Create issue ticket

考えれる180県の原因 足部潰瘍

  • 末梢神経障害

    しびれや痛みは神経障害の警告 [どんな病気か] 末梢神経とは、脳や脊髄(せきずい)から分かれた後の、からだ中に分布する神経をいいます( 図「末梢神経の分布」 )。 末梢神経には、筋肉を動かす運動神経のほか、感覚神経(かんかくしんけい)、自律神経(じりつしんけい)の3種類があります。 感覚神経は、熱さ、冷たさ、痛さといった温痛覚(おんつうかく)や触覚(しょっかく)を伝え、また、手足の位置、運動変化、振動などを認識する深部感覚も伝えます。 自律神経は、からだのさまざまな組織や器官のはたらきを調節します。 この末梢神経に故障がおこった状態を、末梢神経障害または ニューロパチー と呼びます。[…][kotobank.jp]

  • 下肢の動脈硬化症

    外科的血行再建術(バイパス術、血栓内膜摘除術など) 石灰化などでカテーテル治療自体が困難な場合や繰り返しカテーテル治療を要する場合、または潰瘍が大きい・深部感染を合併しているなど重度の潰瘍がある場合には、外科的血行再建術を行います。[shimokitazawa-hp.or.jp] 血のめぐりが悪いのゆびに、深爪が原因で細菌が入り、爪周囲潰瘍へ発展する事があります。 魚の目、たこ、いぼの処置は自分で行なわず医師に相談してください。 の血行をよくする 寒冷刺激により足の血管はさらに収縮し、血液の循環が悪くなるため血行をよくする必要があります。[meiwakai.or.jp] この様な状態になると潰瘍、壊死が起こりやすくなるため、治療の対象となります。 潰瘍形成 (IV度): 先の怪我が治りにくくまた、の趾の先端や圧迫を受けやすい場所などの血流の悪いところから皮膚の壊死(えし)、潰瘍が生じます。血流が悪いために傷は治りにくく、傷口がどんどん広がり、感染を合併してくることもあります。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 糖尿病性足潰瘍

    その原因となる潰瘍を適切に予防・管理するために、歩行時の異常な底圧を管理することが求められており、本研究ではそのための理学療法処方指針の検討を進めている。 糖尿病患者において足関節背屈運動が制限されていること、それに伴って歩行時の足底圧が高値であることが確認された。[kaken.nii.ac.jp] 【詳細】 FDAは、Integra Omnigraft Dermal Regeneration Matrix(Omnigraft)の適応を、一般的な糖尿病性潰瘍の治療を行ったにもかかわらず潰瘍が6週間以上続き、関節包・腱・骨が露出していない糖尿病性潰瘍に拡大した。[medicalonline.jp] 膠原病は原疾患の治療が安定していれば難治性潰瘍壊疽はバイパスや筋皮弁移植により救済できます。バージャー病は喫煙が病状の悪化と密接に関係しますので足を切断から救うには、禁煙すると言うあなたの重大な努力も必要です。[sasajimatadahiro.com]

  • 末梢血管疾患

    潰瘍の管理については, 褥瘡 : 直接的な潰瘍のケア も参照のこと。 抗血小板薬は症状をいくらか軽減し,歩行距離を延長させる可能性があるほか,より重要なこととして,アテローム形成を修飾して,急性冠症候群および一過性脳虚血発作の予防に役立つ( 急性冠症候群 (ACS) : 抗血小板薬 )。[msdmanuals.com] この様な状態になると潰瘍、壊死が起こりやすくなるため、治療の対象となります。 潰瘍形成(IV度) 先の怪我が治りにくくまた、の趾の先端や圧迫を受けやすい場所などの血流の悪いところから皮膚の壊死(えし)、潰瘍が生じます。血流が悪いために傷は治りにくく、傷口がどんどん広がり、感染を合併してくることもあります。[kumamoto-cvs.com] この様な状態になると潰瘍、壊死が起こりやすくなるため、治療の対象となります。 潰瘍形成 (IV度): 先の怪我が治りにくくまた、の趾の先端や圧迫を受けやすい場所などの血流の悪いところから皮膚の壊死(えし)、潰瘍が生じます。血流が悪いために傷は治りにくく、傷口がどんどん広がり、感染を合併してくることもあります。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 血管炎

    英語/英訳: Vasculitis syndrome 総合監修者 髙久 史麿 - 自治医科大学学長 北村 惣一郎 - 国立循環器病研究センター名誉総長 猿田 享男 - 慶應義塾大学名誉教授 福井 次矢 - 聖路加国際病院院長 各編別監修者 膠原病と原因不明の全身疾患 三森経世 - 京都大学大学院医学研究科臨床免疫学・教授 執筆者 小林茂人 - 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院内科先任准教授 どんな病気か 治療方法 関連するQ&A 血管炎症候群とはどんな病気か 血管炎を原因とした多種多様の臨床症状ないし疾患群を総称して、血管炎症候群といいます。[…][health.goo.ne.jp]

  • 梅毒

    The topic of This Month Vol.36 No.2(No.420) 梅毒 2008 2014年 (IASR Vol. 36 p. 17-19: 2015年 2月号 ) 梅毒は細菌感染症であり、梅毒トレポネーマ( Treponema pallidum 、以下 T. pallidum )が病原体である。 T. pallidum は直径0.1 0.2μm、長さ6 20μmのらせん状である。活発な運動性を有し、染色法や暗視野顕微鏡で肉眼的に観察できる。試験管内培養ができないため、病原性の機構はほとんど解明されていない。[…][nih.go.jp]

  • 全身性強皮症

    100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階 特徴 30 50歳の女性に圧倒的に多い病気で、強皮症には2つの全く異なる全身性強皮症と限局性強皮症があります。限局性強皮症は皮膚のみの病気で内臓は侵さない病気ですが、全身性強皮症は皮膚や内臓が硬くなる変化が特徴的な病気です。半数以上の方がレイノー症状を最初に発症します。 症状 レイノー症状 :冷たいものに触れたり、寒い時などに手足の指先が蒼白 紫色になってしまいます。 皮膚硬化[…][urban-clinic.jp]

  • 対麻痺

    対麻痺 (ついまひ、 英 : paraplegia )とは、 四肢麻痺 と異なり、両下肢のみの 運動麻痺 (運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって 随意運動 ができない状態)がある状態のこと。特に 胸髄 以下の 脊髄 障害および損傷によるものが多い。 対麻痺の種類 [ 編集 ] 対麻痺に付随する症状によって分類する。 痙性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の 痙縮 (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候[…][ja.wikipedia.org]

  • ハンセン病

    概念 :[…][niid.go.jp]

  • 外陰炎

    硬結部分に潰瘍が生じます。鼠径リンパ節が腫れることもあります。 第2期 (3カ月 3年):手のひらやの裏、体幹を中心に赤い発疹が現れ、バラ疹と呼ばれます。 第3期 (3年 10年):皮膚や筋肉、骨などに「ゴム腫」と呼ばれるゴムのような固さの腫瘍が現れるようになります。[mizuho-wcl.com]

さらなる症状