Create issue ticket

考えれる4県の原因 軽度の委縮症

  • 筋萎縮性側索硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 筋萎縮性側索硬化症とは 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか[…][nanbyou.or.jp]

  • 肢端大腿骨頭異形成

    左後肢には膝蓋骨内方脱臼(グレードII)の併発があり、重度の筋委縮が認められる。 右:両側の大腿骨頭および骨頚には軽度の変形性関節が認められ、レッグペルテス病と診断された。 左:両側の骨頭切除術、左側のMPLの矯正術を受けた。[www010.upp.so-net.ne.jp]

  • 骨幹端再発異形成

    左後肢には膝蓋骨内方脱臼(グレードII)の併発があり、重度の筋委縮が認められる。 右:両側の大腿骨頭および骨頚には軽度の変形性関節が認められ、レッグペルテス病と診断された。 左:両側の骨頭切除術、左側のMPLの矯正術を受けた。[www010.upp.so-net.ne.jp]

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    左後肢には膝蓋骨内方脱臼(グレードII)の併発があり、重度の筋委縮が認められる。 右:両側の大腿骨頭および骨頚には軽度の変形性関節が認められ、レッグペルテス病と診断された。 左:両側の骨頭切除術、左側のMPLの矯正術を受けた。[www010.upp.so-net.ne.jp]

さらなる症状