Create issue ticket

考えれる848県の原因 足痛

  • 骨折

    足関節の背屈、底屈は比較的改善しやすいですが、部の腫脹が強かったりする場合は制限が残る場合もあります。 内がえし、外がえしの制限は荷重時や立位時の部アライメント不良や不整地への対応に影響 してきます。 骨萎縮 踵骨骨折後は施設にもよりますが6週間近くの長い期間免荷が必要となってきます。[ogw-media.com] 診断 受傷機転を聞き、関節の腫れや圧、変形、皮下出血を確認し、X線(レントゲン)検査で確定します。粉砕の強い場合は、CT撮影(特に3D-CT)が必要になることもあります。 予防と治療 骨折 の転位(ズレ)が少ない場合や徒手整復で整復位が得られれば、外固定で保存的に治療可能です。[joa.or.jp] 痛みの原因は 1.関節拘縮による立位時部アライメントの不良 2.骨萎縮による刺激 3.変形癒合による距骨下関節の不適合 など、ここで述べている後遺症が重なりあって痛みを引き起こしているものと考えられます。 関節拘縮 踵骨骨折では内がえし、外がえしの可動域制限が残りやすいです。[ogw-media.com]

  • 筋挫傷

    症状:損傷筋部の痛み、腫れ、圧痛があり、太ももの前の筋(大腿4頭筋)であれば膝の屈曲が制限され、太ももの後ろの筋(ハムストリングス)であれば膝の伸展が制限、ふくらはぎの筋であれば関節の背屈が制限されます。 ( 4. 診断 ) 肉離れと同様、発症機転、損傷筋の圧部位から損傷筋の診断をします。[matsuda-oh.com]

  • 関節炎

    趾のMTP関節の単関節炎ならば痛風を考える。また、ある関節が痛くなり、関節が軽快するタイミングで別の関節が痛くなる場合、移動性があると表現する。移動性関節炎の場合は反応性関節炎、結晶誘発性関節炎、淋菌性関節炎、リウマチ熱、感染性心内膜炎などが想起される。[ja.wikipedia.org] これは播種性淋菌感染症であり移動性の関節、主に四肢に出現する皮疹、手やなどの腱鞘炎を特徴とする。淋菌はチョコレート寒天培地での培養が必要なため培養検査で注意が必要である。セフトリアキソンで7〜10日間治療を行う。 経過痛風は6〜12時間でピークに達する急性の単関節炎で、下肢の関節、特に第1MTP関節に多くみられる。[ja.wikipedia.org]

  • レーノー現象

    それがふくらはぎの下腿三頭筋に溜まって痛みが起こり、一休みすると、発物質が洗い流されて、痛みが消える。 左右どちらかのにおこることもあれば、両方におこることもある。[shiga-med.ac.jp] [症状] 1.発疹: a.部位:肘、手首、指、背、脊柱 b.症状:無痛性・クルミ大、小豆大皮下結節 c.発疹の出現時間:不定 2.発熱、関節、関節炎、変形強直: a.多発性関節炎、b.Caplan症候群、c.手根管症候群 3.リンパ節肥大 4.脾腫 原発性は20 60歳代の女性に多い。 好発年齢は20 40歳代の女性に多い。[oura-cl.com] またご指摘のごとく、心臓病や高血圧の治療薬のなかには、薬の副作用として、筋肉をおこす場合もあるので、主治医に相談してください。 Q 1)が冷え、時々手がしびれる。足がこむら返りでしばらく痛くて動けません。どうしたらよいでしょうか? 2)現在、慢性不整脈で、南部病院循環器内科でワーファリン治療中。元来、足は冷え性で寝つきは良い方。[junko.kanagawa-pho.jp]

  • レイノー病

    胸からまでのさまざまな痛みの治療として行ないます。 特に腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱官狭窄症、坐骨神経、胸から下の帯状疱疹、肋間神経痛などに効果があります。 慢性の腰痛、下肢痛、下肢しびれに対しても、下肢の血行障害を改善することによる長期的な効果もあります。[kanemura-cl.com] 5年救肢率90%以上を達成しておりますので、血流障害による壊疽だけでなく、虚血性の下肢や血流障害による著しい歩行障害でお悩みの方は是非当科へご相談ください。[asahikawa-med-surgery.jp] クリッペル・トレノネー症候群(の腫脹、静脈瘤、色素沈着) リベド血管炎 動静脈奇形 リンパ浮腫 多汗症 ベーチェット病 …etc[tkgh.jp]

  • 末梢神経障害

    坐骨神経について お尻からの後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを坐骨神経といいます。坐骨神経が圧迫されることや刺激を受けることで生じる痛みの症状を総称して坐骨神経と呼んでいます。多くの場合、腰痛に引き続いて起こり、の痛みやしびれが起こるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。[azumanaika.com] パクリタキセル(タキソール、パクリタキセル、アブラキサン) ドセタキセル(タキソテール、ワンタキソテール、ドセタキセル) 症状 手先・先のしびれ、刺すような痛み、関節、筋肉 感覚が鈍い、 など 患者さんの訴え 手首から指先までしびれる感じ、靴下をはいているところがしびれる感じ、手やの関節が痛い、 など 病態など パクリタキセル 微小管[scchr.jp] 南北戦争の頃、片足を失った兵士が、なくなったの激痛や激しい灼熱を訴える症例が確認されましたが、当時はその原因が不明であったものの、現在ではこうした症例はRSDの一例であると考えられているようです。 RSDの原因 RSDの原因は、異常な交感神経反射であると考えられています。[ishioroshi.com]

  • バニオン

    母趾の付け根がゆったりしすぎる靴では第1中骨頭が内反し、外反母趾がかえって悪化する原因となりえます。アーチ構造の低下のためが出る場合には、底板を挿入しアーチを持ち上げることで疼痛の軽減が図れます。足ゆびをパーの形に開いたり、母趾ストレッチ等足趾の運動も重要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 外反母趾になると歩行時に母趾にうまく荷重できないため二趾や三趾の付け根のの裏の部分に荷重が集中し、難治性の有性のタコ(胼胝)ができる。子供や男性にも発生する。同じ要因によって外反母趾とは逆にの小指が親指の方向に曲がってしまう症状は内反小趾(ないはんしょうし)と呼ばれる。 母趾の曲がった角度(外反母趾角)で診断される。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風

    痛風の関節(痛風発作)は、の親指の付け根や手の指、肘、膝に発症することが多く、典型例の患部は赤く腫れ上がり、触ると熱感があります。痛みは数日続きますが、10日もすると痛みと腫れは治まります。 ですが、治まったからといって治療をせずに放っておくと、痛風の症状はますます悪化し、発作が繰り返されることになります。[tatara-naika.com] 肥満体の成年男子に多く、通例の親指の猛烈な関節発作に始まる。慢性化すると尿酸が組織に沈着して結節を形成、関節破壊や心臓・腎障害などが起きる。[kotobank.jp] 結晶が詰まることや刺さることが原因で関節が痛むのではなく、関節内の抗原提示細胞が尿酸ナトリウム結晶に応答し、炎症性サイトカイン(IL-1βやIL-18)を産生し、急激な炎症応答が誘導されることで関節が起こります。尿酸ナトリウム結晶は低温で形成されやすいため、の親指、足首など低温に晒されやすい部位で多発します。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 痛風性関節炎

    関節リウマチ性関節障害 関節リウマチ性部障害 底部 まずは、関節リウマチの薬物療法を見直し、内科的治療を見直します。その上で、保存的加療を考えます。変形性関節症、底部は、靴や部のパッド等保存治療を考えます。外科的加療は別医紹介することがあります。リウマチ科・股関節外来で扱います。[tkn-hosp.gr.jp] 臨床症状 1)急性通風性関節炎 主としての小関節(母趾の中趾関節が最多)に発赤、熱感、腫脹を伴った激しい関節を起こします。いわゆる痛風発作といわれるものです(表1)。[morimoto-clinic.org] 結晶が詰まることや刺さることが原因で関節が痛むのではなく、関節内の抗原提示細胞が尿酸ナトリウム結晶に応答し、炎症性サイトカイン(IL-1βやIL-18)を産生し、急激な炎症応答が誘導されることで関節が起こります。尿酸ナトリウム結晶は低温で形成されやすいため、の親指、足首など低温に晒されやすい部位で多発します。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 足根管症候群

    関節内側から底・趾にかけてのしびれ感,疼痛を主訴とし,根管部での圧やTinel徴候が特徴的である。 占拠病変など病因が明確なものが80%,不明確な特発性が20%を占める。 代表的症状・検査所見 【症状】 根管部から底・内側にかけての感覚障害やしびれ感,疼痛を訴える。 根管部の圧とそれに伴う底への放散がみられる。[jmedj.co.jp] 又、しばしば、痛みは夜間や運動時として認められます。診察では根管部の圧やTinel徴候(圧迫された脛骨神経を軽く叩くと、底や足先へ痛みが放散します)が陽性か、底部や趾の知覚障害はないか、を診ます。レントゲン検査では特徴的な異常所見はありません。診断は圧部へ局所麻酔を打って、痛みなどの自覚症状が軽快すればほぼ確定します。[kameda.com] 1 足部アーチ障害 2 アキレス腱周囲炎 3 外脛骨障害 4 外反母趾 5 距骨下関節不安定症 6 踵骨骨折 7 前足根管症候群 8 足底筋膜炎 9 関節捻挫 10 根洞症候群 11 二分靭帯損傷 12 腓骨筋腱・脱臼 13 変形性関節症 14 リスフラン靭帯損傷 15 有性三角骨 16 踵骨骨端症(セバー病) 前足根管症候群 ぜんそっこんかんしょうこうぐん[ar-ex.jp]

さらなる症状