Create issue ticket

考えれる5県の原因 軸索型ニューロパチー

  • ギラン・バレー症候群

    当初 Chinese paralytic syndrome と命名されたこの疾患は末梢神経に脱髄やリンパ球浸潤を伴わず、変性が認められ1993年にacute motor axonal neuropathy(AMAN、急性運動ニューロパチー)として認識された。[ja.wikipedia.org] 他の病には、感覚障害を伴うAMSAN(acute motor-sensory axonal neuropathy、急性運動感覚性ニューロパチー)、フィッシャー症候群などが知られている。特にイタリアではGBSの35%がフィッシャー症候群と地域差が認められ、このフィッシャー症候群は、ギラン・バレー症候群の亜型と考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    症候性は腫瘤(急性、亜急性)とミオパチー(慢性)に分かれる。末梢性ニューロパチーを合併することもあり、その多くは障害であるが、脱髄の報告もある。慢性ミオパチーでは筋ジストロフィーや皮膚筋炎に類似しびまん性の筋力低下や筋萎縮が認められる。腫瘤の画像所見としてはT2強調画像、T1強調画像どちらでも周辺が高信号、中心が低信号を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    巨大ニューロパチーでは ボルフィリン症 や家族性アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。ポルフィリン症には急性間欠性ポルフィリン症、遺伝性コプロポルフィリン症、異ポルフィリン症が知られている。家族性アミロイドポリニューロパチーではトランスサイレチン関連、ゲルゾリン関連、アポリポ蛋白A1関連が知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    変性性ニューロパチーの場合は障害する神経線維の選択性が認められることがある。大径線維優位はAβ線維の障害のため深部感覚の障害が目立つ。特に後根神経節に病変の主座がある場合は感覚失調を伴う。こういった病気はPNSやシェーグレン症候群が知られている。小径線維優位型AδおよびC線維の表在感覚や自律神経障害が目立ち、痛みを伴うことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    巨大ニューロパチーではボルフィリン症や家族性アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。ポルフィリン症には急性間欠性ポルフィリン症、遺伝性コプロポルフィリン症、異ポルフィリン症が知られている。家族性アミロイドポリニューロパチーではトランスサイレチン関連、ゲルゾリン関連、アポリポ蛋白A1関連が知られている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状