Create issue ticket

考えれる5県の原因 軟骨生検 異常

  • 再発性多発軟骨炎

    すなわち、①両耳介の軟骨炎、②非びらん性の多発関節炎、③鼻軟骨炎、④眼の炎症、⑤気管の軟骨炎、⑥聴覚、平衡感覚異常、⑦軟骨で、軟骨炎の組織所見のうち3項目以上を認めた場合、再発性多発軟骨炎と診断されます。 治療の方法 軟骨破壊を防ぐために、炎症を抑えることが重要です。[qlife.jp] すなわち、(1)両耳介の軟骨炎、(2)非びらん性の多発関節炎、(3)鼻軟骨炎、(4)眼の炎症、(5)気管の軟骨炎、(6)聴覚、平衡感覚異常、(7)軟骨で、軟骨炎の組織所見のうち3項目以上を認めた場合、再発性多発軟骨炎と診断されます。 治療の方法 軟骨破壊を防ぐために、炎症を抑えることが重要です。[medical.itp.ne.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 軟骨芽細胞腫

    組織学的には、ほぼ均一な円形ないし卵円形の核と、少量の好酸性の細胞質を有する、細胞境界の明瞭な腫瘍細胞の密な増殖をみる。二核、三核を持つ腫瘍細胞も存在する。破骨細胞様の多核巨細胞も全体的に認められる。腫瘍内に形成された軟骨の一部には石灰化がみられ、この石灰化は" chiken wire "様石灰化と表現される。免疫組織化学的には、これら腫瘍細胞は S-100 に陽性であり、軟骨細胞への分化を有する細胞と言える。 鑑別として挙がる、骨巨細胞腫giant cell tumor of bone (GCT)とは、好発年齢の違い(GCTは20代に多い)、軟骨形成が無い事、S-100陰性である。[…][blog.livedoor.jp]

  • 軟骨粘液線維腫

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • ジェンセンズ骨幹端軟骨形成不全症

    5. 胎児骨系統疾患各論 前章で示したように胎児超音波所見を系統的にみていくことによってある程度の疑診をつけることができるが,確定診断のためには個々の疾患がもつ特徴的所見が当てはまるかどうかをチェックしていく必要がある.骨系統疾患のそれぞれを頻度の高い順に取り上げて以下に検討する. (1)タナトフォリック骨異形成症(Thanatophoric dysplasia; TD)[…][plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状