Create issue ticket

考えれる169県の原因 走るのが困難

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    通常、DMDは1 4歳の小児期早期に発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。筋変性が進行すると、平均で10代前半に歩行能力が失われます。呼吸筋の筋力低下により、最終的には人工換気補助が必要になり、また、心筋低下のため、心筋症につながります。[pfizer.co.jp]

  • 糖原病 5型

    HOME 難治性疾患研究班情報(臨床調査研究など) 厚生労働省難治性疾患克服研究(臨床調査研究分野など)に関する情報 難病に関しては、難治性疾患克服研究事業として、原因の究明や治療法の確立などを目指し、研究班が設置され、臨床調査研究分野、横断的研究分野、重点研究分野、指定研究を設け、研究事業が実施されています。また新たに平成21年度より、これまで十分に研究が行われていない難治性疾患克服研究事業対象疾患以外の疾患については、 研究奨励分野 を設け、診断法の確立や実態把握のため、調査・研究が推進されています。 平成25年度難治性疾患克服研究事業採択課題一覧[…][nanbyou.or.jp]

  • 扁桃炎

    癌が進行すると、飲み込んだ時の痛み、耳への走るような痛み、血痰、かすれ声、呼吸困難、頸部リンパ節腫脹などが出現します。 治療法は、早期癌は放射線治療、進行癌の場合は咽頭喉頭全摘術を中心とした手術治療が選択されることが一般的です。[jasanoko.or.jp]

  • 急性過換気

    初期状態は 低酸素症 と似ており、程度が強くなると手足や唇の 痺れ や 呼吸困難 、頭のふらつき、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴りや悪寒をきたす。[ja.wikipedia.org] 発症するケースとしては、 陸上競技 ( 長距離 ・ マラソン ・ 駅伝 )・ 水泳 ・ サッカー ・ バスケットボール などの呼吸を多く必要とする運動の後が挙げられ、精神的な要因による 過換気症候群 とは異なる。[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    癌が進行すると、飲み込んだ時の痛み、耳への走るような痛み、血痰、かすれ声、呼吸困難、頸部リンパ節腫脹などが出現します。 治療法は、早期癌は放射線治療、進行癌の場合は咽頭喉頭全摘術を中心とした手術治療が選択されることが一般的です。[jasanoko.or.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2U型

    困難 遠位筋や骨盤-大腿骨筋(翼状肩甲なし) 一過性の肥大(稀) 17 23歳 テレソニン異常症(LGMD2G) 走ることや歩くことの困難・下垂足 下肢の近位金および遠位筋 9 15歳 発症後18年以内 LGMD2H 顔面筋虚弱・動揺歩行・階段昇降困難 下肢の近位筋・首 筋消耗 報告なし 1 9歳 晩年 LGMD2I 走ることや歩くことの困難[grj.umin.jp] 15歳以前 部分欠損: 痙攣・ 低い運動耐性 青年期から成人初期 カルパイン異常症(LGMD2A) 走ることや歩くことの困難・つま先歩き・背部の固縮(稀) 近位筋(大殿筋および股関節の内転筋は正常)・翼状肩甲 萎縮 早発性 2 40歳 (8 15 歳) 発症後11 28年後 ジスフィリン異常症(LGMD2B) つま先歩き不能・走ることや歩くことの[grj.umin.jp] 常染色体劣性の肢帯型筋ジストロフィー(LGMD): 臨床所見 疾患名 臨床症状 その他の所見 年齢 症状 筋虚弱 腓筋 拘縮・脊柱側弯 発症(平均) 車椅子生活開始 サルコグリカン異常症: LGMD2C, LGMD2D, LGMD2E, LGMD2F 完全欠損: 走ることや歩くことが困難 近位筋 肥大化 遅発性 3 15歳 (8.5 歳)[grj.umin.jp]

  • 慢性喉頭炎

    癌が進行すると、飲み込んだ時の痛み、耳への走るような痛み、血痰、かすれ声、呼吸困難、頸部リンパ節腫脹などが出現します。 治療法は、早期癌は放射線治療、進行癌の場合は咽頭喉頭全摘術を中心とした手術治療が選択されることが一般的です。[jasanoko.or.jp]

  • 外反

    ハイカットシューズでは足関節を曲げることが困難であり、膝は過伸展します。重心が高く、棒のような歩き方になります。走ることは困難です。「いかにも障がい児にみえる」ような歩き方になるかもしれません。 専門医に足部の状態を診てもらってください。[tokyoreha-cl.com]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1H型

    困難 遠位筋や骨盤-大腿骨筋(翼状肩甲なし) 一過性の肥大(稀) 17 23歳 テレソニン異常症(LGMD2G) 走ることや歩くことの困難・下垂足 下肢の近位金および遠位筋 9 15歳 発症後18年以内 LGMD2H 顔面筋虚弱・動揺歩行・階段昇降困難 下肢の近位筋・首 筋消耗 報告なし 1 9歳 晩年 LGMD2I 走ることや歩くことの困難[grj.umin.jp] 15歳以前 部分欠損: 痙攣・ 低い運動耐性 青年期から成人初期 カルパイン異常症(LGMD2A) 走ることや歩くことの困難・つま先歩き・背部の固縮(稀) 近位筋(大殿筋および股関節の内転筋は正常)・翼状肩甲 萎縮 早発性 2 40歳 (8 15 歳) 発症後11 28年後 ジスフィリン異常症(LGMD2B) つま先歩き不能・走ることや歩くことの[grj.umin.jp] 常染色体劣性の肢帯型筋ジストロフィー(LGMD): 臨床所見 疾患名 臨床症状 その他の所見 年齢 症状 筋虚弱 腓筋 拘縮・脊柱側弯 発症(平均) 車椅子生活開始 サルコグリカン異常症: LGMD2C, LGMD2D, LGMD2E, LGMD2F 完全欠損: 走ることや歩くことが困難 近位筋 肥大化 遅発性 3 15歳 (8.5 歳)[grj.umin.jp]

  • 心筋疾患

    軽度の場合、動悸、息切れがあり、走ったり階段を上ると息切れ、呼吸困難がある。呼吸がぜいぜいする。咳がでやすい。足がむくむ。などの症状があります。 重症になると、じっとしていても息苦しい。仰向けに寝ることができない。呼吸が荒くなる。チアノーゼがでる等の症状がでて入院が必要となります。[nagoya.tokushukai.or.jp]

さらなる症状