Create issue ticket

考えれる22県の原因 足伸筋低下

  • 糖尿病性自律神経障害

    遠位部優位性障害の糖尿病性多発神経障害で運動神経系の破綻が最初にみられるのは部のである。特に 短趾 の萎縮はアキレス腱反射低下や振動覚低下と同様の重要な無症候性徴候である。趾を背屈させて短趾が確認できなければ萎縮していると考えられる。 自律神経障害 糖尿病性多発神経障害では全身の自律神経徴候が認められる。[ja.wikipedia.org] 客観的には萎縮や筋力低下がわかりやすい。萎縮は 短趾筋 が最も観察しやすい。骨間筋が萎縮すると ハンマー趾 を呈する。母趾外転筋の筋が萎縮すると 凹足 になる。筋力低下は足趾の内転と外転が評価しやすい。糖尿病性神経障害の患者では足趾を広げるように指示をしても骨間筋の筋力低下で足趾を広げることができないことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 頸部脊柱管狭

    筋力や反射については、例えば最も多いL4/L5ヘルニアではL5神経根障害により下腿外側から背の知覚障害と前脛骨や長母指などの筋力低下が生じます。 L5/S1ヘルニアではS1神経根障害により背外側から足底の知覚障害、長母趾屈筋の筋力低下が生じますので、それらを筋力テストで確認します。[secure01.red.shared-server.net]

  • 腰椎神経根障害

    筋力や反射については、例えば最も多いL4/L5ヘルニアではL5神経根障害により下腿外側から背の知覚障害と前脛骨や長母指などの筋力低下が生じます。 L5/S1ヘルニアではS1神経根障害により背外側から足底の知覚障害、長母趾屈筋の筋力低下が生じますので、それらを筋力テストで確認します。[secure01.red.shared-server.net] まで 下腿下部外側、1 2趾間、母趾の背屈低下、踵立ち困難 中殿、膝屈筋、長母趾筋、長、短趾伸筋 後脛骨筋腱反射 SLR S1 仙腸関節の上から股、下肢後面、足外縁まで 腓腹部背側、足趾外縁 足、母趾の底屈低下、つま先立ち困難 大殿筋、長、短腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋 アキレス腱反射低下 SLR L4神経根症 [ 編集 ] 通常は[ja.wikipedia.org] 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部、下腿前面、足背内側 下腿内側、足趾内縁 足内反位、背屈筋力低下 大腿四頭筋、前脛骨筋 膝蓋腱反射低下 FNST L5 仙腸関節の上から股、下肢外側、[ja.wikipedia.org]

  • 神経根障害

    筋力や反射については、例えば最も多いL4/L5ヘルニアではL5神経根障害により下腿外側から背の知覚障害と前脛骨や長母指などの筋力低下が生じます。 L5/S1ヘルニアではS1神経根障害により背外側から足底の知覚障害、長母趾屈筋の筋力低下が生じますので、それらを筋力テストで確認します。[secure01.red.shared-server.net] まで 下腿下部外側、1 2趾間、母趾の背屈低下、踵立ち困難 中殿、膝屈筋、長母趾筋、長、短趾伸筋 後脛骨筋腱反射 SLR S1 仙腸関節の上から股、下肢後面、足外縁まで 腓腹部背側、足趾外縁 足、母趾の底屈低下、つま先立ち困難 大殿筋、長、短腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋 アキレス腱反射低下 SLR L4神経根症 [ 編集 ] 通常は[ja.wikipedia.org] 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部、下腿前面、足背内側 下腿内側、足趾内縁 足内反位、背屈筋力低下 大腿四頭筋、前脛骨筋 膝蓋腱反射低下 FNST L5 仙腸関節の上から股、下肢外側、[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    遠位部優位性障害の糖尿病性多発神経障害で運動神経系の破綻が最初にみられるのは部のである。特に 短趾 の萎縮はアキレス腱反射低下や振動覚低下と同様の重要な無症候性徴候である。趾を背屈させて短趾が確認できなければ萎縮していると考えられる。 自律神経障害 糖尿病性多発神経障害では全身の自律神経徴候が認められる。[ja.wikipedia.org] 客観的には萎縮や筋力低下がわかりやすい。萎縮は 短趾筋 が最も観察しやすい。骨間筋が萎縮すると ハンマー趾 を呈する。母趾外転筋の筋が萎縮すると 凹足 になる。筋力低下は足趾の内転と外転が評価しやすい。糖尿病性神経障害の患者では足趾を広げるように指示をしても骨間筋の筋力低下で足趾を広げることができないことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 腰部脊椎症

    まで 下腿下部外側、1 2趾間、母趾の背屈低下、踵立ち困難 中殿、膝屈筋、長母趾筋、長、短趾伸筋 後脛骨筋腱反射 SLR S1 仙腸関節の上から股、下肢後面、足外縁まで 腓腹部背側、足趾外縁 足、母趾の底屈低下、つま先立ち困難 大殿筋、長、短腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋 アキレス腱反射低下 SLR L4神経根症 [ 編集 ] 通常は[ja.wikipedia.org] 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部、下腿前面、足背内側 下腿内側、足趾内縁 足内反位、背屈筋力低下 大腿四頭筋、前脛骨筋 膝蓋腱反射低下 FNST L5 仙腸関節の上から股、下肢外側、[ja.wikipedia.org]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    まで 下腿下部外側、1〜2趾間、母趾の背屈低下、踵立ち困難 中殿、膝屈筋、長母趾筋、長、短趾伸筋 後脛骨筋腱反射 SLR S1 仙腸関節の上から股、下肢後面、足外縁まで 腓腹部背側、足趾外縁 足、母趾の底屈低下、つま先立ち困難 大殿筋、長、短腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋 アキレス腱反射低下 SLR 麻痺の治療 [ 編集 ] 運動麻痺[ja.wikipedia.org] 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部、下腿前面、足背内側 下腿内側、足趾内縁 足内反位、背屈筋力低下 大腿四頭筋、前脛骨筋 膝蓋腱反射低下 FNST L5 仙腸関節の上から股、下肢外側、[ja.wikipedia.org]

  • 虚血性末梢神経障害

    遠位部優位性障害の糖尿病性多発神経障害で運動神経系の破綻が最初にみられるのは部のである。特に 短趾 の萎縮はアキレス腱反射低下や振動覚低下と同様の重要な無症候性徴候である。趾を背屈させて短趾が確認できなければ萎縮していると考えられる。 自律神経障害 糖尿病性多発神経障害では全身の自律神経徴候が認められる。[ja.wikipedia.org] 客観的には萎縮や筋力低下がわかりやすい。萎縮は 短趾筋 が最も観察しやすい。骨間筋が萎縮すると ハンマー趾 を呈する。母趾外転筋の筋が萎縮すると 凹足 になる。筋力低下は足趾の内転と外転が評価しやすい。糖尿病性神経障害の患者では足趾を広げるように指示をしても骨間筋の筋力低下で足趾を広げることができないことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 不全麻痺

    まで 下腿下部外側、1〜2趾間、母趾の背屈低下、踵立ち困難 中殿、膝屈筋、長母趾筋、長、短趾伸筋 後脛骨筋腱反射 SLR S1 仙腸関節の上から股、下肢後面、足外縁まで 腓腹部背側、足趾外縁 足、母趾の底屈低下、つま先立ち困難 大殿筋、長、短腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋 アキレス腱反射低下 SLR 麻痺の治療 [ 編集 ] 運動麻痺[ja.wikipedia.org] 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部、下腿前面、足背内側 下腿内側、足趾内縁 足内反位、背屈筋力低下 大腿四頭筋、前脛骨筋 膝蓋腱反射低下 FNST L5 仙腸関節の上から股、下肢外側、[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性神経障害

    遠位部優位性障害の糖尿病性多発神経障害で運動神経系の破綻が最初にみられるのは部のである。特に 短趾 の萎縮はアキレス腱反射低下や振動覚低下と同様の重要な無症候性徴候である。趾を背屈させて短趾が確認できなければ萎縮していると考えられる。 自律神経障害 糖尿病性多発神経障害では全身の自律神経徴候が認められる。[ja.wikipedia.org] 客観的には萎縮や筋力低下がわかりやすい。萎縮は 短趾筋 が最も観察しやすい。骨間筋が萎縮すると ハンマー趾 を呈する。母趾外転筋の筋が萎縮すると 凹足 になる。筋力低下は足趾の内転と外転が評価しやすい。糖尿病性神経障害の患者では足趾を広げるように指示をしても骨間筋の筋力低下で足趾を広げることができないことがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状