Create issue ticket

考えれる119県の原因 転移性カルチノイド腫瘍

  • 再発小細胞肺癌

    それは悪性カルチノイド( malignant carcinoid ) 、転移気管支腺腫 ( metastasizing bronchial adenoma) 、多型性カルチノイド ( pleomorphic carcinoid) 、非良性カルチノイド腫瘍 ( nonbenign carcinoid tumor) 、非定型カルチノイド ([akiba.gr.jp]

  • 肝転移

    転移性肝癌の原発巣としては、臨床上頻度が高いのは消化器癌 (大腸癌,胃癌,膵癌,胆管癌など)であり、このほか乳癌,肺癌,頭頸部癌,婦人科癌(子宮癌や卵巣癌),腎癌などのほか、平滑筋肉腫、カルチノイド、神経内分泌腫瘍の肝転移を認めることもあります。 大腸癌以外の疾患の肝転移に対する肝切除の有効は、必ずしも明らかにはなっていません。[osaka-med.ac.jp]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 甲状腺髄様癌

    トップ No.4704 差分解説 多発性内分泌腺腫症2型:遺伝性甲状腺髄様癌に対する予防的手術 多発性内分泌腺腫症2型(multiple endocrine neoplasia type 2:MEN2)は癌原遺伝子RETの変異によって甲状腺髄様癌,副腎褐色細胞腫,そして副甲状腺機能亢進症を発症する常染色体優性遺伝疾患である。中でも,甲状腺髄様癌は浸透率が高く生命予後にも関わるため,その早期発見・治療が重要である。[…][jmedj.co.jp]

  • 転移性肺腫瘍

    てんいせいはいしゅよう 概要 がんはいろいろな臓器(例えば脳、肝臓、そして肺など)に転移します。肺は大量の血液が流れるフィルターのような臓器ですから、いろいろな臓器に発生したがん(例えば、胃がんや大腸がん、乳がんなど)が転移しやすい臓器です。 もちろん肺にもがんは発生します。これを肺から発生したがんという意味で、原発性肺がんといいます。一方ほかの臓器のがんが肺に転移してできたものを、転移性肺腫瘍と呼びます。 症状[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • VIP産生腫瘍

    6.消化管神経内分泌腫瘍に本剤を使用する際には、関連文献(「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議 公知申請への該当に係る報告書:オクトレオチド酢酸塩(カルチノイド腫瘍のうち、無症候かつ切除不能な転移性腫瘍)」等)を熟読する。[medical.nikkeibp.co.jp] 一部の患者では,潜在転移病変(画像検査で検出されない腫瘍)が最初の段階で認められる.[grj.umin.jp] カルチノイド腫瘍 長期作用型ソマトスタチン誘導体がカルチノイド症候群にともなう症状を軽減するが[Tomassettiら2000],悪性化リスクは変化しない[Schnirerら2003].したがって,カルチノイドに対する治療は可能であれば外科切除である.[grj.umin.jp]

  • 転移性肝癌

    転移性肝癌の原発巣としては、臨床上頻度が高いのは消化器癌 (大腸癌,胃癌,膵癌,胆管癌など)であり、このほか乳癌,肺癌,頭頸部癌,婦人科癌(子宮癌や卵巣癌),腎癌などのほか、平滑筋肉腫、カルチノイド、神経内分泌腫瘍の肝転移を認めることもあります。 大腸癌以外の疾患の肝転移に対する肝切除の有効は、必ずしも明らかにはなっていません。[osaka-med.ac.jp]

  • 悪性カルチノイド症候群

    本試験の目的は、オクトレオチドに類似したβ線放射ソマトスタチンアナログの90Y-edoctreotide が転移カルチノイド腫瘍の症状を緩和するかどうかを評価することにあった。対象には、以下の条件を満たす患者集団である。[natureasia.com] 転移疾患であるにもかかわらず,これらの腫瘍の成長は遅く,10 15年の生存も珍しくない。 治療 原発カルチノイドは切除により治癒することが多い。肝転移のある患者の場合,腫瘍減量手術により治癒はしないが症状が緩和する可能があり,場合によっては生存期間が延長する。[msdmanuals.com] がんが血液中に侵入し、血管を通って体内の他の部位へ移動して、そこで腫瘍転移腫瘍)を形成します。 転移腫瘍は、原発腫瘍と同じ種類の腫瘍です。例えば、消化管カルチノイドが 肝臓 に転移した場合、肝臓にできた腫瘍細胞は、実際は消化管カルチノイドの細胞です。この疾患は転移消化管カルチノイドであり、 肝がん ではありません。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 膵島細胞腫瘍

    膵島細胞腫瘍について 膵臓を構成する細胞である膵島に生じる 腫瘍 の総称 膵島には、 血糖 や胃の消化を調整する ホルモン を分泌する細胞が複数ある その膵島に腫瘍ができると、ホルモンが過剰に分泌されてしまうことがあり、それぞれのホルモンごとの症状が生じる 腫瘍の分類 インスリノーマ インスリン をつくる細胞に発生する腫瘍 インスリン:血液の糖濃度を下げるホルモン ガストリノーマ ガストリンをつくる細胞に発生する腫瘍 ガストリン:胃の消化を助けるホルモン グルカゴノーマ グルカゴンをつくる細胞に発生する腫瘍 グルカゴン:血糖値を高めるホルモン ホルモンをつくらない細胞にできる腫瘍もある[…][medley.life]

  • 褐色細胞腫

    褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ、Pheochromocytoma)は、腫瘍組織型の1つで、副腎髄質や傍神経節から発生するカテコールアミン産生腫瘍。統計的理由から俗に「10%病」とも言い、症状から俗に「5H病」とも言う。副腎外の傍神経節から発生した腫瘍を傍神経節腫、またはパラガングリオーマ (英語版)と呼ぶことがある。 副腎髄質や傍神経節に発生するカテコールアミン産生腫瘍である。クロム親和性細胞から発生する。良性と悪性が存在し良性の予後は良好だが、悪性の早期診断法と有効な治療法の確立が必要な難治性疾患である。副腎を摘出しても、副腎外で何度も再発することがある。二次性高血圧の1つ。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状