Create issue ticket

考えれる726県の原因 足の麻痺

  • レーノー現象

    糖尿病 末梢性の神経障害を基盤として、動脈閉塞を起こして、の潰瘍、壊死が生じる。 ( Small fiber neuropathy 小径線維ニューロパチー ) 糖尿病壊疽の特徴は、動脈硬化に基づく血行障害と異なり、痛みを感じる知覚神経が麻痺してしまい傷ができたことに気が付かず、悪化させてしまうのが主な原因です。[shiga-med.ac.jp] 足背動脈の拍動 正常 低下 ABPI * 下肢血圧が低下(0.9未満) (糖尿病や透析では動脈硬化を有する場合には、1以上になることがあるので注意) 重症化 下肢の麻痺や尿や便失禁などの膀胱直腸障害にいたる 下肢の壊死など最悪の例では下肢の切断 * ABPI:関節・上肢血圧比 ankle brachial pressure index 肢端紅痛症[shiga-med.ac.jp]

  • レイノー病

    対象疾患 顔面痛、 頭痛 (片頭痛、群発頭痛、筋緊張性頭痛)、 肩こり 、五十肩 頚椎症(後頚部痛、肩痛、手のしびれ、めまい、頭重感) 頚肩腕症候群(頚椎の原因により、頚部、肩、腕にかけて痛む病気) 頚椎打撲(むち打ち症)、肘、手首、足首等の痛み 腰痛症(ぎっくり腰、ヘルニア、変形性腰椎症) 坐骨神経痛(おしりからにかけての突っ張り感や痛[kanemura-cl.com] 糖尿病 末梢性の神経障害を基盤として、動脈閉塞を起こして、の潰瘍、壊死が生じる。 ( Small fiber neuropathy 小径線維ニューロパチー ) 糖尿病壊疽の特徴は、動脈硬化に基づく血行障害と異なり、痛みを感じる知覚神経が麻痺してしまい傷ができたことに気が付かず、悪化させてしまうのが主な原因です。[shiga-med.ac.jp] み) 下肢痛、冷え性、しびれ( 脊柱管狭窄症 ) 帯状疱疹 (ヘルペス)、肋間神経痛 膝痛(変形性膝関節症) 顔面神経麻痺、突発性難聴 反射性交感神経萎縮症(カウザルギー)、線維筋痛症 自律神経失調症、更年期障害、外傷後の痛み 四肢循環障害(閉塞性動脈硬化症、レイノー病、バージャー病) 脳梗塞後痛(視床痛)、癌性疼痛、術後痛 骨粗鬆症 神経[kanemura-cl.com]

  • 虚血性末梢神経障害

    虚血が続くと、運動神経線維にも影響が現れ、麻痺してくる 3)4) 。しまいにはC線維の機能も停止するので、「痛みしびれ」という感覚も消失し、の感覚は全く無くなる(足に自己認識がなくなる、つまり誰の足か分からなくなる)。[totucare.com] 腎症や網膜症は、人工透析の導入や失明につながり、快適な日常生活を妨げる重大な合併症ですが、神経障害も放置すると服が着られない、シャワーを浴びることができないほどの激痛に進展したり、逆に神経が麻痺したり、の壊疽や突然死の原因にもなります。症状がしびれや痛み程度だと思って安易な判断をせず、十分に知識をもっていることが必要です。[dm-net.co.jp] ,腓骨神経麻痺根管症候群,尺骨神経麻痺 遺伝性 成人期発症の遺伝性ニューロパチー,遺伝性感覚・運動性ニューロパチー,遺伝性感覚・自律神経性ニューロパチー 感染性 C型肝炎,帯状疱疹,HIV感染症,ライム病,梅毒 発展途上国において:ジフテリア,ハンセン病,寄生虫感染症 炎症性 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー,ギラン-バレー症候群およびその[msdmanuals.com]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    安静時や夜間に痛みが増す、両側の手やの同じ部分に症状が出るのが特徴です。場合によって関節部麻痺で運動機能が損われ、リハビリテーションが必要になることもあります。 自律神経障害 次に自律神経障害ですが、自律神経は内臓の活動をはじめ、発汗による体温の調節、血圧の維持など、人間が生きていくために必要なさまざまな機能を調節している神経です。[dm-net.co.jp] 異常知覚:の裏のジンジン感、ピリピリ感、灼熱感 がつる の裏に紙をはったような感じ等 進行すると感覚が麻痺して痛みも感じなくなる 一般に手足の先から左右対称に起こってきます。 感覚鈍麻は壊疽の原因となることがあり、決して侮れません。  自律神経障害 自律神経は血圧・脈拍・体温・発汗などを調節する神経です。[uemura-clinic.com] 多くは、左右対称性に見られ、先から徐上に範囲が広がります。現れる症状は、先のしびれ、異常知覚、の痛みなどです。神経障害が進むと知覚神経が麻痺し、触覚、痛い、熱いなどの感覚が失われ、傷ができても気付きにくく、壊疽になりやすい状況になります。痛みを感じる有痛性神経障害では、痛みにより睡眠不足や憂うつ状態になることがあります。[totucare.com]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢血管疾患

    小児心臓疾患 成人心臓疾患 大血管疾患 末梢血管疾患 静脈疾患 不整脈疾患 末梢血管疾患 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO: arteriosclerosis obliterans) について 定義[…][toku-cvs.umin.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー(指定難病14) まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん/たそうせいうんどうニューロパチー (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: CIDP)とは、2ヶ月以上にわたり進行性または再発性の経過で、四肢の筋力低下やしびれ感をきたす 末梢神経[…][nanbyou.or.jp]

  • ビタミン不足

    ビタミン不足が招く症状にはどんなものがある? ビタミン摂取量が最低必要量に満たずに起こる病気がビタミン欠乏症。壊血病(ビタミンC)、脚気(ビタミンB1)、夜盲症(ビタミンA)、くる病・骨軟化症(ビタミンD)などは有名です。ビタミンの必要量はわずかですが、ほとんどが体内で合成できないため、毎日コンスタントに摂る必要があります。[…][jmi.or.jp]

  • しもやけ

    しもやけ(霜焼け、英: Chilblain)とは、身体の一部が冷えたために、膨れて硬くなったり、その部分が痒くなったり熱くなるような感覚を覚える現象である。しもばれ(霜腫れ)、しもくち(霜朽ち)、凍瘡、ゆきやけ(雪焼け、日本海側各地の方言)とも言う。[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    RNA干渉治療薬の開発をリードするアルニラム製薬は、遺伝性ATTRアミロイドーシスの治療に用いる治験薬、パティシランのAPOLLO第III相試験で追加的に得られた結果を、2018年3月26日から熊本大学で開かれている「第16回アミロイドーシス国際シンポジウム」で発表する。同疾病の治療のために皮下投与するRNAi治療の治験薬であるALN-TTRsc02の第I相試験で得られた新たなデータも、併せて発表する。[…][e-radfan.com]

さらなる症状