Create issue ticket

考えれる5県の原因 軽症で誘発される場合がある

つまり: 軽症で誘発される場合があ

  • 血管性浮腫

    治療: (1)抗ヒスタミン薬(H1拮抗薬)の内服や静脈注射(軽症場合) (2)副腎皮質ホルモンの静脈注射(重症の場合) 喉頭浮腫による気道閉塞が疑われた場合 直ちに入院し、気道確保を要する。 副腎皮質ホルモンの静脈投与 エピネフリンの皮下、筋肉内または静脈内注射 気管内挿管や気管切開[harefukutsuu-hae-pro.jp] アレルゲン(IgEの活性化)および特定の薬剤(ペニシリン、食物、ラテックス、昆虫など)または物理的刺激(IgEの活性化なし、温熱、寒冷、精神的ストレス、運動など)により誘発[harefukutsuu-hae-pro.jp]

  • 後天性血管浮腫

    治療: (1)抗ヒスタミン薬(H1拮抗薬)の内服や静脈注射(軽症場合) (2)副腎皮質ホルモンの静脈注射(重症の場合) 喉頭浮腫による気道閉塞が疑われた場合 直ちに入院し、気道確保を要する。 副腎皮質ホルモンの静脈投与 エピネフリンの皮下、筋肉内または静脈内注射 気管内挿管や気管切開[harefukutsuu-hae-pro.jp] アレルゲン(IgEの活性化)および特定の薬剤(ペニシリン、食物、ラテックス、昆虫など)または物理的刺激(IgEの活性化なし、温熱、寒冷、精神的ストレス、運動など)により誘発[harefukutsuu-hae-pro.jp]

  • 房室ブロック Mobitz II型

    ただし,軽症の心不全などは見逃されることが多いため,注意すべきです。 心房性期外収縮では,心房粗細動などを誘発する場合に治療の対象となります。心室性期外収縮や,非持続性心室頻拍では,心機能低下を伴うハイリスク例では心臓突然死のリスク評価の対象となります。[igaku-shoin.co.jp]

  • 第二度房室ブロック

    ただし,軽症の心不全などは見逃されることが多いため,注意すべきです。 心房性期外収縮では,心房粗細動などを誘発する場合に治療の対象となります。心室性期外収縮や,非持続性心室頻拍では,心機能低下を伴うハイリスク例では心臓突然死のリスク評価の対象となります。[igaku-shoin.co.jp]

  • 四肢麻痺

    高 カリウム 型周期性四肢麻痺は多くは10 歳代に発症する.発作は起床時の朝食前に生じることが多く,15 分 60 分持続する.また,激しい運動後の休息時に生じることがある.その他,誘発因子として,寒冷,ストレス, カリウム 摂取,妊娠などが知られている.発作時は軽症場合は経過観察とし,重症の麻痺の場合は心電図モニターでの監視を行いながら[primary-care.sysmex.co.jp]

さらなる症状