Create issue ticket

考えれる52県の原因 超音波で肝臓腫瘤

  • 肝腫瘍

    腹部音波検査は肝臓を発見するには非常に有用ですが、腫瘤が巨大な場合、重要な血管との関係性や他臓器への浸潤が明確には分かりません。 さらに詳細に形態学的タイプ、発生部位、重要な器官との関係性(主に、重要な血管や胆管)を把握するためにCT検査を必ず実施し、手術可能か評価します。[mah.jp] 血液検査にて肝数値の上昇がないか、レントゲン検査にて肝臓大がないか確認したり、音波検査にて肝臓の内部にある大小のがないかなど判断することに有用です。[mori-ah.net] 症例Report 『肝臓腫瘍』 :2017. 3. 24 :西川 症例 肝臓腫瘍 既往歴 一年前に乳癌摘出、10ヶ月前に肺癌摘出を実施。 音波検査 肝臓内にフリーエコーを主体とする13cm大のを認めた。また、左腎に低エコー性腫瘤を認めた。 CT血管造影検査 肝臓の外側左葉に巨大腫瘤を認めた。[kanjipc.jp]

  • 肝細胞癌

    音波検査 音波検査では正中より右肝区域からの発生と思われた直径15cm大の肝臓が認められた。 AFP(アルファフェトプロテイン)も18200ng/ml(参照値0ー50)と高値を示し肝細胞癌が示唆された。 CT検査 CT検査によって右肝区域ではなく左肝区域からの腫瘤発生であることがわかった。[kanjipc.jp] 症例Report 『肝細胞癌』 :2017. 6. 7 :minami 症例 肝細胞癌 シェットランドシープドック 10歳齢避妊 稟告 他院にて指摘された肝臓 身体検査・血液検査 一般身体検査では大きな異常は認められなかったが、肝数値の上昇およびCRPの上昇が認められた。[kanjipc.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    による腫瘍内血流評価からの効果判定 小林 照宗,他 VI.形成性非腫瘍病変 肝臓 細菌性・アメーバ性肝膿瘍 加村 毅 肝炎症性偽腫瘍 小野 尚文,他 限局性脂肪沈着 松枝 清,他 エキノコックス症 佐藤 直樹,他 胆道 先天性肝門部胆管相対的狭窄の本態 藤井 秀樹,他 膵臓 自己免疫性膵炎と鑑別困難であった膵癌症例 越知 泰英,他 腫瘤形成性膵炎[arcmedium.co.jp] 肝血管筋脂肪腫(AML)の画像と病理 飯島 尋子,他 門脈塞栓術による腫瘍・非腫瘍部の画像・病理像の変化 田中 宏,他 肝細胞癌に対するablationの治療効果判定 椎名秀一朗,他 肝細胞癌に対するTACEの治療効果判定 高安 賢一 胆道 陶器様胆嚢 小山 祐康,他 胆管癌に対するステント療法の治療効果 小川 薫,他 膵臓 膵管癌非切除療法例の造影音波[arcmedium.co.jp]

  • 肝転移

    2018.02.07 大腸外科 投稿者: 外科部長 山口達郎 1.大腸がん肝転移の割合 悪性腫瘍、いわゆる「がん」は様々な臓器(肝臓や肺など)に転移する可能性があります。大腸がんでは、初めて病気が見つかった時点で、2割近い患者さんに肝臓や肺などの転移がみられ、中でも最も多く転移がみられる臓器が「肝臓」で、およそ半数を占めます。また、初回治療時にがんが取り切れたと判断されても約7%の患者さんが肝臓に再発すると言われています。 2.大腸がん肝転移の診断と治療のために必要な検査 採血 肝機能検査[…][cick.jp]

  • 肝芽腫

    肝芽腫(かんがしゅ、英: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児でα-フェトプロテイン(AFP)上昇により診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である。 肝芽腫は未熟な肝前駆細胞に由来し、孤立的で、肝左葉に比べて右葉に多い。転移し得る。 早期に大腸ポリープや腺癌を有する家族性大腸腺腫症(FAP)の患者はしばしば肝芽腫を併発する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管筋脂肪腫

    日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 腎血管筋脂肪腫 じんけっかんきんしぼうしゅ 腎臓において血管・筋(平滑筋)・脂肪成分の増殖により腫瘤 (しゅりゅう) が形成される良性の脂肪腫。しかしこれが大きくなると腎機能に障害を伴うようになり、また高血圧症などを引き起こす。腎過誤腫ともよばれ、腎AML(renal[…][kotobank.jp]

  • 胆嚢膿瘍

    外科・消化器外科・肛門外科のご案内 診療内容 当科では通常の開腹手術に加え、大腸癌および良性疾患はできる限り鏡視下手術(腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術)を行っています。 鏡視下手術は傷跡が小さく術後の痛みを軽減でき、体への負担が小さいため、術後合併症が少なく、早期の退院が可能です。 高度の胆石胆嚢炎、総胆管結石症、開腹手術歴のある人は腹腔鏡下手術の対象とならない場合が多いのですが、当院では腹腔鏡下手術を第一選択としています。 進行大腸癌に対して2011年より腹腔鏡下手術を行っています。また、下肢静脈瘤に対するストリッピング(静脈抜去術)、硬化療法を行っています。 手術 開腹手術[…][mchp.or.jp]

  • 肝膿瘍

    経過観察中に、肝機能異常を認め、腹部音波検査施行し、肝臓右葉内に径10cmの単発性のを認めた。血清アメーバ抗体400倍を認め、アメーバ性肝膿瘍の診断にて12月9日当院転院となる。当院入院時に実施した便原虫検査からは栄養型が検出された。入院後、メトロニダゾール投与、膿瘍穿刺を行い、臨床症状の改善を認めた。[idsc.nih.go.jp]

  • 肝血管腫

    肝腫瘍の中で最も頻度の高い良性の腫瘍です。血管腫は太い血管が密に増生した病変で、健診の際に偶然にみつかります。エコー検査で特徴的な像を呈すれば診断は容易ですが、まれに初期の肝細胞がんと所見が似ていることがあり、CTかMRIで鑑別診断を行う必要があります。脂肪肝のなかに血管腫ができた場合も、エコーでは確定診断が難しく、やはり、CTかMRIが必要です。典型的な所見でない場合は、肝生検するか、定期的な観察が必要です。肝血管腫でも増大して腹痛や圧迫感などの症状が出てきた時は切除の適応と考えられます。[tobu-hp.or.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    【 横隔膜下膿瘍はどんな病気? 】 横隔膜下膿瘍とは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎などが進行して臓壁に穴があき、食物や膿などの内容物が腹腔内に漏れ出し、腹膜炎が起こります。その膿が横隔膜の下に溜まった状態のことです。激しい腹痛を伴うことが多く、高熱が出たり、悪寒、震えが止まらないなどが一般的な症状です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが、進行して発病するので、早めに治療することで、予防することができます。 【 横隔膜下膿瘍の症状 】[…][hospita.jp]

さらなる症状