Create issue ticket

考えれる5県の原因 軽度の頭部振戦

  • 篩板の骨折

    特徴的な臨床所見は、軽度の間欠性鼻出血(Intermittent epistaxis )で、病態進行に伴って呼吸雑音(Respiratory noise)、顔面腫脹(Facial swelling)、発咳(Coughing)、頭部(Head shaking)なども見られます。[rowdypony.blog.fc2.com]

  • 二次パーキンソン症

    女性の保因者に症状が出現することはあるが軽度である。認知症、精神症状、企図、体幹失調、パーキンソン症候群、末梢神経障害を示す。頭部MRIでは白質にT2延長病変、大脳皮質の萎縮、中小脳脚のT2延長病変が特徴である。FAXTASは通常企図振戦が主症状であり安静時振戦、固縮、後方突進などは稀である。[ja.wikipedia.org]

  • 後頭脳ヘルニア

    軽度頭部打撲などでも受診、紹介を受け付けています。 機能神経外科 パーキンソン病や本態性、ジストニアなどで薬物治療が困難な症例は脳深部刺激術が有効なことがあります。手足がつっぱるようになる痙縮は内服薬やボツリヌス療法が有効です。十分な効果が得られなければ、バクロフェン髄注療法が有効な場合があります。[takamatsu-municipal-hospital.jp]

  • 反復拮抗運動不全

    この患者は、軽度頭部及び中程度の測定異常、並びに全ての範囲の機能を妨げる右腕及び脚の運動反復不全を示した。明らかに繋ぎ脚歩行をすることはできず、通常歩行での平衡が異常であり、そして彼女はロンベルク手技において眼を開けたまま立つことができなかった。感覚能は認知障害のため信頼して試験できなかった。彼女は腸又は膀胱の問題は否定した。[biosciencedbc.jp]

  • 非定型若年性パーキンソン症候群

    女性の保因者に症状が出現することはあるが軽度である。認知症、精神症状、企図、体幹失調、パーキンソン症候群、末梢神経障害を示す。頭部MRIでは白質にT2延長病変、大脳皮質の萎縮、中小脳脚のT2延長病変が特徴である。FAXTASは通常企図振戦が主症状であり安静時振戦、固縮、後方突進などは稀である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状