Create issue ticket

考えれる299県の原因 軽度の発作

  • 膵島細胞増殖症

    低血糖は一過性で、30%は一ヶ月以内に、40%は3ヶ月以内に回復するが、一部の患者は1年以上軽度の低血糖発作が続く。80%の症例で、他の自己免疫疾患を合併する(25%にバセドウ病を合併するほか、関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・血管炎・慢性肝炎などの合併も見られる)。[ja.wikipedia.org]

  • 蕁麻疹

    数分〜数時間で消退するが、発作的に反復して発疹が起こる。発疹の特徴として、軽度の膨らみをもった「みみず腫れ」を特徴とし、医学用語では膨疹(ぼうしん)と表現する。気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死亡することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    ・睡眠時間が極端に短い場合 ・薬剤(精神安定剤・睡眠剤・抗ヒスタミン剤)などを服用している場合 ・睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群・発作性睡眠) ・外傷、中毒、脳血管障害、脳炎、代謝障害、脳腫瘍などの疾患 なお、嗜眠より軽度な症状には、昏蒙や傾眠がある。また、症状が悪化すると、昏眠、昏睡となる。[job.nikken-mc.jp]

  • 過換気

    また、血管が収縮してしまい、軽度の場合は手足の痺れ、重度の場合は筋肉が硬直する。それらが悪循環になって 発作 が重くなる。 症状 [ 編集 ] 過換気症候群によって引き起こされる症状には以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    また、血管が収縮してしまい、軽度の場合は手足の痺れ、重度の場合は筋肉が硬直する。それらが悪循環になって 発作 が重くなる。 症状 [ 編集 ] 過換気症候群によって引き起こされる症状には以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org] また、血管が収縮してしまい、軽度の場合は手足の痺れ、重度の場合は筋肉が硬直する。 それらが悪循環になって発作がひどくなっていく。 過呼吸の症状 過換気症候群によって引き起こされる症状には以下のようなものがある。[rurikou.jp] 成人喘息のファクト 診断の手引き 典型的な発作を繰り返す患者では、診断は困難ではない。しかし、発症初期で症状に喘鳴や呼吸困難を認めない軽度な状態では診断に苦慮することが少なくない。診断の遅れは治療・管理の遅れの原因となり、喘息の慢性化、重症化の原因となる可能性がある。[dokkyomed.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    なかでもエンテロウイルスD68という型に感染した場合、軽度な場合は発熱や鼻汁、重度の場合は喘息のような発作から肺炎など呼吸器疾患を引き起こします。アメリカでは2014年に1000人以上が感染し、14人が死亡したとされています。また、日本でも体の麻痺を起こした患者からD68が検出された例があり、弛緩性麻痺との関連も疑われています。[healthcare.omron.co.jp]

  • 脊柱側弯症

    あり(1点) 脊髄症状 軽度脊髄症状 あり(2点) 高度脊髄症状 あり(4点) 重症度分類 Score合計 日常生活 社会生活 Stage0 Stage1 Stage2 Stage3 Stage4 0 1 2 3 4以上 ほとんど問題ない 軽度の問題あり 軽度の問題あり 問題あり 支障が大きい ほとんど問題ない 軽度の問題あり 問題あり[nanbyou.or.jp] 100dB以上 あり(2点) 顔面神経麻痺 一側麻痺 あり(1点) 両側麻痺 あり(2点) 小脳失調 あり(1点) 一側又は両側顔面知覚低下 あり(1点) 嚥下障害又は構音障害 あり(2点) 複視 あり(1点) 視力障害 一側失明 あり(2点) 両側失明 あり(4点) 半身麻痺 あり(2点) 失語 あり(2点) 記銘力低下 あり(1点) 痙攣発作[nanbyou.or.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    なかでもエンテロウイルスD68という型に感染した場合、軽度な場合は発熱や鼻汁、重度の場合は喘息のような発作から肺炎など呼吸器疾患を引き起こします。アメリカでは2014年に1000人以上が感染し、14人が死亡したとされています。また、日本でも体の麻痺を起こした患者からD68が検出された例があり、弛緩性麻痺との関連も疑われています。[healthcare.omron.co.jp]

  • 血栓症

    症状の程度は軽度から心臓発作のような重症のものまで様々ですが、急性肺動脈血栓塞栓症になると胸痛、失神、呼吸困難、心拍数の増加、意識消失などがあります。 危険性 下記は飛行機でエコノミークラス症候群を起こす危険性が高くなると言われています。[japantravelclinic.com]

  • 片頭痛

    比較的軽度発作では、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)やアセトアミノフェンが用いられます。片頭痛の患者さんではこのような急性期治療薬を使用しすぎると頭痛が悪化したり、慢性化したりすることがあります。これを「薬剤使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛, MOH)」と呼びます。[neurology-jp.org] ①頭痛を感じたら早めに飲む 片頭痛専用の痛み止めの服用のタイミングは、 頭痛が軽度 か、もしくは片頭痛発作早期( 発症より1時間ぐらいまで )が効果的です。我慢できなくなってからの内服や、痛くなりそうな気がする時(片頭痛前兆期・予兆期)に内服してしまうと、薬が適切に効かず、痛みが治りにくい状態になってしまうことがあります。[shinkawabashi.or.jp] しばしば参考になる臨床所見非発作時にも部分的な痛みが持続することがある。これをトリガーポイントという。 発作中に軽度の意識障害や集中力の低下が認められることがある。 もともと血圧が低めである。めまい、軟便、下痢などの消化器症状が日常的に認められる。 低血圧の女性が多く見られる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状