Create issue ticket

考えれる1県の原因 軽度から中度の成長不足

  • コンラーディ・ヒューネルマン症候群

    さて、本日は着床前診断の中でも単一遺伝疾患を診断できるPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法についてご紹介いたします。 PCR法とは? PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法は、DNA増幅とも呼ばれており、受精卵から取り出した1つの細胞から核を取り出し、DNAを増幅させて検査を行う方法です。ごく少量のDNAから、特定のDNAを選択的に大量に複製することができるので、特定の遺伝子疾患があるかどうかの識別を行うことが可能になります。 この検査は、優性疾患、劣性疾患を含む単一遺伝子疾患を診断するために用いられます。 単一遺伝疾患とは?[…][ivf.seesaa.net]

さらなる症状