Create issue ticket

考えれる4県の原因 足底腱裂傷

  • 踵骨棘

    膜に過度の緊張がかかると、しばしば小さな裂傷が生じます。膜症は、かかとの痛みの最も一般的な原因の1つです。 足底腱膜症は、座りがちな生活習慣の人、かかとの高い靴を履く人、足のアーチが異常に高いもしくは低い人、またはふくらはぎの筋肉や、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉をかかとの骨に付着させる腱)が硬い人にみられます。[msdmanuals.com]

  • 足底腱裂傷

    膜に過度の緊張がかかると、しばしば小さな裂傷が生じます。膜症は、かかとの痛みの最も一般的な原因の1つです。 足底腱膜症は、座りがちな生活習慣の人、かかとの高い靴を履く人、足のアーチが異常に高いもしくは低い人、またはふくらはぎの筋肉や、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉をかかとの骨に付着させる腱)が硬い人にみられます。[msdmanuals.com] 足底腱膜炎は、運動不足や加齢などで土踏まずのアーチを構成している足底腱膜の組織が柔軟性を失ったところに、立ったり歩いたり走ったり等でに荷重の負荷が掛かった際に、硬くなった膜の組織が引き伸ばされる力に耐えられず、細かな裂傷が生じて炎症を起こすという障害です。[detail.chiebukuro.yahoo.co.jp] また、膜は踵の骨に付着していますので、踵に近い場所が痛くなり、踵骨棘(しょうこつきょく)という踵の骨の変形に至る事があるのです。 踵に荷重が掛かると、踵の骨が少し後方に沈み込みながら足が土踏まずの側に倒れ込むような動きをして足底筋膜を引き伸ばしますので、そのメカニズムを抑え込む事が、足底腱膜への負担を軽減することに繋がるわけです。[detail.chiebukuro.yahoo.co.jp]

  • アキレス腱断裂

    治療 副子固定 直ちに整形外科医に紹介 ときに外科的修復 初期治療としては,関節を屈位で副子固定し,直ちに整形外科医に紹介する。 裂傷を外科的に治療すべきかどうかは議論がある。 治療としては,4週間にわたる関節を屈位にして足関節後方を副子固定し,荷重負荷を回避する。 一部の完全断裂は直ちに外科的に修復する。[msdmanuals.com]

  • 腸脛靱帯症候群

    人工股関節全置換術 腰の挫傷後、手術後のケア /足首 足首の捻挫 靭帯裂傷と再建 シン・スプリントと関節不安定症 足筋膜炎 足首の挫傷後、手術後のケア ひじ テニスひじ(外側上顆炎) ゴルフひじ(内側上顆炎) 滑液包炎 ひじの挫傷後、手術後のケア 手首/手 手首の捻挫/筋肉の過緊張 手根管症候群 ドケルバン病 親指の内側側副靱帯裂傷[cityptnyc.com] 肩関節不安定症、肩関節脱臼 五十肩(癒着性関節包炎) 肩鎖関節捻挫 関節唇損傷と回復 肩の挫傷後、手術後のケア腰痛 頚部痛 脱出型/膨隆型椎間板ヘルニア 変性円板疾患 脊椎管狭窄症 脊椎分離症 脊椎すべり症 脊柱側弯症 根性症候群 椎間関節症候群 背骨の挫傷後、手術後のケア 腰 捻挫と筋肉の過緊張 腸脛靭帯症候群 滑液包炎 関節炎 股関節唇裂傷[cityptnyc.com]

さらなる症状