Create issue ticket

考えれる87県の原因 軽微な炎症

  • 接触性皮膚炎

    軽微 炎症症状に乏しく乾燥症状主体 治療 アトピー性皮膚炎は遺伝的素因に加え、様々な内的、外的悪化要因を持った皮膚病ですので、現時点では病気そのものを完全に治す薬物療法はありません。従って対症療法が治療の原則になります。[yoshida-hihuka-clinic.com]

  • 虫垂炎

    私の経験では、「ちらした」既往のある虫垂は軽微炎症を繰り返すことが多い。炎症所見が少なく、虫垂の腫脹もないことが多く、臨床の場では、虫垂炎ではないと診断されてしまうことがある。(症例)のように、虫垂が繰り返す腹痛の原因となっているケースがかなりみられる。なかには精神的な痛みといわれ放置されているケースもある。[nakano-kodomo.or.jp]

  • 慢性骨盤痛症候群

    その病理所見では肥満細胞欠損マウスの方が、炎症性変化が軽微であった。以上の結果より、肥満細胞の存在は炎症増悪因子であると考えられた。 2014 実績報告書 研究成果報告書 ( PDF ) 2013 実施状況報告書 2012 実施状況報告書[kaken.nii.ac.jp]

  • 慢性虫垂炎

    私の経験では、「ちらした」既往のある虫垂は軽微炎症を繰り返すことが多い。炎症所見が少なく、虫垂の腫脹もないことが多く、臨床の場では、虫垂炎ではないと診断されてしまうことがある。(症例)のように、虫垂が繰り返す腹痛の原因となっているケースがかなりみられる。なかには精神的な痛みといわれ放置されているケースもある。[nakano-kodomo.or.jp]

  • 敗血症

    平熱よりも体温が下がることは敗血症の重要なサイン 発熱は体が炎症反応を起こしているサインですが、発熱のみから敗血症を判断することは案外難しいです。風邪などの軽微な感染症でも発熱することがあるからです。 一方、発熱の後に平熱より体温が下がるということは、体の機能が低下しているサインでもあります。[medicalnote.jp]

  • 膝の関節炎

    ここでは反応性関節炎と炎症性腸疾患に伴う関節炎について概説します。 症状 反応性関節炎 基本的に症状は軽微です。関節炎、仙腸関節炎、腱付着部炎を呈しますが、関節炎は主として下肢の関節に多くみられますが、1か所 数か所といったごく少数の関節にしか起こりません。仙腸関節炎では腰部 臀部の痛みを自覚します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 再発性虫垂炎

    私の経験では、「ちらした」既往のある虫垂は軽微炎症を繰り返すことが多い。炎症所見が少なく、虫垂の腫脹もないことが多く、臨床の場では、虫垂炎ではないと診断されてしまうことがある。(症例)のように、虫垂が繰り返す腹痛の原因となっているケースがかなりみられる。なかには精神的な痛みといわれ放置されているケースもある。[nakano-kodomo.or.jp]

  • 悪性結腸腫瘍

    直腸に炎症が留まり症状も軽微なごく軽症のものから、全大腸に病変が広がり激烈な症状を呈する重症のものまで重症度の幅が多く、ステロイドや腸炎を抑える薬剤に対する反応も様々です。(重症なほど治療に対する反応も悪くなる傾向があります。)薬物治療の効果が乏しい場合には白血球除去療法などの特殊な治療法が有用なこともあります。[noguchi-hospital.jp]

  • 骨膜炎

    急性炎症の末期では膿瘍と呼ばれる膿の集まりを形成することが多くあります。慢性炎症ではこれらの症状が軽微なことが多いです。 智歯周囲炎 局所症状として歯肉の発赤、腫脹、圧痛、疼痛がみられ周囲組織に波及すると開口障害、嚥下痛、顎下リンパ節の腫脹と圧痛がみられます。全身症状として発熱、倦怠感、食欲不振がみられることがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • サルコイドーシス

    マクロファージも多数浸潤を認めるものの、M2マクロファージ(抗炎症性)の浸潤はきわめて軽微で、浸潤したマクロファージの多くがM1マクロファージ(炎症性)である。[ncvc.go.jp] たとえ炎症軽微で、症状がなくても、緑内障を起こし、知らぬ間に視野が欠損します。症状がなくても、定期的な眼科医の診察が必要で、2 3カ月に1回は受診するようにしましょう。 緑内障も白内障も進行すれば手術が必要となります。また、心臓のサルコイドーシスの場合、心臓まひを起こして死亡することもあります。[tokushima.med.or.jp] 4.治療法 現状では原因不明であり根治療法といえるものはなく、肉芽腫性炎症を抑える治療が行われる。症状軽微で自然改善が期待される場合には、無治療で経過観察とされる。積極的な治療対象となるのは、臓器障害のために日常生活が障害されている場合や、現在の症状が乏しくても将来の生命予後・機能予後の悪化のおそれがある場合である。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状