Create issue ticket

考えれる101県の原因 軽度の構音障害

  • 寒冷暴露

    臨床症状 1)軽度低体温: 中枢神経の抑制,健忘,無気力,障害,運動失調など.シバリング,末梢血管収縮による血圧上昇,心拍数上昇,高血糖,過呼吸,酸素消費量低下. 2)中等度低体温: 進行性の意識レベル低下,散瞳,軽度徐脈,心拍出量・血圧低下.震えは消失して不整脈(心房細動,房室ブロック,心室性期外収縮など)が頻発.QT間隔延長,J波([kotobank.jp] 分類 核心温により,軽度(核心温35 32 ),中等度(32 28 ),重度(28 未満)の3段階に分類される.[kotobank.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    一方、ラクナと呼ばれる小梗塞が両側半球に少しずつ多発し、パーキンソ症候群(パーキンソン病とは異なりますが、症状が似ているためこう呼ばれます)や、偽性球麻痺(嚥下障害障害)、軽度の認知症が緩徐に生じる多発性脳梗塞/多発性小窩状態も多くみられます。後者の臨床診断はしばしば見過ごされることがあるので注意が必要です。[lab.toho-u.ac.jp] 症状は片麻痺や障害などであるが、軽度または限定されたものであることが多く、まったく無症状であることも多い。 意識障害 を認めることはほとんどなく、 失語症 、 半側空間無視 、病態失認といった神経心理学的な症候(皮質症候)も通常は見られない。[ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症

    症状は片麻痺や障害などであるが、軽度または限定されたものであることが多く、まったく無症状であることも多い。 意識障害 を認めることはほとんどなく、 失語症 、 半側空間無視 、病態失認といった神経心理学的な症候(皮質症候)も通常は見られない。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    四肢に多く顔面にも見られ、軽度障害も来す。意識は保たれるが、前兆として皮膚の蟻走感が生じる(6人)。5秒から2分の発作で1日に1 20回見られる。強いと立っていられなくなるが、わずかに気付かれるほどの軽いものもある。片側、両側ともにある。突然の運動により引き起こされることが多いが、過呼吸でも寒冷、緊張感でも生じうる。[nanbyou.or.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    から中等度 ︎2:重度の失語  ︎3:無言、全失語 10.障害 ︎9:挿管または身体的障壁 ︎0:正常 ︎1:軽度から中等度 ︎2:重度 11.消去現象と注意障害 ︎0:異常なし ︎1:視覚、触覚、聴覚、視空間、または自己身体に対する不注意、 あるいは1つの感覚様式で2点同時刺激に対する消去現象 ︎2:重度の半側不注意あるいは2つ以上の[bsd.neuroinf.jp] 秒間保持できる(下垂なし) ︎1:30度を保持できるが、5秒以内に下垂 ︎2:重力に抗して動きがみられる ︎3:重力に抗して動かない ︎4:全く動きがみられない 7.運動失調 ︎9:切断、関節癒合 ︎0:なし ︎1:1肢 ︎2:2肢 8.感覚 ︎0:障害なし ︎1:軽度から中等度 ︎2:重度から完全 9.最良の言語 ︎0:失語なし ︎1:軽度[bsd.neuroinf.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1G型

    LGMD1型(常染色体優性遺伝形式) 病型名 発症時期 四肢以外の 筋力低下 呼吸 心筋障害 筋肉以外の症状 血清CK LGMD1A 成人 顔面 障害 呼吸不全 関節拘縮(足首) 正常 軽度上昇 LGMD1B 小児 成人 心伝導障害 不整脈 心不全 関節拘縮 (肘・足首・脊椎など) リポジストロフィー (脂肪萎縮症) シャルコー・マリー・トゥース[mdcst.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2U型

    LGMD1型(常染色体優性遺伝形式) 病型名 発症時期 四肢以外の 筋力低下 呼吸 心筋障害 筋肉以外の症状 血清CK LGMD1A 成人 顔面 障害 呼吸不全 関節拘縮(足首) 正常 軽度上昇 LGMD1B 小児 成人 心伝導障害 不整脈 心不全 関節拘縮 (肘・足首・脊椎など) リポジストロフィー (脂肪萎縮症) シャルコー・マリー・トゥース[mdcst.jp]

  • 大脳基底核出血

    軽度の運動障害 、 感覚障害 、 障害 が見られますが、意識障害や皮質症状(失語、失行、失認など)は見られません。 MRIやCTにより、診断を行います。ラクナ梗塞の治療には、血栓の増大、梗塞巣の拡大防止、再発予防に効果的な抗血小板療法を用います。[kango-oshigoto.jp] 全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・錐体路徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp] 大脳基底核、内包、視床、橋などの穿通枝領域に発生し、軽度の運動障害、感覚障害、障害などを呈する疾患です。 詳しく説明すると 脳血管障害には、多くの疾患があります。気温が低くなると、脳血管障害の患者さんが徐々に増えてきますね。脳血管障害を理解するためには、解剖生理が非常に重要になっていきます。[kango-oshigoto.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    一方、ラクナと呼ばれる小梗塞が両側半球に少しずつ多発し、パーキンソ症候群(パーキンソン病とは異なりますが、症状が似ているためこう呼ばれます)や、偽性球麻痺(嚥下障害障害)、軽度の認知症が緩徐に生じる多発性脳梗塞/多発性小窩状態も多くみられます。後者の臨床診断はしばしば見過ごされることがあるので注意が必要です。[lab.toho-u.ac.jp] 症状は片麻痺や障害などであるが、軽度または限定されたものであることが多く、まったく無症状であることも多い。 意識障害 を認めることはほとんどなく、 失語症 、 半側空間無視 、病態失認といった神経心理学的な症候(皮質症候)も通常は見られない。[ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・錐体路徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状