Create issue ticket

考えれる3県の原因 近位大腿骨骨端の異形成

  • 骨幹端四肢杯状異形成

    外骨腫、内軟骨腫、孤立性嚢腫、繊維整骨形成賞 青壮年(10 40歳台)の長管部(大腿骨遠部、脛骨位部)に好発 骨軟骨腫(単発性/多発性)、外骨腫 好発年齢、好発部位 少年期 青年期(特に10歳代)の関節近傍の長管骨骨幹端部に好発 骨軟骨腫で悪性化(二次性軟骨肉腫)を考えるのはどのような症例か?[studyblue.com] )の長管骨骨幹部 骨幹端部、骨盤に好発 骨破壊、溶骨像、骨硬化像、骨膜反応(玉ねぎ様骨膜反応) 多発の透亮像、Punched out lesion(骨打ち抜き像) 疼痛、骨髄機能低下(貧血症状、全身倦怠感、易感染性など) T 癌骨転移(転移性骨腫瘍)--好発年齢、好発部位、 癌骨転移(転移性骨腫瘍) 男女別の原発巣で多いもの 骨巨細胞種、軟骨腫[studyblue.com]

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    II型コラーゲン異常症は成長期の小児において大腿に異常をきたすさまざまな骨格形成の原因となる。これらの疾患における骨端異形成は基本的に先天性、対称性及び進行性であり、視覚および聴覚の異常を伴うことが多い。典型的には今回の家系でみられたような再生の過程は見られない。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp]

  • 耳-脊柱-巨大骨端形成異常

    II型コラーゲン異常症は成長期の小児において大腿に異常をきたすさまざまな骨格形成の原因となる。これらの疾患における骨端異形成は基本的に先天性、対称性及び進行性であり、視覚および聴覚の異常を伴うことが多い。典型的には今回の家系でみられたような再生の過程は見られない。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状