Create issue ticket

考えれる3県の原因 身体運動誘発性

  • 不眠症

    身体活動による、運動誘発不眠症は入眠潜時が長くなる形でアスリートにおいてよくある。 持続性の精神生理性不眠症(psycopsyiologic insomnia)は、異常行動のひとつとされる。患者は眠れないことに先入観、恐怖感、不安感をもっており、これが更に覚醒をまねき不眠を悪化させる。睡眠恐怖症(insomnia phobia)とも。[ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    効果が切れて動けなくなるのを恐れてレボドパを過剰に服薬すると、今度は身体が勝手に動くレボドパ誘発の 不随意運動 (ジスキネジア)が出現します。 パーキンソン病の脳内で不足するのはドパミンです。脳内のドパミンを補充すれば元のように動けるようになりますが、ドパミンを服薬しても血液中から脳内に入りません。[nanbyou.or.jp]

  • 精神疾患

    DSM-5には、「臨床的関与の対象となることのある状態」の章が用意され、配偶者との問題、小児の身体的虐待、薬物誘発運動障害、詐病、死別反応といったものが含まれている。 世界保健機関(WHO)は国際的に承認された原則に則った精神保健診断(ICD-10など)を用いるべきと勧告している。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状