Create issue ticket

考えれる32県の原因 近位下肢関与

  • 筋ジストロフィー

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    近年カルシウムチャネルやカリウムチャネルの遺伝子多型の関与が指摘されている。炭水化物摂取後の休憩時に発症することが多く麻痺は下肢筋からはじまり四肢麻痺に発展するが膀胱直腸障害や感覚障害は起こらない。深部腱反射は消失する。発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸筋麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。[ja.wikipedia.org]

  • 中毒性結節性甲状腺腫

    近年カルシウムチャネルやカリウムチャネルの遺伝子多型の関与が指摘されている。炭水化物摂取後の休憩時に発症することが多く麻痺は下肢筋からはじまり四肢麻痺に発展するが膀胱直腸障害や感覚障害は起こらない。深部腱反射は消失する。発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸筋麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。[ja.wikipedia.org]

  • 潜在性悪性腫瘍

    近年カルシウムチャネルやカリウムチャネルの遺伝子多型の関与が指摘されている。炭水化物摂取後の休憩時に発症することが多く麻痺は下肢筋からはじまり四肢麻痺に発展するが膀胱直腸障害や感覚障害は起こらない。深部腱反射は消失する。発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸筋麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。[ja.wikipedia.org]

  • 非地方性単純性甲状腺腫

    近年カルシウムチャネルやカリウムチャネルの遺伝子多型の関与が指摘されている。炭水化物摂取後の休憩時に発症することが多く麻痺は下肢筋からはじまり四肢麻痺に発展するが膀胱直腸障害や感覚障害は起こらない。深部腱反射は消失する。発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸筋麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。[ja.wikipedia.org]

  • 先端骨溶解症 優性タイプ

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2N型

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2E型

    この蛋白はリボ核蛋白ファミリーに属しmRNA 合成や代謝に関与する。臨床的には成人発症の下肢から始まる筋萎縮が主症状で、白内障と2 型糖尿病を合併しやすい。[pathologycenter.jp] この蛋白は核膜に存在しタンパク質の核内への移行に関与する。臨床的には発症は乳児から中年までと巾があり、普通は下肢の筋力低下から発症し、その分布は筋と遠位筋のいずれの優位もある。少数だが翼状肩甲、眼瞼下垂、呼吸不全などを伴う例がある。[pathologycenter.jp]

さらなる症状