Create issue ticket

考えれる41県の原因 軽度のトランスアミナーゼ上昇

  • 薬物性特有の肝炎

    C17 アルキル化ステロイドで、軽度トランスアミナーゼ上昇や胆汁うっ滞を主とする肝障害を起こすことがあるが、ALP の上昇は非常に軽度である。肝組織ではzone 3 を中心とした胆汁うっ滞像を認める。毛細胆管レベルでの胆汁分泌障害が原因とされる。[naoru.com]

  • 肝炎

    上昇,軽度の黄疸を認め,心内膜炎,腎障害,急性膵炎を併発し,肝組織では小葉内に巣状壊死が散在し,中心静脈周囲にも壊死が認められた.後者でも重篤な肝障害と血小板減少がみられ,肝組織像はbridging necrosisを示していた.アルコール摂取と絶食のために,少量のアセトアミノフェン服用にもかかわらず,予想以上に肝障害が重症化したと考えられ[doi.org] トランスアミナーゼ上昇軽度で、肝の予備能が明らかに低下している肝硬変まで至らないような状況である場合は、この所見は非常に重要となる。IgG、IgMを測れば良いのであるが測定に簡便さという点で、ZTTやTTTがよく利用される。TTTは血清IgM量を、ZTTは血清IgG量を反映する。[ja.wikipedia.org] 最近,教室では,少量のアセトアミノフェンの服用にもかかわらず,重症肝障害を生じた2例を経験したので報告した.患者は38歳の男性と31歳の女性である.アセトアミノフェン服用量は,それぞれ,3.7gと6.4gで,いずれも嘔吐,腹痛,全身倦怠感を訴えて入院した.本剤服用時,前者はアルコールを摂取し,後者は絶食状態であった.検査上,前者は著明な血清トランスアミナーゼ[doi.org]

  • 突発性発疹

    白血球増多はみられず、CRP上昇もないか、あっても極軽度である。極軽度トランスアミナーゼ上昇がみられることがある。 ウイルス感染に対する一般的な検査法は、血清抗体価測定である。HHV-6,7各々に、IgG,IgM抗体を測定できる。[ja.wikipedia.org] 炎症の指標であるCRP上昇もほとんどなく、上昇しても軽度です。軽度トランスアミナーゼ(GOT,GPTなど)上昇が認められることがあります。 鑑別診断としてエンテロウイルス感染症があります 突発性発疹の治療 突発性発疹にはワクチンがないため予防法はありません。基本的には予後良好な疾患であり特別な治療法はありません。[tajimaclinic.yokohama]

  • 手掌膿瘍

    入院時の血液検査では、トランスアミナーゼ値、膵酵素の上昇を認めた。腹部造影CTでは、軽度の膵腫大と腹水貯留を認めた。以上から急性膵炎と診断し、絶飲食とした上で、Ulinastain, H2 blockerの投与を開始し経過観察を行った。入院翌日(第6病日)、発熱が続き、腹痛も改善を認めなかった。[jskd.jp]

  • アルコール性肝疾患

    多くの急性肝炎は、自己回復の傾向を示す疾患であり、最も軽度の場合は、何ら臨床症状を伴わず、血清トランスアミナーゼ値の上昇だけがみられることがあります。しかし、一部に重症肝炎、劇症肝炎に進展する症例があり、“致命的になり得る疾患”としての認識が必要です。[nagaki-clinic.jp] 臨床症状・臨床所見 アルコールの過飲により最初に起こる疾患は脂肪肝であり,大量飲酒者のほとんどに認められる.症状はほとんどなく,AST,ALTが軽度上昇する例が認められる.[kotobank.jp] アルコール性肝炎は,飲酒量の増加を契機に発症し,AST優位の血清トランスアミナーゼの上昇や黄疸を認める.著明な 肝腫大 ,腹痛,発熱,末梢血白血球数の増加,ALPやγ-GTPの上昇を認めることが多い.このような所見を伴う場合,臨床的アルコール性肝炎として取り扱う.一部のアルコール性肝炎では,禁酒しても肝腫大などアルコール性肝炎の症状が持続するものもあり[kotobank.jp]

  • 右心不全

    うっ血肝(passive liver congestion)で最も頻繁にみられる異常検査所見は胆道系(g-GTP,ALP,ビリルビン)の肝酵素異常であり、 心拍出量の高度の低下を伴わない限りトランスアミナーゼ上昇軽度に留まることが多い。[ameblo.jp]

  • 非乏尿性腎不全

    上昇、のどのかわき、はきけ、ふらつき、ふらつき感、ボッーとする感じ、BUN・クレアチニン軽度上昇、GOT上昇、GPT上昇、nonpigmenting fixed drug eruption 48 alprostadil 12 下痢、下腹部痛、低血圧、全身のほてり、動脈管拡大、嘔吐、嘔気、悪心、手指、足趾の発赤腫脹、点滴静注時血圧降下・全身的異和感[selimic.imic.or.jp] 異常、Cre異常、GOT異常、hyperglycemia、moon face、Moon face、T-Bil異常 45 ofloxacin 13 下痢、便秘、口腔内乾燥感、嘔吐、嘔気、好中球増多、好酸球増多、急性尿細管間質腎炎、気分不快、肝機能異常、胃のもたれた感じ、胃部不快感、腹痛、腹部症状、腹鳴、舌のしびれ感、軟便、頭重感、食思不振、トランスアミナーゼ[selimic.imic.or.jp]

  • 大結節性肝硬変

    多くの急性肝炎は、自己回復の傾向を示す疾患であり、最も軽度の場合は、何ら臨床症状を伴わず、血清トランスアミナーゼ値の上昇だけがみられることがあります。しかし、一部に重症肝炎、劇症肝炎に進展する症例があり、“致命的になり得る疾患”としての認識が必要です。[nagaki-clinic.jp]

  • アルコール性胃炎

    非アルコール性脂肪肝疾患 の症状 ほとんどが無症状 非アルコール性脂肪肝疾患の検査 ・血液検査 トランスアミナーゼ軽度上昇(アルコール性脂肪肝 AST優位、NAFLD ALT優位)、コリンエステラーゼ(ChE)上昇、総コレステロール(T.Chol)あるいは中性脂肪上昇、肝炎ウイルスマーカー陰性、自己抗体陰性 ・画像検査 超音波検査 肝腎・肝脾[matsubara-clinic.jp]

  • 原発性硬化性胆管炎

    トランスアミナーゼ上昇軽度で、肝の予備能が明らかに低下している肝硬変まで至らないような状況である場合は、この所見は非常に重要となる。IgG、IgMを測れば良いのであるが測定に簡便さという点で、ZTTやTTTがよく利用される。TTTは血清IgM量を、ZTTは血清IgG量を反映する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状