Create issue ticket

考えれる7県の原因 軽度の椎体異常

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    2016年4月12日 理化学研究所 横浜市立大学 東京医科歯科大学 -異常な骨密度上昇のメカニズムを解明- この発表資料を分かりやすく解説した「 60秒でわかるプレスリリース 」もぜひご覧ください。 要旨 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームの池川志郎チームリーダー、飯田有俊上級研究員、横浜市立大学学術院医学群の松本直通教授、東京医科歯科大学大学院の中島友紀教授らの共同研究グループ ※ は、骨密度が異常に上昇する骨硬化性骨幹端異形成症の原因遺伝子の1つ 「 LRRK1 」 [1] を発見しました。さらに、 LRRK1 の機能喪失変異により、骨吸収作用を担っている[…][riken.jp]

  • 肺発育不全と形成異常

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 大腿骨発育不全 - 大腿骨形成不全

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 先天性皮膚形成不全

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 骨幹端再発異形成

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 四肢先端中部異形成

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 免疫骨形成異常

    脊椎骨端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵形の,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

さらなる症状