Create issue ticket

考えれる1,416県の原因 転倒

  • 急性アルコール中毒

    、低血圧 頭痛、不穏、めまい、目のかすみ 嘔気・嘔吐、口渇 脱力、低血圧、起立性低血圧(急に座ったり立ち上がったりしたときに起こる失神) など 記憶の抜け落ち(ブラックアウト) 泥酔中の失態について後で思い出せない アルコール性低血糖 18時間以上の飢餓状態の後に大量の飲酒をすると、低血糖が起こる 他にも、筋肉の壊死や胃の出血による吐血、転倒[asahibeer.co.jp] また死亡には至らなくとも足下のふらつきなどによって転倒したり、電車や車にひかれる、海や川でおぼれる、もうろう状態で行った言動によってトラブルに巻き込まれるなど、さまざまな危険性が高まります。 一般に若年者・女性・高齢者・ 飲酒後に顔の赤くなるタイプの人 はアルコールの分解が遅いため、飲酒によるリスクが高まります。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 酔いつぶれた人を一人にしない:窒息や転落・転倒、水死、凍死、交通事故など、どんな事故が起こるか分かりません。「寝ているから大丈夫だろう」と安易に考えるのは大変危険です。必ず酔っていない人が傍にいるようにしましょう。特に気温の低い時には、低体温症から凍死しやすくなります。 2.[t-pec.co.jp]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    酒害者の身体的問題 ・肝障害(肝炎) ・肝硬変 ・胃炎 ・胃潰瘍 ・十二指腸潰瘍 ・心臓病 ・吐き気 ・嘔吐 ・吐血 ・下痢 ・転倒 ・歩行困難 ・手足がしびれる ・手指のふるえ ・不眠 ・冷汗 ・尿失禁 ・大便失禁 ・発熱 ・けいれん発作 ・高血圧 ・糖尿病 ・痛風 ・膵炎(すいえん) ・インポテンツ ・栄養問題(食欲不振、体力低下) ・[www2.gunmanet.ne.jp] また、飲酒により小脳が萎縮するアルコール性小脳失調症でも歩行が不安定になり、転倒などによる頭部外傷が起こりやすくなります。 神経・筋肉系の病気 アルコール性末梢神経障害 ウェルニッケ脳症 眼振 失調性歩行 アルコール性小脳失調症 アルコール依存症かな?と思う人が身近にいたら[alcoholic-navi.jp] […] eヘルスネット「急性アルコール中毒」 ASK「イッキ飲み・アルハラ防止」 外傷など 酩酊状態になった飲酒者は、足下がふらつき、転倒するなどして頭部外傷のリスクが高まる。 飲酒時の頭部外傷は「脳浮腫」を招きやすく、死のリスクを高めることが指摘されている。 また酔った勢いでけんかになり、負傷したりさせたりすることもある。[alhonet.jp]

  • 起立性低血圧

    転倒事故の主な原因の一つとも言われており、高齢者は特に注意が必要です。 立ちくらみはなぜ起こる?主な原因 立ちくらみが起こる主な原因としては、次のようなものが考えられます。[eonet.jp] 低血圧 起立 失神 転倒 高齢者 関連記事サイト内検索 :記事の最後のイニシャルをクリックすると、同じ著者の記事を検索できます。 :キーワードのリンクをクリックすると関連記事を検索できます。[c-mei.jp] Juraschek氏らは、立ち上がった直後から何度か血圧測定を繰り返し、中央値で23年間追跡して、転倒・骨折・失神などの有害事象のリスクを調べて、立位になって1分以内の測定値に基づくOH診断が最もリスクを反映していたと報告した。詳細はJAMA Internal Med誌電子版に2017年7月24日に掲載された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 末梢神経障害

    バランスを保つのが困難であったり、転倒する危険が大きくなる。 ボタンを掛けたり、紐やネクタイを結ぶような動きが難しくなる。 熱や低温に過敏になる しびれを感じたり、痛みの感覚がなくなる。 疼痛 温度に敏感である場合には極端な温度を避けて、必要に応じて保護衣料を使用しましょう。[cancerit.jp] ビノルビン/ビンブラスチン/ビンデジン/ エリブリンメシル酸塩 オキサリプラチン シスプラチン / カルボプラチン ボルテゾミブ / サリドマイド / レナリドミド 7 対症療法について (173KB) 8 一般的なケアと対処法 (200KB) 状態の観察 医者への相談/しびれている部位の保温/循環を良くする工夫 寒冷刺激を避けましょう 転倒[scchr.jp] 「痺れのある部位をマッサージする」は5人、「転ばないように気を付けて歩く」や「低く、はきやすい靴を選ぶ」といった転倒に注意して歩行している患者が4人、「ウォーキングで1日4km散歩する」「ペットボトルを使って手の運動をする」など手足の運動をしている患者が4人、「足の痺れに対し、靴下を履く」や「足を電気毛布や布団であたためる」など保温を行っている[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    11.飲酒がらみの転倒事故、または交通事故を繰り返している知人。 12.家族や上司の前で、「断酒の誓い」を書いては、かくれて飲んでいる知人。 13.うつ病と診断されて、長期通院しているが、昼間から酒臭い知人。 これらのケースは、この情報だけで、アルコール依存症と即断はできないが、その可能性は濃厚だ。[www2.wind.ne.jp] また、薬物やアルコールに酩酊した状態で、転倒したり、転落して命を落とすこともあります。 5)性格が変化します 性格が原因で依存症になるわけではないことは、すでに述べたとおりです。しかし、薬物やアルコールにはまってしまった結果、かつてとは別人のような性格になってしまうことがあります。[shokokai-grp.or.jp] また、飲酒により小脳が萎縮するアルコール性小脳失調症でも歩行が不安定になり、転倒などによる頭部外傷が起こりやすくなります。 神経・筋肉系の病気 アルコール性末梢神経障害 ウェルニッケ脳症 眼振 失調性歩行 アルコール性小脳失調症 アルコール依存症かな?と思う人が身近にいたら[alcoholic-navi.jp]

  • 変形性関節症

    ③については、今まで症状のなかった人でも、関節の軟骨はすでに変化がおこっていることもあり、転倒すると急に痛みが出たり関節に血がたまったりして、症状が出ることがあります。 とくにお年寄りでは、転ばないように、つえをつくのはよいことだと考えます。関節への負担を少なくする点でもよいでしょう。[kotobank.jp]

  • アルツハイマー病

    会話での反応が遅い 緩徐、知らない間に 発病様式 階段状または緩徐 欠如あるいは乏しい 病識 持っていることが多い 末期にならないと出現しない 神経症状 片麻痺や構音障害を伴うことが多い 幻覚や妄想など多彩な症状 精神症状 抑うつや感情障害が多い スムーズ 動作 緩慢になることが多い 高度に至るまで正常 歩行 早期から障害されることがある 転倒[nmp.co.jp] 頻度が高く報告された有害事象(上位6つ)は、接触性皮膚炎、上気道感染、頭痛、下痢、転倒、皮膚炎でした。Elenbecestatについて、現在、当社とバイオジェンは、早期アルツハイマー病を対象とした2つの臨床第Ⅲ相試験(MISSION AD1/2)を実施中です。[eisai.co.jp] 身体能力の低下による転倒や拘縮の予防、食事や水分不足に対する栄養支援、嚥下障害からの誤嚥性肺炎など、最期の時に向けて医療支援の必要性も大きくなっていきます。 一方で、喜怒哀楽などの感情は失われにくいため、 ご本人の気持ちを尊重した対応は最期まで必要 です。[kaigo.homes.co.jp]

  • 骨折

    高齢者の寝たきりを招く骨折 高齢者は転倒で骨折しやすい 高齢になると、ちょっとした転倒でも骨折につながることがあります。これは、加齢とともに筋力が低下し、歩くときなどに足が上がらなくなって転倒しやすくなることに加えて、骨ももろくなっていくためです。 高齢者に多い骨折の部位は、太ももの付け根(股関節)、手首、背中、肩などの骨です。[kaigo.benesse-style-care.co.jp] 万一転倒しても大丈夫なようにする方法「転倒骨折軽減パンツを履く」 転倒の予防方法はわかっても、絶対に転倒しないとは言い切れません。 それに、運動するのが難しい方や、いつ転んでもおかしくない状態の方もいらっしゃいます。[jos-senior.com] 原因は、圧倒的に「転倒」が多い 骨折事故のきっかけは、「転倒」「転落」「ぶつかる」「挟む」などがあるが、年代別にみると高齢になるほど「転倒」が増え、70代で61.7% 、80代で73.2% になり、90代では95.7% とほとんどが転倒による骨折になる。[kokusen.go.jp]

さらなる症状