Create issue ticket

考えれる18県の原因 軽度の眼筋麻痺

  • 糖尿病性自律神経障害

    糖尿病性動神経麻痺では瞳孔回避と言われる所見が特徴である。瞳孔回避では内麻痺に瞳孔開大が軽度になる。躯幹神経障害は胸腹部のデルマトームに一致した異常感覚、疼痛、感覚鈍麻を生じるもので肋間神経痛様の激しい症状がみられる。片側性のものが多い。胸髄神経根障害であり腰髄神経根障害では糖尿病性筋萎縮症となる。[ja.wikipedia.org]

  • 眼筋障害

    ヘスチャート上、右の上転制限がみられたため、右上直麻痺の疑いで11月に当科に紹介された。当科初診時,軽度の右上転制限あり。頭部MRI検査で、右下直に著明な肥厚がみられた。[ogasawara-eye-clinic.or.jp]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    糖尿病性動神経麻痺では瞳孔回避と言われる所見が特徴である。瞳孔回避では内麻痺に瞳孔開大が軽度になる。躯幹神経障害は胸腹部のデルマトームに一致した異常感覚、疼痛、感覚鈍麻を生じるもので肋間神経痛様の激しい症状がみられる。片側性のものが多い。胸髄神経根障害であり腰髄神経根障害では糖尿病性筋萎縮症となる。[ja.wikipedia.org]

  • 虚血性末梢神経障害

    糖尿病性動神経麻痺では瞳孔回避と言われる所見が特徴である。瞳孔回避では内麻痺に瞳孔開大が軽度になる。躯幹神経障害は胸腹部のデルマトームに一致した異常感覚、疼痛、感覚鈍麻を生じるもので肋間神経痛様の激しい症状がみられる。片側性のものが多い。胸髄神経根障害であり腰髄神経根障害では糖尿病性筋萎縮症となる。[ja.wikipedia.org]

  • 脳橋内出血

    緊張型頭痛、自律神経失調症、貧血、高血圧、低血圧、更年期障害、外麻痺、視力障害、脳脊髄液減少症 3)失神型めまい(立ちくらみfainting); 目の前が暗くなる失神性のめまい 起立性低血圧症(降圧剤、シャイ・ドレーガー症候群、長期臥床)、糖尿病性末梢神経障害、不整脈(アダムストークス症候群、弁膜症)、血管迷走神経反射、排尿失神、排便疾患[niigata-nogeka.or.jp] 小脳梗塞 前下小脳動脈症候群 高血圧性脳出血(橋出血, 小脳出血) 聴神経腫瘍 小脳、脳幹の腫瘍 変性疾患;脊髄小脳変性症、多発性硬化症 2)浮動性めまい(めまい感;dizziness,giddiness);フラフラする 視覚異常を伴わず、体がふらつく、体が揺れている感じ、雲の上を歩いている感じなどの体感覚を認め、平衡異常があってもごく軽度[niigata-nogeka.or.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    糖尿病性動神経麻痺では瞳孔回避と言われる所見が特徴である。瞳孔回避では内麻痺に瞳孔開大が軽度になる。躯幹神経障害は胸腹部のデルマトームに一致した異常感覚、疼痛、感覚鈍麻を生じるもので肋間神経痛様の激しい症状がみられる。片側性のものが多い。胸髄神経根障害であり腰髄神経根障害では糖尿病性筋萎縮症となる。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    必要条件 進行性の運動麻痺が四肢のうち二肢以上に存在し、程度は軽度から完全麻痺まで、体幹、球部筋、顔面筋、外筋が侵されることもある。 深部腱反射の消失。全身性が原則である診断を支持する所見 臨床所見 重要度順に 進行性 比較的対称性 軽度な知覚症状 脳神経障害:顔面神経が約50%。[ja.wikipedia.org] 四肢の腱反射低下〜消失 症状の左右対称性 軽度の感覚障害、異常感覚 脳神経麻痺(外麻痺、顔面神経麻痺、球麻痺)の存在 自律神経障害(頻脈、不整脈、血圧変動)の存在 発症時に発熱を欠く診断を支持する検査所見 末梢神経伝導検査での異常(伝導速度低下、遠位潜時延長、伝導ブロック、F波潜時延長、複合筋活動電位低下など) 発症1週間以降における蛋白細胞解離[ja.wikipedia.org]

  • ゴーシェ病

    ,角膜混濁,核上性麻痺が特徴である.心肺合併症は全ての臨床型で見られるが,頻度や重症度に差がある.[grj.umin.jp] 心臓血管型 D409Hアレルのホモ接合体患者は,大動脈弁と僧帽弁の石灰化を伴う心血管疾患を主とする非定型臨床型を呈する.加えて,軽度の脾腫,角膜混濁,核上性麻痺が見られる. 遺伝子型と臨床型の関連 有核細胞を用いた残存グルコシルセラミダーゼ酵素活性の測定値は,臨床病型や重症度と相関しない.[grj.umin.jp] 発症して精神運動面の発達遅滞を伴い,病状の急速な進行により2 4歳で死亡する症例はGD2型に分類される.2歳未満でGD3型を発症する場合もあるが,より緩徐な経過を示すことが多く,20歳代もしくは30歳代までの存命が可能な例もある.周生期致死型は魚鱗癬やコロジオン皮膚異常,もしくは非免疫性胎児水腫を伴う.心血管型は,大動脈弁と僧帽弁の石灰化,軽度脾腫[grj.umin.jp]

  • アダムス・ストークス症候群

    麻痺、心ブロック、網膜色素変性症、小脳症状を主要症状とする。 Long QT Syndrome (遺伝性QT延長症候群) 10歳までの小児で、心室性頻脈、心室細動、心停止を起こし、失神あるいは急死を生ずる。心電図ではQT延長が認められる。[sisoken.la.coocan.jp] Eisenmenger Complex (アイゼンメンゲルコンプレックス) 心室中隔欠損症で、肺血管抵抗が上昇し左右短絡が少なくなり、右左短絡が優勢になった場合、常時軽度のチアノーゼの出現をみるというもの。[sisoken.la.coocan.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    歴史 [ 編集 ] 1963年にRichardson JCは姿勢保持障害と後方への転倒、垂直性核上性麻痺軽度の認知症を主徴としさらに筋強剛、 球麻痺 を呈する症例を記載した。共同研究者のSteele JCとOlszewski Jにより病理所見が確認され進行性核上性麻痺と名付けられた。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状