Create issue ticket

考えれる1県の原因 通常より低い基準の縦断続性運動

  • 常染色体劣性パーキンソン病 14

    1 学会創設の背景から発足まで G.J.Mendel が遺伝の法則を発見したのは1865年であるが、論文は全く注目されなかった。その重要性に世界が気付いたのは1900年のことである(Mendel の法則の再発見)。1902年にはアルカプトン尿症が常染色体劣性遺伝の形式に合致する旨の発表はあったものの、その後の遺伝分野の研究は主として植物、ショウジョウバエ、カビ、大腸菌、ファージを対象としており、ヒトについての動きは鈍かった。ヒトは自由に交配することができず世代も長いので、遺伝の研究には適さないと考えられていたのである。[…][jshg.jp]

さらなる症状