Create issue ticket

考えれる3県の原因 軽度の委縮症

  • 筋萎縮性側索硬化症

    筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨幹端再発異形成

    左後肢には膝蓋骨内方脱臼(グレードII)の併発があり、重度の筋委縮が認められる。 右:両側の大腿骨頭および骨頚には軽度の変形性関節が認められ、レッグペルテス病と診断された。 左:両側の骨頭切除術、左側のMPLの矯正術を受けた。[www010.upp.so-net.ne.jp]

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    左後肢には膝蓋骨内方脱臼(グレードII)の併発があり、重度の筋委縮が認められる。 右:両側の大腿骨頭および骨頚には軽度の変形性関節が認められ、レッグペルテス病と診断された。 左:両側の骨頭切除術、左側のMPLの矯正術を受けた。[www010.upp.so-net.ne.jp]

さらなる症状