Create issue ticket

考えれる2,438県の原因 走ることができない

  • 関節炎

    淋菌性関節炎淋菌性関節炎は遊性単関節炎の他に、多関節炎の形態もとる。 細菌性心内膜炎 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 過食

    そしてこのストレスを少しでも紛らわせるために過食に走ることになるのでしょう。 また過食や嘔吐自体も「自分がない」ことに由来している可能性があります。「お腹がはって息もできないほど食べて、吐く」行為は結果的には自分が生身の体を持っていると実感することになります。[kokorotokarada.net] その逆に性的逸脱行動の走ることもあります。その結果、離婚になることもあります。 そのほか、手首を切って自殺しようとしたり、アルコールに浸ることもあります。 食行動異常(摂食障害)の原因 心の病は、体の病よりも、原因がよくわかりません。いくつかの意見があります。[n-seiryo.ac.jp] 甘いものは心の栄養 イライラやストレス、疲れがたまったときは、つい“食べ”に走りがち。中には、食べすぎて「病気かも?」と不安に感じている人もいるのでは? 「女子大生の6割に過食経験があるという報告が。過食は女性にとって一般的な行為。[fuanclinic.com]

  • 神経痛

    「そのうち歯だけじゃなく、右の顔にまで痛みが走るようになって・・・」 または 「数年前から時々左頬にビリッと走る激痛が走るようになったんです。」 「あんまり気にしてなかったんですが、ひげ剃りした時や左の口の周りを触ると激痛が走る様になってきました。」[aoyama-hp.or.jp] 一瞬の走るような痛みで、数秒のものがほとんどで、ながく続いてもせいぜい数十秒です。5分10分と続くような痛み、じりじりとした痛みなどは三叉神経痛ではないことがほとんどです。三叉神経痛では痛みはいろいろな動作で誘発されます。洗顔、お化粧、ひげそりなどで顔に痛みが走ります。[dr-fukushima.com] つめたい水をのむと痛みが走ることもあります。痛みで歯磨きができないこともあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると、顔面にぴっと痛みが走る、という場合は三叉神経痛の可能性が高いです。 季節によって痛みが変動するのも特徴で、11月や2月に痛みがひどくなる方が多いです。[square.umin.ac.jp]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。[ja.wikipedia.org] 原因は手首の内側にある屈筋支帯と呼ばれる靱帯が何らかの原因で肥厚して、その下を走る正中神経という神経が圧迫されて起こります。手首をよく使う人に起こりやすいですが、そのほか妊娠や人工透析も原因になります。 図:正中神経の走行と神経支配(右手) 正中神経の感覚支配は図の薄い灰色の部分です。濃い灰色の部分は特にしびれを強く感じる部分です。[twmu-mcens.jp] 手首から手のひらの真中には正中神経という神経が走っています。この神経は手首のあたりで骨のトンネルを通りますが、手の使い過ぎなどが影響してこの部分で神経が傷むことで、指先にしびれがきたりする病気です。末梢神経障害の中で最も多く、日常よく遭遇する病気です。 症状は? 手のひらから、親指、人差し指、真中指、薬指半分のしびれが起こります。[neurospine.jp]

  • ライム病

    国内感染例について症状をみると、41例のうち30例(73%)で遊性紅斑(erythema migrans、EM)が報告されている。EM以外では、筋肉痛(29%)、関節痛もしくは関節炎(27%)、発熱(24%)、神経根炎や顔面神経麻痺等何らかの神経症状(22%)が報告されている。[idsc.nih.go.jp] ただし、遊性紅斑という独特の皮膚症状があります。これは、ダニ刺咬部の皮膚発赤が、徐々に環状に広がっていく紅斑で、ダニに刺咬されたことと遊性紅斑の2つがあれば、ライム病だと見当を付けることができます。逆に言うと、この2つが分からなければ、ライム病の診断は大変困難です。[iph.pref.hokkaido.jp] 19世紀後半にはヨーロッパで報告されていたマダニ刺咬後に見られる原因不明の神経症状,1970 年代以降アメリカ北西部を中心に流行が観察されたマダニ刺咬後の関節炎や遊性皮膚紅斑,リンパ節炎,慢性萎縮性肢端皮膚炎,髄膜炎,心筋炎などは,現在ではライム病の症状であることが明らかになっています。[blog.goo.ne.jp]

  • 腎下垂

    腎に対する単独の手術として腎固定術が行われることは、現在では極めてまれです。[senjukaihomepage.web.fc2.com] 左腰の部分に鈍痛が起き、直ぐに激痛が走った、いつもは数時間激痛が続き、冷や汗でびっしょりになる。以前「遊腎(腎下垂)」だと診断され、足を上に上げ、頭を下にはするが、全く変化はない。激痛のため何も出来ない。少し痛みが和らいだら、痛みがわからないように、眠ってしまった方が良い。5 6時間して目が覚める。[blog.goo.ne.jp] 腰の痛みは、遊腎になるほどの栄養不足が、腰に限らず関節痛など様々な痛みを発するのだろうと想像できます。 ・・・と云う事は"治る"と云うことです。 鉄欠乏性貧血、もしくは、潜在性鉄欠乏性貧血を疑って検査してみてください。 下に記す症状も幾つかが合致するのではないでしょうか?[okwave.jp]

  • 足根管症候群

    ( 2011年10月 ) 足根管症候群 (そくこんかんしょうこうぐん、 英語 :tarsal tunnel syndrome、略称:TTS)とは、 足根管 ( 腱 と神経が通っている足首内の管)の中を走る 脛骨神経 が何らかの原因で足根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。[ja.wikipedia.org] 骨神経は、下腿から足へと走っており、足の内くるぶしのあたりで分かれて、足裏の感覚を支配しているものです。内くるぶしの付近には、「足根管」という管状の組織があり、その中を後骨神経が通っています。 交通事故に遭うと、この足根管が圧迫されて、中の腓骨神経を締め付けるので、さまざまな神経症状が起こるのです。[kouishougai.jp] ここでは神経が足の筋肉(拇趾外転筋と足底方形筋)の間を 走っています。 これらの筋肉が腫れたり固くなったりしますと、 バクスター神経では踵そして内側足底神経、外側足底神経 が障害されればそれぞれの支配部位がしびれます。 この部位をエコーで見てみます。 筋肉の間に神経血管が見えます。 ここより少しだけ末梢に原因があることが多いです。[masegi-seikei.com]

  • スポーツ貧血

    したがって医学的には治療の対象とは考えられておらず、運動を続ける場合でも靴底のクッションの効いた靴や走り方の改善、柔らかい土の上を走るなどの工夫で改善できる。[ja.wikipedia.org]

  • 血栓性静脈炎

    稀に限局された範囲内で遊する表在静脈の炎症性硬結をきたす遊性静脈炎もある。一般的には自然寛解する疾患であるが,DVTや肺塞栓を合併することもある。 血栓性静脈炎の病理 皮下脂肪織上層〜真皮下層の静脈炎で,血管壁が肥厚し血栓を形成する(図3)。罹患静脈周囲に限局性の隔壁性あるいは小葉性の脂肪織炎がみられる。[jmedj.co.jp] とくに四肢(しし)(手足)のあちこちに細長いしこりのようなものがつぎつぎに現われ消えていくものは、遊性静脈炎(ゆうそうせいじょうみゃくえん)といい、バージャー病の可能性があります。また、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)に静脈炎を合併する場合もあります。[kotobank.jp] 手足を中心に現れる再発性かつ移動性の静脈炎は、"遊性静脈炎"と呼ばれ、腺がんに合併しやすいとされます。女性の胸にみられる"亜急性皮下静脈炎"は、別名"モンドール病"と呼ばれ、湿布だけで自然に改善します。[qlife.jp]

  • 狭心症

    冠動脈は心臓の表面を走ります。右側を走行する血管は右冠動脈と呼ばれます。左側は途中まで1本(左主幹部)ですが、途中から前を走る血管(左前下行枝)と後ろに回る血管(左回旋枝)に分かれます。 冠動脈の動脈硬化 これらの冠動脈の太さは1.5mmから、せいぜい2.5mm程度です。[tokyoheart.or.jp] この心臓自身も冠動脈と呼ばれる心臓表面を走る血管に よって血液を供給されており、心臓への血液の供給が減ることや途絶えることによる「心筋虚血」は、心臓にとって重大な問題となります。この心筋虚血によっ て生じる狭心症と心筋梗塞の2つをまとめて虚血性心疾患と呼んでいます。[kumadai-junnai.com] 狭心症・心筋梗塞について 狭心症、心筋梗塞は、いずれも心臓に栄養・酸素を送る、心臓の表面が走っている冠動脈という血管に動脈硬化が原因で狭窄(狭心症)・閉塞(心筋梗塞)が起こる病気です。 狭心症の治療は薬物療法が基本となります。[okayama-heart.com]

さらなる症状

類似した症状