Create issue ticket

考えれる6県の原因 近位腰帯筋力低下 

つまり: 近位腰帯筋力低下

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    筋ジストロフィーは骨格筋の筋線維の壊死と再生を主な筋病理的所見とし、進行性の筋萎縮と筋力低下がみられる遺伝性疾患である。このうちLGMDは四肢腰帯部の筋力低下と筋萎縮を特徴とする。LGMDは様々な責任遺伝子による不均一な疾病群であるが、現在までに遺伝子座の違いにより14種類に分類されている。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp] 臨床症状 LGMD患者には一般に四肢に限定された筋虚弱および筋消耗が起こり、遠位筋と比較して筋が侵される場合が多い.筋の虚弱とは身体の中心部に近い筋肉(肩、腰帯、大腿上方、上腕)の筋力低下である. 遠位筋の虚弱とは身体の中心部から離れた筋肉(下肢下部および足、前腕および手) の筋力低下である.[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2U型

    臨床症状 LGMD患者には一般に四肢に限定された筋虚弱および筋消耗が起こり、遠位筋と比較して筋が侵される場合が多い.筋の虚弱とは身体の中心部に近い筋肉(肩、腰帯、大腿上方、上腕)の筋力低下である. 遠位筋の虚弱とは身体の中心部から離れた筋肉(下肢下部および足、前腕および手) の筋力低下である.[grj.umin.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1H型

    臨床症状 LGMD患者には一般に四肢に限定された筋虚弱および筋消耗が起こり、遠位筋と比較して筋が侵される場合が多い.筋の虚弱とは身体の中心部に近い筋肉(肩、腰帯、大腿上方、上腕)の筋力低下である. 遠位筋の虚弱とは身体の中心部から離れた筋肉(下肢下部および足、前腕および手) の筋力低下である.[grj.umin.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    臨床症状 LGMD患者には一般に四肢に限定された筋虚弱および筋消耗が起こり、遠位筋と比較して筋が侵される場合が多い.筋の虚弱とは身体の中心部に近い筋肉(肩、腰帯、大腿上方、上腕)の筋力低下である. 遠位筋の虚弱とは身体の中心部から離れた筋肉(下肢下部および足、前腕および手) の筋力低下である.[grj.umin.jp]

  • 先天性線維型不均衡ミオパチー

    筋(腰帯筋)優位の筋力低下を示し、顔面筋罹患はなく、動揺性歩行や階段昇降困難、易転倒性などの歩行障害で発症します。下腿の仮性肥大はないか、あっても軽度で、歩行不可能になると関節が拘縮します。心合併や呼吸不全は少なく、生命予後は良好とされています。[smaone.togetherinsma.jp]

  • 典型的な常染色体優性視神経萎縮症

    ② Kugelberg-Welander病(SMA3) 発症は2 17歳、腰帯筋、下肢筋の筋力低下で発症。その後上肢近位筋が障害される。 近位筋優位の障害で、筋ジストロフィーとの鑑別が重要。進行は緩徐。 常染色体劣性遺伝。 遺伝子異常はWerdnig-Hoffmann病と共通 。[www2b.biglobe.ne.jp]

さらなる症状