Create issue ticket

考えれる129県の原因 足の指の合指症

  • 多合指症

    ホーム 診療内容のご案内 手足の異常(、多、裂手、巨)  手足の異常(、多、裂手症、巨指症) 手足の先天異常はさまざまな形をとります。ここでは代表的なものについて紹介します。 【多指症】 多指症とは指の数が多い病気です。母指あるいは小指に多くみられます。[med.fukuoka-u.ac.jp] 口唇裂、口蓋裂の総合的治療 NAM法による術前矯正 解説ページへ移動 頭蓋、顔面骨の手術: クラニオ・フェイシャル サージャリー 頭蓋骨延長、 顔面骨延長 耳の形態異常の治療:小耳症、埋没耳、折れ耳、耳垂裂、立ち耳、副耳 解説ページへ移動 手の先天異常:多、短、斜、巨、裂手 解説ページへ移動 のゆびの先天異常:多趾症[plaza.umin.ac.jp] ごうししょう 概要 とは、手またはがくっついている(癒合している)状態です(図1)。 図1.の例 疾患の概略と原因 胎児の手は、最初一枚の板状をしており、その一部が壊死(えし:組織が死滅すること)して裂け目が生じることにより手が発生します。その分離が不十分な場合に、が生じます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 多指症

    ホーム 診療内容のご案内 手足の異常(、多、裂手、巨)  手足の異常(、多、裂手症、巨指症) 手足の先天異常はさまざまな形をとります。ここでは代表的なものについて紹介します。 【多指症】 多指症とは指の数が多い病気です。母指あるいは小指に多くみられます。[med.fukuoka-u.ac.jp] また、癒合の高さにより部分と完全に分けられます。発生頻度は多指についで多く、手では第3-4指(中指―環指)間、では第2-3趾間に多く発生します。 外来で最も多く認められるのは第6番目の趾(あしゆび)が存在し、第4から第6趾が癒合した型です。外観上は同じように見えても、中骨から重複している型から末節が重複する型まであります。[matome.naver.jp] 左母指多指症 治療例 右母指多指症 治療例 右4-5趾合趾症・5趾多趾症 治療例 合指 生まれつき、隣の(趾)同士がくっついている状態です。 手のは中指から環間(なかからくすりの間)に多く、は2趾から3趾間(人差し趾からなか趾の間)に多いです。[web.sapmed.ac.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    、多指症、臍形成、爪形成、植毛・脱毛、瘢痕ケロイド、顔面外科、皮膚形成 美容外科 美容外科 顔面たるみ取り(ほほ、ひたい、こめかみ、首)、上眼瞼形成(たるみ取り術、二重まぶた手術)、下眼瞼たるみ取り、口唇形成、外鼻形成、脂肪吸引・注入、体のたるみ取り、乳房形成、皮下異物摘出、レーザー治療、注入療法、育毛・植毛、美容医療等の後遺症相談[hosp.kobe-u.ac.jp] 、立腺肥大症、男性不妊、男性更年期、腎移植、性機能障害、神経因性膀胱、その他の泌尿器科良性・悪性疾患 麻酔科 麻酔科・ ペインクリニック科 疼痛外来(ペインクリニック)、術前検診 形成外科 形成外科 顔面外傷、顔面骨骨折、顎顔面発育異常、唇裂・口蓋裂、耳介形態異常、頭頚部再建、義眼床形成、顔面神経麻痺、乳房形成、血管腫・母斑(アザ)、手・外傷[hosp.kobe-u.ac.jp]

  • 足の無指症

    ホーム 診療内容のご案内 手足の異常(、多、裂手、巨)  手足の異常(、多、裂手症、巨指症) 手足の先天異常はさまざまな形をとります。ここでは代表的なものについて紹介します。 【多指症】 多指症とは指の数が多い病気です。母指あるいは小指に多くみられます。[med.fukuoka-u.ac.jp] 趾(、多趾( 概要 :手やは趾)がくっついている(癒合している)状態 多:手やは趾)が多い状態 :上記両方の状態 当院形成外科では主に趾の疾患につき対応しており、機能再建が必要な手指の疾患については適宜手の外科の医師(整形外科)あるいは近隣小児病院へ相談、紹介させていただいております。[tachikawa-hosp.gr.jp] 、多指症、臍形成、爪形成、植毛・脱毛、瘢痕ケロイド、顔面外科、皮膚形成 美容外科 美容外科 顔面たるみ取り(ほほ、ひたい、こめかみ、首)、上眼瞼形成(たるみ取り術、二重まぶた手術)、下眼瞼たるみ取り、口唇形成、外鼻形成、脂肪吸引・注入、体のたるみ取り、乳房形成、皮下異物摘出、レーザー治療、注入療法、育毛・植毛、美容医療等の後遺症相談[hosp.kobe-u.ac.jp]

  • 糖尿病性腸疾患

    、多指症、臍形成、爪形成、植毛・脱毛、瘢痕ケロイド、顔面外科、皮膚形成 美容外科 美容外科 顔面たるみ取り(ほほ、ひたい、こめかみ、首)、上眼瞼形成(たるみ取り術、二重まぶた手術)、下眼瞼たるみ取り、口唇形成、外鼻形成、脂肪吸引・注入、体のたるみ取り、乳房形成、皮下異物摘出、レーザー治療、注入療法、育毛・植毛、美容医療等の後遺症相談[hosp.kobe-u.ac.jp] 、立腺肥大症、男性不妊、男性更年期、腎移植、性機能障害、神経因性膀胱、その他の泌尿器科良性・悪性疾患 麻酔科 麻酔科・ ペインクリニック科 疼痛外来(ペインクリニック)、術前検診 形成外科 形成外科 顔面外傷、顔面骨骨折、顎顔面発育異常、唇裂・口蓋裂、耳介形態異常、頭頚部再建、義眼床形成、顔面神経麻痺、乳房形成、血管腫・母斑(アザ)、手・外傷[hosp.kobe-u.ac.jp]

  • 小耳症

    新鮮熱傷(やけど) 小範囲熱傷 広範囲熱傷 電気熱傷(電撃傷) 化学熱傷 凍傷 顔面骨骨折、顔面軟部組織損傷 顔面骨折 顔面神経損傷 涙小管損傷 唇裂、口蓋裂 唇裂 顎裂 口蓋裂 手、の先天異常、損傷 切断再接着 多指症 裂手症 その他の先天異常(主に奇形が体表面の醜状を主訴とするもの) 漏斗胸 頭蓋骨早期癒合症 顔面裂 小耳症[ja.wikipedia.org] 治療対象疾患 先天性疾患(生まれつきのもの) 顔面先天性変形 唇裂・口蓋裂、顔面裂、眼窩離開症、頭蓋顔面骨早期癒合症(クルーゾン病など)、第一・第二鰓弓症候群 耳介の先天性変形 耳垂裂、埋没耳、スタール耳、小耳、無耳 四肢の先天性変形 多、裂手、裂 体幹の先天性変形胸郭変形(漏斗胸、ポーランド症候群)、尿道下裂、臍ヘルニア[dokkyomed.ac.jp] この他、眼瞼狭小などに対する治療も行います。 手・の先天異常 手・足の多指、欠損などに対して機能的改善、および整容的改善の両方を考慮した治療を行っています。[kyorin-prs.com]

  • 血管運動の不安定性

    他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手やの先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] さらにO脚、X脚、片側肥大などの下肢のアラインメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損あるいは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手やの先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp]

  • 三角線維軟骨複合障害

    上肢だけでなく下肢の末梢神経障害(根管症候群など)に対する手術も行います。 四肢先天異常手術 母、裂手に対する手術をはじめ、手骨短縮に対する仮骨延長法、趾多趾症、足趾趾症手術、裂足症、足趾骨短縮症、絞扼輪症候群、その他、あらゆる四肢先天異常に対する手術を行なっています。[gmhosp.jp]

  • 変形治癒骨折

    他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手やの先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] さらにO脚、X脚、片側肥大などの下肢のアラインメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損あるいは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手やの先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp]

  • 足奇形

    趾では必ずしも手術を行う必要はありません。 多・多趾症 の第5趾に多く見られます。過剰趾の切除と趾の癒合分離を同時に行うことが多く、植皮を必要とする場合があります。 手術時期 早期に手術を希望される方もいらっしゃいますが、一般的には全身麻酔の影響なども考慮し、1歳前後、または体重10kg前後で手術を行います。[byouin.metro.tokyo.jp] ・巨指症・裂手などにおける形成術 2. 母指低形成に対するマイクロサージャリー手技を用いた母指再建手術 3. 趾短縮症に対する創外固定器を用いた延長手術 4. 先天性絞扼輪症候群に対する形成手術 多指症・多趾症 母指に重複するものが多く、治療は基本的に未熟な指(趾)を切除します。[twmu.ac.jp] においては機能的な再建は必要ありません。 過剰を切除すれば、健側と比較すると多少、細く小さい指になります。 ・合趾症 皮膚性のものと、骨性のものがあります。 手指の場合はいずれにせよ分離手術を必要とします。癒合部分の長さによって手術法も多少変わります。分離に際しては局所皮弁や足の内側からの植皮術を行うことがあります。[byouin.metro.tokyo.jp]

さらなる症状