Create issue ticket

考えれる12県の原因 軽度の錐体路徴候

  • 淡蒼球錐体症候群

    全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。構音障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

  • 未熟児無呼吸

    徴候を認めた以外に神経学的な異常はなかった.右橈骨動脈の拍動は触知せず,ドップラー超音波検査では血流は減少しており,血管形成異常が示唆された.容量減少の原因は軟部組織,骨膜への血流減少による拇指発育不全と推測した.[jpeds.or.jp] 1),鳥取大学医学部脳神経小児科2) 豊島 光雄1) 岡 明2) 近藤 章子1) 戸川 雅美1) 橋田祐一郎1) 常井 幹生1) 星加 忠孝1) キーワード Klippel-Feil症候群,拇指発育不全,橈骨動脈,血管形成異常 要旨 Klippel-Feil症候群(KFS)の男児例を報告した.右拇指の骨,軟部組織の容量減少を合併していた.軽度[jpeds.or.jp]

  • 大脳基底核出血

    全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。構音障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    特に、異常感覚(ものがついている、しめつけられる、ジンジンする、その他)を伴い、これをもって初発することが多い 2 参考条項 必発症状と併せて、診断上極めて大切である (1) 下肢の深部覚障害を呈することが多い (2) 運動障害 ① 下肢の筋力低下がよくみられる ② 徴候(下肢腱反射の亢進、Babinski 現象など)を呈することが多[med.nihon-u.ac.jp] い (3) 上肢に軽度の感覚・運動障害を起こすことがある (4) 次の諸症状を伴うことがある ① 両側性視力障害 ② 脳症状、精神症状 ③ 緑色舌苔、緑便 ④ 膀胱・直腸障害 (5) 経過はおおむね遷延し、再燃することがある (6) 血液像、髄液所見に著明な変化がない (7) 小児には稀である 3 鑑別除外診断 ギラン・バレー症候群、亜急性連合性脊髄変性症[med.nihon-u.ac.jp]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    A型(乳児型) A型は乳児期発症性で、軽度の代謝性アシドーシス、精神発達および運動発達面の遅滞、発育全、感情鈍麻、筋緊張低下、徴候、運動失調、眼振、痙攣を特徴とする. 急性嘔吐、頻呼吸、アシドーシスの発作は通常代謝性ストレスもしくは感染ストレスによって起こることが多い.[grj.umin.jp] Carboxylase Deficiency 要約 疾患の特徴 ピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)欠損症の特徴は、ほとんどの患者で発育不良、発達遅延、再発性振戦、代謝性アシドーシスがみられることである.3タイプの臨床型が認められている.A型(乳児型)では、大多数の患児が乳児期もしくは幼児期初期に死亡する.B型(重症新生児型)では、罹患した乳児は肝腫大、徴候[grj.umin.jp] 、異常運動を示し、生後3カ月以内に死亡する.C型(中間型・良性型)では、患者の神経学的発達は正常もしくは軽度遅延であり、発作性の代謝性アシドーシスが起こる.[grj.umin.jp]

  • ピルビン酸カルボキシラーゼ欠乏

    A型(乳児型) A型は乳児期発症性で、軽度の代謝性アシドーシス、精神発達および運動発達面の遅滞、発育全、感情鈍麻、筋緊張低下、徴候、運動失調、眼振、痙攣を特徴とする. 急性嘔吐、頻呼吸、アシドーシスの発作は通常代謝性ストレスもしくは感染ストレスによって起こることが多い.[grj.umin.jp] Carboxylase Deficiency 要約 疾患の特徴 ピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)欠損症の特徴は、ほとんどの患者で発育不良、発達遅延、再発性振戦、代謝性アシドーシスがみられることである.3タイプの臨床型が認められている.A型(乳児型)では、大多数の患児が乳児期もしくは幼児期初期に死亡する.B型(重症新生児型)では、罹患した乳児は肝腫大、徴候[grj.umin.jp] 、異常運動を示し、生後3カ月以内に死亡する.C型(中間型・良性型)では、患者の神経学的発達は正常もしくは軽度遅延であり、発作性の代謝性アシドーシスが起こる.[grj.umin.jp]

  • 失行

    全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。構音障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

  • リシン血症

    A型(乳児型) A型は乳児期発症性で、軽度の代謝性アシドーシス、精神発達および運動発達面の遅滞、発育全、感情鈍麻、筋緊張低下、徴候、運動失調、眼振、痙攣を特徴とする. 急性嘔吐、頻呼吸、アシドーシスの発作は通常代謝性ストレスもしくは感染ストレスによって起こることが多い.[grj.umin.jp] Carboxylase Deficiency 要約 疾患の特徴 ピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)欠損症の特徴は、ほとんどの患者で発育不良、発達遅延、再発性振戦、代謝性アシドーシスがみられることである.3タイプの臨床型が認められている.A型(乳児型)では、大多数の患児が乳児期もしくは幼児期初期に死亡する.B型(重症新生児型)では、罹患した乳児は肝腫大、徴候[grj.umin.jp] 、異常運動を示し、生後3カ月以内に死亡する.C型(中間型・良性型)では、患者の神経学的発達は正常もしくは軽度遅延であり、発作性の代謝性アシドーシスが起こる.[grj.umin.jp]

  • タウオパチー

    全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。構音障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

  • コハク酸酸血症

    A型(乳児型) A型は乳児期発症性で、軽度の代謝性アシドーシス、精神発達および運動発達面の遅滞、発育全、感情鈍麻、筋緊張低下、徴候、運動失調、眼振、痙攣を特徴とする. 急性嘔吐、頻呼吸、アシドーシスの発作は通常代謝性ストレスもしくは感染ストレスによって起こることが多い.[grj.umin.jp] Carboxylase Deficiency 要約 疾患の特徴 ピルビン酸カルボキシラーゼ(PC)欠損症の特徴は、ほとんどの患者で発育不良、発達遅延、再発性振戦、代謝性アシドーシスがみられることである.3タイプの臨床型が認められている.A型(乳児型)では、大多数の患児が乳児期もしくは幼児期初期に死亡する.B型(重症新生児型)では、罹患した乳児は肝腫大、徴候[grj.umin.jp] 、異常運動を示し、生後3カ月以内に死亡する.C型(中間型・良性型)では、患者の神経学的発達は正常もしくは軽度遅延であり、発作性の代謝性アシドーシスが起こる.[grj.umin.jp]

さらなる症状