Create issue ticket

考えれる6県の原因 近位筋委縮

  • 筋炎

    筋力の低下、筋肉痛、筋肉の把握痛などを起こし、その後、筋肉は委縮し元に戻らなくなります。の筋力低下は、下肢では、しゃがみ立ちができない、上肢では、赤ちゃんを抱く力がなくなった、手が上に挙がらない、頸では、寝た位置から頭を上げられない、などの症状として現れます。[shinbashi-allergy.jp]

  • 多発性筋炎

    筋力の低下、筋肉痛、筋肉の把握痛などを起こし、その後、筋肉は委縮し元に戻らなくなります。の筋力低下は、下肢では、しゃがみ立ちができない、上肢では、赤ちゃんを抱く力がなくなった、手が上に挙がらない、頸では、寝た位置から頭を上げられない、などの症状として現れます。[shinbashi-allergy.jp]

  • 皮膚筋炎

    筋力の低下、筋肉痛、筋肉の把握痛などを起こし、その後、筋肉は委縮し元に戻らなくなります。の筋力低下は、下肢では、しゃがみ立ちができない、上肢では、赤ちゃんを抱く力がなくなった、手が上に挙がらない、頸では、寝た位置から頭を上げられない、などの症状として現れます。[shinbashi-allergy.jp]

  • クーゲルベルグ・ウェランダー病

    下位運動ニューロンの変性、優位の骨格筋委縮と全身の筋力低下を特徴とします。 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[suikido.jp]

  • ステロイドミオパチー

    下肢の筋委縮が主症状ですが、しばしば咀嚼嚥下に重要な筋の萎縮と機能障害を合併します。ステロイドミオパチーの分子レベルでの発症メカニズムと有用な治療方法に関する報告はありませんでした。[tsurumi-univ-seiri.jimdo.com]

  • 糖原病 2 型

    乳児発症型ポンぺ病 鑑別診断で考慮される疾患を以下に掲げる: 脊髄性委縮症1型 (ウエルドニッヒ-ホフマン病). 緊張低下、哺乳困難、進行性筋肉虚弱、反射消失がみられ、心臓病変はない. SMN 遺伝子欠損が原因である.遺伝形式は常染色体劣性である.[grj.umin.jp]

さらなる症状