Create issue ticket

考えれる9県の原因 軽度または重度の低カルシウム血症

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • 低カルシウム血症

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • カルシウム欠乏

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • アルカローシス

    症状と徴候 軽度アルカレミアの症状および徴候は,通常は基礎疾患と関連している。より重度のアルカレミアではCa 2 へのタンパク結合が亢進して,カルシウムおよびそれに続く頭痛,嗜眠,神経筋の興奮性亢進を来し,ときにせん妄,テタニー,痙攣発作を伴う。アルカレミアは狭心症症状および不整脈の閾値も下げる。[msdmanuals.com]

  • 先天性クロール下痢症

    症状と徴候 軽度アルカレミアの症状および徴候は,通常は基礎疾患と関連している。より重度のアルカレミアではCa 2 へのタンパク結合が亢進して,カルシウムおよびそれに続く頭痛,嗜眠,神経筋の興奮性亢進を来し,ときにせん妄,テタニー,痙攣発作を伴う。アルカレミアは狭心症症状および不整脈の閾値も下げる。[msdmanuals.com]

  • 偽性副甲状腺機能低下症 2型

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • 精神遅滞症候群 4がある過リン酸血症

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • ジヒドロタキステロール

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

  • 偽性副甲状腺機能低下症 1B型

    要点 低カルシウム血症の原因には,副甲状腺機能低下,偽性副甲状腺機能低下,ビタミンD欠乏症,および腎不全などがある。 軽度カルシウムは無症状であるか,または筋痙攣を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 重度の低カルシウム血症(血清カルシウム7mg/dL未満[1.75mmol/L未満])は,反射亢進,テタニー(口唇,舌,手指,および足の錯感覚,手足および/または顔面の痙攣,筋肉痛),または全身痙攣を引き起こす場合がある。 血清中の イオン化 カルシウム(総ではない)の推定または測定により診断する。[msdmanuals.com]

さらなる症状