Create issue ticket

考えれる31県の原因 軽度の痙縮

  • 内側性硬化症

    よくみられる症状には,視覚および眼球運動異常,錯感覚,筋力低下,,排尿機能障害,軽度認知障害などがある。典型的には複数の神経脱落症状がみられ,寛解と増悪を繰り返しながら,次第に能力障害を来す。診断には,時間的・空間的に独立した複数の特徴的な神経病変(部位は中枢神経系)を示す臨床所見またはMRI所見を必要とする。[msdmanuals.com]

  • 脳性麻痺

    下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。[twmu.ac.jp] 下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。 手術の実際 SDR はその歴史から,いくつかのバリエーションが存在します。[twmu.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    遺伝性痙性対麻痺 (HSP)の特徴は,潜行性に進行する下肢の筋力低下とである.神経障害が下肢の進行性の筋力低下と,緊張性膀胱,下肢振動覚の軽度障害(位置覚障害を伴うこともある)に限定されている場合,「純粋型」(uncomplicated)HSPに分類される.他器官の症状や,痙攣発作,認知症,筋萎縮,錐体外路症状,末梢性ニューロパチー[grj.umin.jp] BSCL2遺伝子関連神経疾患に該当するものは,シルバー症候群,シャルコー・マリー・トゥース病2型,遠位型遺伝性運動性ニューロパチーV型,痙性対麻痺17型(SPG17)である.これらの疾患の特徴は,緩徐進行性,上位運動ニューロン障害(すなわち,下肢の反射亢進や様々な程度の伸展性足底反応を伴う軽度から重度のといった錐体路症状による歩行障害)[grj.umin.jp]

  • 三角頭蓋

    その他 脳性麻痺やその他の脳障害後の痙縮 脳性麻痺をはじめとする脳の重篤な障害をお持ちのお子様は、時間とともに手足や体幹の筋緊張が増加する「」が生じてきます。軽度はリハビリテーションやお薬でコントロールしますが、重度の場合は手術が有効なことがあります。[ibaraki-kodomo.com]

  • 対麻痺

    下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。[twmu.ac.jp] 下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。 手術の実際 SDR はその歴史から,いくつかのバリエーションが存在します。[twmu.ac.jp]

  • 筋痙縮

    下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。[twmu.ac.jp] 下肢の軽度で片側の場合には SPN を考慮します。2009 年に策定された脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 12 )では,SDR は GMFCS レベル 3 と 4 の機能を有する 3 8 歳の小児に対して,グレード B で推奨されています。 手術の実際 SDR はその歴史から,いくつかのバリエーションが存在します。[twmu.ac.jp]

  • 新生児頭蓋内出血

    その他 脳性麻痺やその他の脳障害後の痙縮 脳性麻痺をはじめとする脳の重篤な障害をお持ちのお子様は、時間とともに手足や体幹の筋緊張が増加する「」が生じてきます。軽度はリハビリテーションやお薬でコントロールしますが、重度の場合は手術が有効なことがあります。[ibaraki-kodomo.com]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    コネキシン46.6をコードするGJC2(旧名:GJA12)遺伝子の変異により,早発性の眼振,運動機能の発達遅滞,運動失調,進行性,部分発作,軽度末梢性ニューロパチー,びまん性白質ジストロフィーを示すMRI所見を特徴とする常染色体劣性症候群が生じることがわかった[Uhlenberg et al 2004, Bugiani et al 2006[grj.umin.jp]

  • タブン中毒

    症状は軽度として、発汗、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまいなど、中度として視力減退、瞳、顔面蒼白、縮、血圧上昇、言語障害、興奮、錯乱など、重度として失禁、縮瞳、肺水腫、呼吸困難、呼吸筋麻痺、意識混濁、昏睡、全身痙攣等を起こし場合によっては死亡します。 イラン・イラク戦争ではイラクがイラン軍とクルド人に対しサリンを使用しました。[ncode.syosetu.com]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    遺伝性痙性対麻痺 (HSP)の特徴は,潜行性に進行する下肢の筋力低下とである.神経障害が下肢の進行性の筋力低下と,緊張性膀胱,下肢振動覚の軽度障害(位置覚障害を伴うこともある)に限定されている場合,「純粋型」(uncomplicated)HSPに分類される.他器官の症状や,痙攣発作,認知症,筋萎縮,錐体外路症状,末梢性ニューロパチー[grj.umin.jp] BSCL2遺伝子関連神経疾患に該当するものは,シルバー症候群,シャルコー・マリー・トゥース病2型,遠位型遺伝性運動性ニューロパチーV型,痙性対麻痺17型(SPG17)である.これらの疾患の特徴は,緩徐進行性,上位運動ニューロン障害(すなわち,下肢の反射亢進や様々な程度の伸展性足底反応を伴う軽度から重度のといった錐体路症状による歩行障害)[grj.umin.jp]

さらなる症状