Create issue ticket

考えれる56県の原因 軽度の低酸素血症

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺水腫

    血液ガスではpH 7.372、PCO 2 40.1 mmHg、PO 2 58.4 mHg、HCO3 22.7 mmol/Lと酸素が認められ、血液検査では、WBC 11,700/µL、CRP 0.60 mg/dLと軽度の炎症反応がみられるものの、明らかな心電図や心エコー検査の異常はなく、心原性肺水腫を示唆する所見はみられなかった。[imic.or.jp] 心筋自体は酸素には強く、正常心筋は PaO2 30mmHgにも耐える。血圧は、交感神経系が緊張することにより軽度上昇するが、有意な変化ではない。最も重要な心血管系の変化は、肺血管の収縮である。この反応が強いと高地肺水腫(HAPE)へと進展する。また、低酸素血症に対して脳血流は増加し脳圧が上昇する。[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 肺気腫

    -コアフコース糖鎖の減少による肺胞破壊をマウスを用いて確認- ポイント 喫煙がコアフコース糖鎖を作り出す酵素「Fut8」の合成・活性を低下 コアフコース糖鎖の減少がタンパク質分解酵素の過剰活性化による肺胞破壊を引き起こす COPDの予防、早期診断、治療薬の開発の知見として期待 要旨 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、喫煙により コアフコース糖鎖 ※1[…][riken.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 ある種の肺炎はワクチンによって予防可能である。他の方法には、手洗い、禁煙などがある。治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺塞栓症

    第2894号 2010年9月6日 それで大丈夫? ERに潜む落とし穴 【第7回】 呼吸器:肺塞栓症 志賀隆 (Instructor, Harvard Medical School/MGH救急部) ( 前回よりつづく ) わが国の救急医学はめざましい発展を遂げてきました。しかし,[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間質性肺疾患

    抄録 呼吸リハビリテーション(以下,呼吸リハ)目的で入院した比較的重症の間質性肺疾患患者12名を対象に,呼吸リハの効果を肺機能,運動能力,ADLだけでなく,SF-36とSGRQを用い,心理的側面からも検討した.その結果,ADLは改善(p 0.05),SF-36は部分的に改善がみられ,SGRQの合計は改善が認められなかった.今後,重症間質性肺疾患患者に対する呼吸リハの方法およびQOL評価の検討が必要と考えられた.[doi.org]

  • 気胸

    気胸(ききょう、Pneumothorax)は、何らかの理由で肺の空気が胸腔内へ漏れ出し、その空気が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態である。 多くは自然気胸(原発性自然気胸 Primary spontaneous pneumothorax および続発性自然気胸 Secondary spontaneous pneumothorax)で、肺胞の一部が嚢胞化したもの(ブラ Bulla)や胸膜直下に出来た嚢胞(ブレブ Bleb)が破れ、吸気が胸腔に洩れる事でおこる。胸痛をきっかけに受診することが多い。知名度が低いため、喘息などと勘違いして放置されることもあるが、それほど珍しい病気ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺線維症

    第3268号 2018年4月9日 身体所見 画像 エビデンスで迫る 呼吸器診療 肺病変は多種多彩。呼吸器診療では,「身体所見 画像 エビデンス」を駆使する能力が試されます。CASEをもとに,名医の思考回路から“思考の型”を追ってみましょう。 [第10回]特発性肺線維症を考える 皿谷 健 (杏林大学呼吸器内科 講師) ( 前回からつづく ) CASE[…][igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状