Create issue ticket

考えれる10県の原因 軽度の臨床経過

  • 気分変調性障害

    気分変調症(きぶんへんちょうしょう、Dysthymia:ディスチミア)は、うつ病と同様の認知的な問題や食欲変動や疲労感といった身体症状も起こりうる気分障害の一種であり、うつ病と比較してより軽症ながらより長期間となる症状を伴う。DSM-5では持続性抑うつ障害(Persistent Depressive Disorder)と気分変調症の診断名が併記されている。その前のDSM-IVでは気分変調性障害(きぶんへんちょうせいしょうがい、Dysthymic disorder)である。その前のDSM-IIIは、気分変調性障害に併記して抑うつ神経症(よくうつしんけいしょう、depressive[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管迷走神経性失神
  • 連圏状ひ糠疹

    皮膚科学(ひふかがく、英: dermatology、cutaneous condition)は、主に皮膚を中心とした疾患を治療・研究する医学の一分科。外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行う。 ここでは、皮膚に発疹が出現する疾患を挙げている。 熱傷(やけど)(軽度のものから重症で植皮を要するものまで) 凍瘡(しもやけ) 凍傷 褥瘡(とこずれ) 放射線皮膚障害 虫刺症 動物咬傷 クラゲ刺傷 猫ひっかき病 アトピー性皮膚炎 脂漏性湿疹 接触性皮膚炎(例:おむつかぶれ) 皮脂欠乏性湿疹 貨幣状湿疹 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎[…][ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1G型
  • フォルトブラッグ熱

    レプトスピラ症とは、人ではワイル病、秋疫(「あきやみ」と読みます)として昔から知られています。病原性レプトスピラ(らせん状の細菌)感染により起こる人獣共通の感染症です。菌の血清型により、季節性のあるものや、軽症のもの、重症になるものなど多様です。ドブネズミなどの保菌動物の腎臓に保菌され、その尿に汚染された水や土壌から皮膚あるいは口から感染します。ただし、同じげっ歯類であるハムスターはこの菌に対する感受性が高く(菌に対して弱い)、感染するとすぐに死んでしまうので人への感染の可能性は低いと思われます。また、不顕性(症状が現れない)感染あるいは慢性化した家畜(馬、牛、豚、羊など)、ペット(犬な[…][cpvma.com]

  • バランチジウム症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 大腸バランチジウムの栄養体 糞便試料上の大腸バランチジウム。繊毛に囲まれている。 バランチジウム症 (ばらんちじうむしょう、英:balantidiosis)とは 繊毛虫 の一種である 大腸バランチジウム ( Balantidium coli )寄生を原因とする寄生虫病。大腸バランチジウムは ブタ 、 ヒト 、 サル 、 イヌ 、 齧歯類 に寄生する。寄生は シスト の経口摂取により成立し、腸管上部で脱シストして 栄養体 となり、大腸内で分裂増殖する。成豚では 不顕性感染 が多く、幼豚では 下痢 、 赤痢[…][ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    健常者が感染した場合は、免疫系の働きにより臨床症状は顕在化しないか軽度の急性感染症状を経過した後で、生涯にわたり保虫者となる。しかし、HIV感染患者などの免疫不全者には重篤な症状を引き起こすため、十分な注意が必要である。[nih.go.jp]

  • ハンチントン病

    一方、60歳以降の高齢発症者は、精神障害や知的障害を伴わないなど症状は軽度である。 ハンチントン病遺伝子のCAGリピートの長さが長いほど若年発症の傾向が強まる。 臨床経過 典型的な症例では罹病期間は10 20年で、死因は誤嚥性肺炎や低栄養、窒息などである。前述のように若年発症者では進行が速く、予後は短い。高齢発症者では進行は緩徐である。[bsd.neuroinf.jp]

  • トキソプラズマ原虫

    健常者が感染した場合は、免疫系の働きにより臨床症状は顕在化しないか軽度の急性感染症状を経過した後で、生涯にわたり保虫者となる。しかし、HIV感染患者などの免疫不全者には重篤な症状を引き起こすため、十分な注意が必要である。[nih.go.jp]

さらなる症状