Create issue ticket

考えれる157県の原因 軽度の精神低下

  • 不眠症

    このように、1)夜間の不眠が続き、2)日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する、この二つが認められたとき不眠症と診断されます。 軽度の方も含めると、日本人では成人の約10%が不眠症に罹患しています。不眠の原因はストレス、こころやからだの病気、クスリの副作用などさまざまで、原因に応じた対処が必要です。[sleepmed.jp]

  • 産褥期

    軽度精神発達異常ではこの時期は知的な遅れは認められず、筋力の低下が認められるのみで経過観察の場合が多い。この場合は遅れを治療することは非常に難しく、社会的支援が必要となる。しかし頻度としてはシャフラー(いざり児)と呼ばれる良性の発達遅延であり、その後発達が追い付き正常化する。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    軽度精神発達異常ではこの時期は知的な遅れは認められず、筋力の低下が認められるのみで経過観察の場合が多い。この場合は遅れを治療することは非常に難しく、社会的支援が必要となる。しかし頻度としてはシャフラー(いざり児)と呼ばれる良性の発達遅延であり、その後発達が追い付き正常化する。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    軽度精神発達異常ではこの時期は知的な遅れは認められず、筋力の低下が認められるのみで経過観察の場合が多い。この場合は遅れを治療することは非常に難しく、社会的支援が必要となる。しかし頻度としてはシャフラー(いざり児)と呼ばれる良性の発達遅延であり、その後発達が追い付き正常化する。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    混合性の病因の証拠がない(すなわち、他の神経変異または脳血管疾患がない、または認知の低下をもたらす可能性のある他の神経疾患、精神疾患、または全身性疾患がない)。 軽度認知障害について 確実なアルツハイマー病は、遺伝子検査または家族歴のいずれかで、アルツハイマー病の病因となる遺伝子変異の証拠があれば診断される。[e-heartclinic.com]

  • 動揺性高血圧

    ⑤ 動揺性精神神経症状 頭痛など軽度のものから、せん妄、錯乱などの精神障害、人格の変化、意識レベルの低下、四肢麻痺や痙攣などの神経障害などを認める。[nanbyou.or.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    知的障害の中で 軽度精神遅滞(IQ50 70) であっても、日常生活能力の低下等で社会生活をすることが困難なため、 日常生活に多くの援助が必要 な場合に 障害年金の対象 ということになる。 不適応行動 等により日常生活に著しい制限が認められると、障害等級2級の可能性が高い。 不適応行動 とは、例えば以下のような行動をいう。[izaki-office.jp]

  • 産後うつ病

    マタニティー・ブルーズで主に見られる症状には、涙もろさ、軽度の抑うつ気分、不安感、集中力の低下などがあります。このような精神症状と共に、頭痛、食欲不振、疲れやすさなどの身体的な症状が見られることもあります。マタニティー・ブルーズは産後うつ病より発症頻度が高く、日本ではおよそ30%とされています[*1]。[woman.mynavi.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    このADAMTS13の活性の低下によるTMAでは、(1)腎機能障害は比較的軽度で、(2)発熱や(3)精神障害が強く出る血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)となることが知られています。(4)血小板減少、(5)溶血性貧血と合わせてTTPの五徴と呼ばれます。ただし、全ての症状が揃うことは30%程度と報告されています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 分娩中の胎児仮死

    軽度精神発達異常ではこの時期は知的な遅れは認められず、筋力の低下が認められるのみで経過観察の場合が多い。この場合は遅れを治療することは非常に難しく、社会的支援が必要となる。しかし頻度としてはシャフラー(いざり児)と呼ばれる良性の発達遅延であり、その後発達が追い付き正常化する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状