    術後の視力 術前の視力が0.6前後なら手術から2 3カ月で視力正常レベルになります。術前から歪みがある場合は、視力は向上しますが、歪みはなかなかすっきりとは治りません。これが歪みがあるときには早期に手術を勧める理由です。 手術の合併症 一番多い合併症はやはり白内障です。このため多くの場合、同時に手術してしまいます。[dm-net.co.jp]

  • 膨張性白内障

    初期白内障: 「これは、混濁が始まりだす時期で、視力正常。」 小さな点や細い筋が見られます。肉眼で見えるものもありますが、多くは精密検査で確認されます。 未熟期白内障:膨張期 「混濁はより著しく、視力も障害される。検眼鏡で眼底は不明瞭にしかみえないが、眼底反射は以然見られる。[rabbittail.com]

  • 偽落屑症候群

    視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 ( 英 : segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 開放隅角緑内障

    視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 ( 英 : segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org] 要点 原発開放隅角緑内障は,通常眼圧上昇を伴うが,眼圧が正常でも起こりうる。 緑内障による視力障害は回復できない。 診断目的の評価は,眼底検査,眼圧測定,および視野検査から開始する。 眼圧を20 40%下げることを目標にする。[msdmanuals.com]

  • 低眼圧緑内障

    視神経部分低形成 視力正常で部分的な視野欠損を示すが視野欠損を自覚することは少ない。視神経部分低形成 ( 英 : segmental optic disc hypoplasia )はコンタクトレンズの検診で発見されることが多く、若年者の視野欠損の鑑別診断のひとつとして重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 光網膜症

    それでも網膜の一番大切な部分(黄斑部)は障害されないので、視力正常で自覚症状はありません。 この時期に大切なことは、網膜の異常を正確に把握するために「蛍光眼底造影」という検査を行なうことです。これによって虚血状態にある網膜の範囲(上の写真の暗い部分)を知ることができます。[ohta-hp.or.jp]

さらなる症状