Create issue ticket

考えれる8県の原因 近位大腿骨骨端の異形成

  • 内反股

    先天性内反股,小児の外反股 先天性大腿欠損症 形成症,軟骨無形成症 麻痺性股関節障害 Perthes病 大腿骨頭すべり症 単純性股関節炎 化膿性股関節炎 結核性股関節炎 関節リウマチ 変形性股関節症 急速破壊型股関節症 Charcot関節 特発性大腿骨頭壊死症 大腿骨頭離断性骨軟骨炎 股関節軟骨融解症 一過性大腿骨頭萎縮症[rr2.nakayamashoten.co.jp] バイオメカニクス 5章 股関節の発生・成長 6章 股関節疾患の診察と診断 病歴の聴取 身体所見のとり方 画像診断と各種計測法 股関節鏡による検査 病理学的検査・生検 7章 股関節疾患の治療 保存療法 手術療法 進入法 骨切り法 人工物置換術,関節固定術,ほか 股関節外科におけるコンピュータ支援手術 8章 股関節部の疾患 先天性股関節脱臼,臼蓋形成不全[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 股関節部骨折

    先天性内反股,小児の外反股 先天性大腿欠損症 形成症,軟骨無形成症 麻痺性股関節障害 Perthes病 大腿骨頭すべり症 単純性股関節炎 化膿性股関節炎 結核性股関節炎 関節リウマチ 変形性股関節症 急速破壊型股関節症 Charcot関節 特発性大腿骨頭壊死症 大腿骨頭離断性骨軟骨炎 股関節軟骨融解症 一過性大腿骨頭萎縮症[rr2.nakayamashoten.co.jp] バイオメカニクス 5章 股関節の発生・成長 6章 股関節疾患の診察と診断 病歴の聴取 身体所見のとり方 画像診断と各種計測法 股関節鏡による検査 病理学的検査・生検 7章 股関節疾患の治療 保存療法 手術療法 進入法 骨切り法 人工物置換術,関節固定術,ほか 股関節外科におけるコンピュータ支援手術 8章 股関節部の疾患 先天性股関節脱臼,臼蓋形成不全[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 大腿骨発育不全 - 大腿骨形成不全

    Rhizomelic type(近位肢節短縮型) 四肢の中で肢節(上腕と大腿)の短縮が目立つものをrhizomeliaと呼ぶ.肢節型点状軟骨形成症は極端なrhizomelic shorteningを示し,核あるいは骨端核周囲の軟部組織の点状軟骨の特徴的所見も超音波で充分に描出可能である.生命予後が良好な骨系統疾患の代表である軟骨無形成症[plaza.umin.ac.jp]

  • 骨幹端四肢杯状異形成

    外骨腫、内軟骨腫、孤立性嚢腫、繊維整骨形成賞 青壮年(10 40歳台)の長管部(大腿骨遠部、脛骨位部)に好発 骨軟骨腫(単発性/多発性)、外骨腫 好発年齢、好発部位 少年期 青年期(特に10歳代)の関節近傍の長管骨骨幹端部に好発 骨軟骨腫で悪性化(二次性軟骨肉腫)を考えるのはどのような症例か?[studyblue.com] )の長管骨骨幹部 骨幹端部、骨盤に好発 骨破壊、溶骨像、骨硬化像、骨膜反応(玉ねぎ様骨膜反応) 多発の透亮像、Punched out lesion(骨打ち抜き像) 疼痛、骨髄機能低下(貧血症状、全身倦怠感、易感染性など) T 癌骨転移(転移性骨腫瘍)--好発年齢、好発部位、 癌骨転移(転移性骨腫瘍) 男女別の原発巣で多いもの 骨巨細胞種、軟骨腫[studyblue.com]

  • 骨幹端再発異形成

    花むしろ様繊維細胞、巨細胞 線維性形成 疫学: 10 歳台 大腿骨、脛骨など骨幹、骨幹部 Albright 症候群(多発、カフェオレ斑、思春期早発) 検査:菲薄 膨隆 すりガラス様( woven bone ) 羊飼いの杖変形 治療:変形の予防 褐色腫 上皮小体機能亢進症 ヘモジデリン 骨芽細胞腫 疫学: 10-20 歳 脊椎後方要素 [sarcopenia.jimdo.com] 軟骨芽細胞腫 疫学: 10 歳台 脛骨 大腿骨 骨端部 病理: 輪状( chicken-wire )石灰化 予後良好, レントゲン: 境界明瞭な溶骨病変 線維性骨皮質欠損 、( 非骨化性繊維腫) 疫学: 5-15 歳 大腿 脛骨 検査: 骨膜の毛羽立ち 治療:自然消滅 Don’t touch.[sarcopenia.jimdo.com]

  • 捻曲性骨異形成症

    Rhizomelic type(近位肢節短縮型) 四肢の中で肢節(上腕と大腿)の短縮が目立つものをrhizomeliaと呼ぶ.肢節型点状軟骨形成症は極端なrhizomelic shorteningを示し,核あるいは骨端核周囲の軟部組織の点状軟骨の特徴的所見も超音波で充分に描出可能である.生命予後が良好な骨系統疾患の代表である軟骨無形成症[plaza.umin.ac.jp]

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    II型コラーゲン異常症は成長期の小児において大腿に異常をきたすさまざまな骨格形成の原因となる。これらの疾患における骨端異形成は基本的に先天性、対称性及び進行性であり、視覚および聴覚の異常を伴うことが多い。典型的には今回の家系でみられたような再生の過程は見られない。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp] Rhizomelic type(近位肢節短縮型) 四肢の中で肢節(上腕と大腿)の短縮が目立つものをrhizomeliaと呼ぶ.肢節型点状軟骨形成症は極端なrhizomelic shorteningを示し,核あるいは骨端核周囲の軟部組織の点状軟骨の特徴的所見も超音波で充分に描出可能である.生命予後が良好な骨系統疾患の代表である軟骨無形成症[plaza.umin.ac.jp]

  • 耳-脊柱-巨大骨端形成異常

    II型コラーゲン異常症は成長期の小児において大腿に異常をきたすさまざまな骨格形成の原因となる。これらの疾患における骨端異形成は基本的に先天性、対称性及び進行性であり、視覚および聴覚の異常を伴うことが多い。典型的には今回の家系でみられたような再生の過程は見られない。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状