Create issue ticket

考えれる9県の原因 足白癬

  • 足白癬

    白癬(あしはくせん)は、感染症の一種で、白癬菌(はくせんきん)がの指や足の裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することで、痒みや炎症などが起きる。一般的な通称は水虫(みずむし)。[ja.wikipedia.org] 抄録 白癬が難治である理由として、治療開始 1 から 2 週間後に、かゆみなどの軽減に伴い治療を中断し、再発を繰り返すためといえる。白癬の治療効果促進のためには、患者コンプライアンスを向上させ、治療期間を短縮しても十分な効果を示す薬剤の開発が求められる。[doi.org] 水虫を訴えて受診した者の13-33%が白癬ではなく、その大部分は湿疹や皮膚炎だったというデータがある。 白癬(水虫)のような症状を引き起こす、同じ白癬菌の感染によって感染症に以下があり、部位によって呼称が異なる。 田虫(たむし) - 皮膚。(掌、、頭、太股の内側、陰部を除く) 陰金(いんきん) - 太股の内側や陰部。[ja.wikipedia.org]

  • 爪真菌症

    頑固な白癬菌という意味で「頑癬」とも呼ばれる。 白癬(水虫) 底・の指の間に生じる白癬菌感染症。Trichophyton ruburumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。Trichophyton rubrumの場合は、角化型の白癬で痒みが少なく、高齢者に多い特徴がある。[ja.wikipedia.org] 関連項目 [ 編集 ] 白癬 (水虫)[ja.wikipedia.org] 体部白癬(たむし) 被髪頭部・手・・股以外に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。 股部白癬(いんきん) 股に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。[ja.wikipedia.org]

  • 孔紋表皮剥脱症
  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 発汗増加
  • 免疫系障害
  • フザリウム感染症
  • 尋常性ざ瘡

    古くからある民間療法としては硫黄液がある(白癬#硫黄も参照)。[ja.wikipedia.org]

  • 疥癬

    一方、手、などに限局して角化が見られる症例もある。角化型疥癬では爪疥癬を伴うことがあり、爪白癬に似た爪甲の肥厚を認める(図5)。また、角化型疥癬患者では瘙痒を訴えない場合があるので注意が必要である。 2. 診断・検査 疥癬の診断には、疥癬トンネルのある部位より虫体、卵を検出することが必須である。[bdj.co.jp]

さらなる症状