Create issue ticket

考えれる880県の原因 起立性低血圧

  • 急性アルコール中毒

    意識の混濁、昏睡、血圧の低下、呼吸の抑制、失禁 悪酔い 顔面や全身のはっきりとした紅潮・灼熱感、発汗 動悸、呼吸困難、胸痛、血圧 頭痛、不穏、めまい、目のかすみ 嘔気・嘔吐、口渇 脱力、血圧起立血圧(急に座ったり立ち上がったりしたときに起こる失神) など 記憶の抜け落ち(ブラックアウト) 泥酔中の失態について後で思い出せない アルコール[asahibeer.co.jp]

  • 貧血

    多くは「起立血圧」です。 これは、座って安静にしていても治りません。なぜなら、座った状態では、頭は心臓よりも上にあるからです。横になって、場合によっては足の下に重ねた座布団を敷き、少し足を上げ、心臓と頭を同じ高さにしていれば、徐々に良くなってきます。一時的な血圧調整の問題で、医学的には「貧血」ではありませんので、ご注意ください。[saga-s.co.jp] 貧血と間違えられますが、脳貧血は鉄分不足でおこる「鉄欠乏貧血」とはまったく別のもの。正式には「起立血圧」といい、自律神経の乱れや低血圧が原因です。これは長時間立っていたり、急に立ち上がったりしたときに、血圧の調整がうまくいかず、脳への血液が一時的に減ることでめまいやたちくらみなどがおきます。[sofy.jp] これは起立血圧症と呼ばれ、主に自律神経の働きに問題があり、立ち上がったときに血圧が急激に低下して起こる症状です。 一方、赤血球の数が低下して起こる貧血は、動機や息切れなどの症状がみられることがあります。これは、ヘモグロビンの減少で、全身に酸素が行き渡りにくくなっているために起こります。[secom.co.jp]

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    細胞外液量が低下しているときは皮膚、粘膜の乾燥、脈拍増加、血圧低下(特に起立血圧)などで判断する。逆に浮腫があれば細胞外液は増加していると考える。こういった所見がなく、明らかな病歴がなければ細胞外液量は正常とみなして考えていくのが一般的である。そして尿中のナトリウム濃度を調べる。[ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    【 酒害者家族のためのチェックリスト 】 (改訂 13/03/03) [ はじめに ] 以下のチェックリストは、ホスピタルで使用している酒害者家族(相談)のための、初診時チェックリストの概要です。 Printer-friendly Version 酒害者家族のためのチェックリスト[…][www2.gunmanet.ne.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    離脱症状とは、飲酒の減量または中止後数日以内におこる精神的変化と身体症状で、精神的変化としては不安、抑うつ気分、いらいら、不快感または脱力感があり、身体症状としては吐き気、起立血圧などのどれかの症状が現れること、および両手、舌、眼瞼(がんけん)に振戦(しんせん)(ふるえ)が出現するもので、いずれも飲酒すれば軽減ないしは消失する。[japanknowledge.com]

  • 鉄欠乏性貧血

    これは起立血圧すなわち「たちくらみ」であることが原因です。今回は1つ目の医学的な「貧血」についてお話します。 赤血球のしごと 血液が肺の中を通過する間に、血液中の二酸化炭素は捨てられ、酸素がとり入れられます。[municipal-hp.hikone.shiga.jp] また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過起立血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠感なども起きる慢性の低血圧症を「貧血」と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。[ja.wikipedia.org] もちろん体調不良のサインの一つではありますが、これらはいわゆる『脳貧血』と言われる、起立血圧などの血圧の調節障害の症状であり、貧血の典型的な症状ではありません。 このような勘違いは映画やドラマの影響があるかもしれません。[huffingtonpost.jp]

  • 血管迷走神経性失神

    数分以内に判定するが,このことは起立血圧起立早期に起こることと関連している.NMSの場合,自律神経の器質的障害ではなく反射異常と解される. 【4】原因不明である本態起立血圧は,NMSとオーバーラップしている症例がある.筆者らは,チルト試験で5分以内に血圧下降が持続して立位不能となる症例を起立血圧と診断し,心拍上昇とともに血圧[nrec.sakura.ne.jp] 【遷延起立血圧】 4番目は、 遷延起立血圧 です。 起立直後の血圧反応は正常ですが、起立数分以後に血圧が徐々に下降し、収縮期血圧が15%以上、または20mmHg以上低下します。 頻度は余り多くありません。 静脈系の収縮不全と考えられ、拡張期圧は上昇し脈圧の狭小化を招きます。[od-support.com] 2007年の日本失神ガイドラインでは失神を①起立血圧、②神経調節失神、③心源、④脳血管と表1のように、4分類しています。[hospital.iuhw.ac.jp]

  • 失神

    起立血圧症は、起き上がった直後、運動後、食後などに起こりやすいとされています。多くのケースでは命に別状はありませんが、転倒により頭を強くぶつけるなど怪我を負う可能もあります。 前述の神経調節失神が原因でも起立血圧症はおこりますが、脱水や貧血などでもおこります。[medicalnote.jp] 起立血圧を起こすもの、QT延長症候群をおこすもの、徐脈を起こすものが原因となりやすい。 起立血圧を起こすものα遮断薬、硝酸薬、利尿薬、降圧薬、抗パーキンソン病治療薬、睡眠薬、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬などが知られている。[ja.wikipedia.org] 起立血圧は、自律神経系の圧受容器反射の障害による神経原起立血圧と、心拍出量減少に伴う非神経原起立血圧に大別されます。一般に非神経原起立血圧では圧受容器反射が作動するために立ったときに脈拍の増加を伴い、神経原起立血圧では脈拍の増加を伴わないことが多いです。[tokushima-u.ac.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    自律神経障害の1つ、起立血圧については急な立ち上がりなどを避け、満腹を避けるといった生活習慣の改善も重要です。場合によっては日常的に弾性ストッキングを履いて起立血圧による失神・転倒を防ぎます。[tyojyu.or.jp] 付)循環不全型めまいと区別するもの 薬剤 : アルファ、ベータ遮断薬その他の高血圧治療薬、抗うつ薬でも、起立血圧をきたすことがあります。 てんかん : 常同的で、経過が5分程度のことが多いですが、例外もあり。発作がない時の脳波異常出現率は30%程度と少ないため、脳波だけで診断することができず、目撃者の話が参考になります。[lab.toho-u.ac.jp] 疼痛 や筋力低下以外にも約半数で起立血圧、性機能障害、膀胱直腸障害などの自律神経障害を認める。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状